ホワイト国から除外される韓国

大韓民国

予定通りだな。

韓国「ホワイト国」除外の閣議決定、8月2日にも

2019/7/26 11:39 (2019/7/26 11:55更新)

政府は韓国向け輸出規制をめぐり、輸出管理上の信頼関係があると認めた「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を8月2日にも閣議決定する方向で調整に入った。政令の公布を経て、8月下旬にも正式に除外する。ホワイト国から外れると、事務手続きの簡素化といった一部の優遇措置が韓国への輸出で使えなくなる。

「日本経済新聞」より

というか、安倍政権はこのままこの話を引っ込めることが出来なくなっているから、前に進むしかないんだよ。引っ込める積もりは無かったんだろうけれど、予想以上に効果があり、反響も大きかったから。

なお、後日、予定通りリストから外されることになったので、リンクを貼っておきたい。

スポンサーリンク

異常事態を迎えたパブリックコメント

パブコメ終了

さて、僕もメールを送ってしまったパブコメだが、結果が凄かったらしいという報道があった。

韓国のホワイト国除外に意見1万件 「圧倒的に賛成意見」

2019.7.24 19:3

世耕弘成経済産業相が24日記者会見し、韓国が同日提出した、輸出手続きを簡略化する優遇措置「ホワイト国」から韓国を外さないよう求めた意見書について、通常兵器に転用可能な貨物に関する韓国側の輸出管理制度について「疑問と言わざるを得ない」と述べ、安全保障上の問題として、日本の輸出管理強化の正当性を改めて主張した。

「産経新聞」より

随分とマイルドな感じの報道だな、産経新聞にしてはさ。

しかし、結果はかなり過激だったぞ。

韓国「ホワイト国」除外、9割賛成…公募意見3万件

2019/07/25 08:47

 日本政府が韓国に対して発動した輸出管理の厳格化を巡り、手続き簡略化の優遇を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外することについての意見公募が24日深夜、締め切られる。寄せられた意見は3万件を超え、9割以上が除外に賛成する意見だった。

 政府関係者によると、通常の意見公募で寄せられる意見は数十件程度で、3万件を超えるケースは極めて異例だという。主に電子メールで寄せられた。

「讀賣新聞」より

通常、パブコメを募集しても良く集まって数百件程度のコメントしか集まらない。

しかし、今度のこの件ではコメントが3万件を超え、9割が賛成だったと言うから、恐るべき結果だと言えよう。電子メールでの意見が多かったという事もあって、或いは何件もメールを出していた方もいるかもしれないが、それにしたってこの注目度は異常事態だと言えよう。

また、賛成が9割という結果も異例だ。

多分、組織的に反対をしようという勢力もあったハズだが、蓋を開けてみたらこの状態だ。

縋り付く韓国

そして、外務省ルートから申し入れがあったようだ。

「ホワイト国」除外しないで…韓国外相が河野氏に要求

2019/7/26

 河野外相は26日午前、韓国の康京和カンギョンファ外相と電話で会談し、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射を受け、日米韓で緊密に連携していくことを確認した。外務省によると、両氏は日韓間の諸懸案についても意見交換したといい、韓国人元徴用工訴訟をめぐる問題についても協議したとみられる。

~~略~~

 韓国外交省によると康氏は、半導体素材の3品目の対韓輸出管理を厳格化する措置を即時撤回するとともに、輸出管理上、優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外しないよう要求した。

「讀賣新聞」より

比較的「話が通じる相手」と認識していたか、或いは強硬姿勢を貫く経産省のトップ、世耕氏ではどうにもならないと判断したのか、外相の河野太郎氏に申し入れがあったとのこと。

ただ、韓国にとってこれは悪手だったと思うぞ。

何故ならば、国民の後押しもさることながら、河野氏自身が韓国に対して厳しい姿勢を見せ、評価されているのである。まさかここで甘い顔を見せる訳も無い。それが外交上のメリットとして「政治判断」できれば、別の方策を、という話になる可能性はあるが、今の方針の撤回は無いだろう。

WTOは韓国支持せず?どうなる“ホワイト国除外”「感情のもつれで落とし所はさらに遠く」

2019年7月26日 8時0分

 世界貿易機関(WTO)は24日、スイス・ジュネーヴで一般理事会を開き、日本の韓国に対する輸出規制を議論した。日韓の対立が浮き彫りになり、韓国は今後、WTOへの提訴も辞さない構えだ。

「ライブドアニュース」より

WTOでも空振りに終わったらしいしね。

世耕氏が明かすWTOでの顛末

さて、報道もされているが、世耕氏はtwitterでこんな事を明かしている。

昨日のWTO一般理事会では、輸出管理の運用見直しについて、日本の立場をしっかりと説明しました。出席者からヒアリングした現場の雰囲気を報告します。(続く)— 世耕弘成 Hiroshige SEKO (@SekoHiroshige) July 25, 2019

(続き①)
会議の時、韓国は、日韓が対話で解決すること(日本は協議の対象でないとの立場)に反対する国は 起立して欲しいと求めましたが、どの国も起立しませんでした。一部報道では、韓国はこの沈黙をもって発言への支持を得たとみなしたと述べたと報じられています。(続く)— 世耕弘成 Hiroshige SEKO (@SekoHiroshige) July 25, 2019

(続き②)
事実は、議長が他出席者に発言機会を与えたが誰も発言しなかったので、一般理事会で本件へ同意が得らなかったということ。
また議長は勝手に採決を求めるような韓国発言を制止しようとし、最後は議長が残りの重要な議題を議論する必要があることを理由に本件議題を打切りました。(続く)— 世耕弘成 Hiroshige SEKO (@SekoHiroshige) July 25, 2019

(続き③)
そもそも一般理事会は、多国間の自由貿易について議論を行う場であり、WTO以外の国際的枠組の下で行われている輸出管理措置を議論する場ではありません。
なお会合終了後、他国の出席者からは、自国の立場を冷静に主張した日本の対応を評価するという声が少なくありませんでした。(以上)— 世耕弘成 Hiroshige SEKO (@SekoHiroshige) July 25, 2019

とまあ、こんな感じだ。

WTOでは参加国にスルーされたと言うことだね。まあ、コレも無理は無いと思う。だって、WTOにしてみたら二ヶ国で解決してよ、という話なんだからさ。

ホワイト国から除外されるとどうなる?

通常の手続をして頂ければOKです

では、韓国がホワイト国から除外されるとどうなるか?といえば、たいした事は無い。

しっかり手続をしてくれれば、問題無く輸出される。

何故ならば、アジアの中でホワイト国のリストに載っているのは韓国だけだったのだから、その他のアジア各国同様の手続をして貰えれば、同じ様に輸出が可能だ。

ただ、「ホワイト国から外された」という事実は残るけどな。

日本の輸出優遇措置対象から除外に 韓国が意見書「根拠ない」

2019年7月24日 12時44分

韓国のソン・ユンモ(成允模)産業通商資源相は、日本が輸出管理の優遇措置の対象国から韓国を除外する方針であることに対して、「根拠がない」などと改めて否定し、24日朝、日本側に撤回を求める意見書を送ったことを明らかにしました。

「NHKニュース」より

こんな反論が来たが、そもそも「全て根拠が無い」なんてことはないのである。

こちらから要望しているのは、「根拠を出せ」という話で、輸出されたものが適正な運用がなされるという書類を整えて出せば、輸出ができる。

日本としては「是非とも、適正な書類を出してくれ」と言っているに過ぎないのだ。何故ならば、韓国から迂回輸出されて本来輸出されてはならない国に出ているとなると、日本が国際的な信用を落としかねない。

だからこそ、「そうではないよ」と書類を出してくれればそれで済む話。

そのうえでこうした措置は「貿易障壁を低くし、差別的待遇の撤廃を目指すWTOの原則に全面的に違反する」と訴えました。

「NHKニュース」より

差別では無く、今まで優遇していたのを改める、それだけだ。

影響は100品目以上

100以上と言うよりは、1000以上らしいけど。

輸出規制、千品目に拡大か 韓国、化学・自動車も打撃

2019.7.26 18:38

 日本政府が輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を8月2日にも閣議決定する方向で調整に入った。韓国政府は優遇措置の除外対象が半導体材料3品目から、電子部品や工作機械など「千品目以上」に拡大すると分析。半導体に次ぐ主要産業である石油化学製品や自動車の分野も打撃を受けると危機感を募らせている。

「産経新聞」より

だから、適切に手続をしてくれと、それだけなんだ。マザーマシンとか、困るかも知れないけれど諦めてくれ。

しかし、韓国にとっては余程不都合らしく、RCEPでも訴えるらしい。

韓国、RCEPでも主張へ 日本の輸出規制強化

2019年7月25日 19時27分

韓国政府が、中国河南省で開かれている東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉会合で、日本による半導体材料の対韓輸出規制強化措置を取り上げる方針であることが分かった。韓国産業通商資源省が25日明らかにした。日本の措置が世界貿易のルールを損ない、RCEP域内の貿易自由化を阻害すると呼び掛けるとしている。

「中日新聞」より

大丈夫か?韓国は。

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第27回会合が開催されます (METI/経済産業省)
東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の第27回会合が開催されます

RCEPはASEAN10カ国と日本、支那、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インドが参加する広域経済連携のことなんだけど、ここで関係あるのは2カ国だけ、オーストラリアとニュージーランドだぞ。

つまり、16カ国中、2カ国以外は無関係だから、日本を除く13カ国には「そう言われてもねぇ」と言うしか無いわけで。だって、そもそもホワイト国のリストに載ってないんだぜ?

自由化交渉が「停滞する可能性」と言うけど、もともとRCEPって話が進まないんだよね。

そもそも、輸出入の自由に関する話では無いんだ、このお話は。

いよいよ韓国のなりふり構わない感じが強くなってきたな。

一方の日本政府としては、パブコメに後押しされて、前に進む以外の選択肢は無いのだけれど、この話、そもそもカードを切った段階で、カードを引っ込めたら、「ウリ達が正しかったニダ!」「日本に勝ったニダ!」となるので、撤回とかそもそもあり得ないんだよね。

そして、そもそも立て付けとして「外交カード」ではない、国内の手続の問題だ、というところが今回のポイントなのである。外交問題にしているのは韓国側だけなんだよね。

韓国にはご愁傷様としか言いようが無いよ。

追記

さて、エッチングガスが「作れる」とか、「作れない」とかよく分からないニュースが沢山見受けられるけれど、レジストやら他の品目については殆ど言及されていないのが不思議だな。

そういえば、ホワイト国から転落すると他にも問題が出るというニュースがあった。

劣勢の韓国産業 対日輸入依存度9割超が48品目=輸出規制で危機

韓日関係 2019.07.28 16:01

韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院が28日発表した報告書によると、韓国の対日輸入依存度が90%以上の品目は昨年48品目で、輸入額は計27億8000万ドル(約3020億円)に上った。日本が半導体材料などの対韓輸出規制の強化に加え、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から韓国を除外した場合、食品や木材を除くほぼ全ての産業が影響を受けることになり、日本より劣位にある韓国の多くの産業が危機にさらされていることが分かった。

「総合ニュース」より

頑張れよー。

輸入依存度は紡織用繊維が99.6%、化学工業の生産品が98.4%、車両・航空機・船舶および輸送機器関連品が97.7%などと高かった。対日輸入依存度が50%以上の品目は253品目で、輸入額は158億5000万ドルに上った。

「総合ニュース」より

まあ、頑張っただけで何とかなる分野とそうで無い分野はあると思うのだけれど、その辺りは諦めてくれ。

そもそも、適正な手続をすれば輸入は可能だから。その辺りを大きく誤解しているよね。そういう報道なのか、本当に困っているのか、どちらかは分からないけれど。

追記2

三国間貿易って何?

さて、コメントを頂いた中でJETROの情報を頂いていたので、少し噛み砕いて追記しておきたいと思う。

仲介貿易(三国間貿易)における留意点

質問 :
日本に所在するA社は、C国バイヤーからB国製造業者の製品を受注し、B国からC国に直接輸送します。商品代金は、C国バイヤーがA社に開設する信用状で決済されます。このような形態で貿易を行う上での留意点と対応策について教えてください。

回答 :
今回のケースのような貿易形態を仲介貿易といいます。仲介貿易とは、外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」)第25条第4項において「外国相互間の貨物の移動を伴う貨物の売買、貸借または贈与に関する取引」と規定されています。法律用語では「仲介貿易」が使われますが、実際の国際ビジネスでは「三国間貿易」という言い方もよく使われます。

「JETRO」より

仲介貿易に関する質問で、わが国の総合商社が結構この手の商売をやっているようで、その中には韓国への輸出も含まれるといわれている。

ここに出てくる三国間貿易、或いは仲介貿易と言われる貿易手法の問題点は、源流国、即ち、この事例でいくと、C国はB国からの輸入品だということが分かりにくくなる点である。何しろ、見かけ上はC国はA国から輸入するような形になるからだ。

こうすることで、輸送コストが下がるなどのメリットが得られる事となり、輸出側のB国も輸入側のC国もそれぞれメリットが得られ、仲介したA国も利益が得られることとなる。仲介したA国は仲介手数料を得るといったイメージだな。

消費者の観点から云えば、アメリカ企業の商品を発注したら、支那から商品が届くなんて事は良くある話。届いた消費者は、「メイドインチャイナなのか!」と驚く事になるワケだが、コレと似たような事が起きるのである。

そして、政府側としてはこの様な貿易手法を採る場合でも、「法規制によって日本から直接輸出できない様な商品を、第三国から輸出する形で行うべきでは無い」との立場から、日本から輸出する場合と同等の手続をして、「経済産業省に許可をとってね」としているのである。

信用状条件と三国間貿易

ところでこの話、銀行の動きも縛る結果になる。

それが「信用状」の話だ。

L/Cは信用状のことで、二国間の貿易では輸入者と輸出者が売買契約を交わすと、輸入者側から銀行に「商品を買いますよ」という事を証明するL/Cを発行。L/Cは相手国の銀行に送られ、その情報が輸出者に届けられる。

話を単純化すると、売買契約の裏付けを信用状によって行うという事になる。

ところが三国間貿易を行うとコレがちょっとややこしくなる。何故ならば仲介をするA国(図ではA社)を経由して信用状をやり取りする形となるのである。

逆に言うと、A国はC国に対して商品を送ることを約束する代わりに、B国からの信用状を得る結果となる。つまり、図の通りで行くとC社からのお金が滞ってもB社はA社にお金を請求すれば良いこととなる。

で、A社が現金取引をする訳は無く、銀行を仲介しなくてはならないので、ここに銀行が絡んでくるわけだ。

一般の貿易取引では、確実かつ円滑に商品の代金を回収することが重要ですが、仲介貿易では、一層の留意が必要となります。
今回の場合、信用状取引ということですが、A社は、C国バイヤーが開設した信用状条件に従って、B国において船積みを履行します。その上で、信用状条件で要求されている船積み書類を取りそろえ、信用状の期限内に日本の銀行に呈示して買い取りを依頼しなければなりません。

「JETRO」より

まあ、貿易でやり取りする以上当然の話だね。

仲介貿易取引規制の強化については、輸出管理徹底国(ホワイト国)以外の仲介貿易について、キャッチオール規制の客観要件およびインフォーム要件に該当する場合は、経済産業大臣の許可が必要となりました(外為令第17条第2項)。また、2006年10月には、北朝鮮から第三国への仲介貿易取引を禁止する措置が発動されています。
さらに、この仲介貿易取引の規制の対象となる取引が従来、「売買」に関するもののみとなっていましたが、2009年11月施行の外為法改正で、貨物の「貸借」や「贈与」も含まれるようになりました(外為法第25条第4項、外為令第17条第3項)。

「JETRO」より

で、この辺りがキャッチオール規制の対象にも絡むので、当然、韓国がホワイト国でなくなった以上は、相応の手続が必要だと言う事になる。

何が起こるのか?

さて、こうした話をベースに何が起こるのか?というと、こちらが参考になる。

「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」 日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない | JBpress(Japan Business Press)
安倍政権が放った「韓国への輸出管理強化」という矢で、急所を突かれた文在寅政権。それでも従来の主張を変えるつもりはないようで、韓国経済が揺らいでいる。ついにはトランプ大統領に仲介を依頼することになったが・・・。

現在、韓国の銀行が韓国企業の海外貿易時に発行している信用状には、日本の銀行の保証が付与されている。韓国の銀行の信用力があまり高くないので、日本の銀行の保証がないと、韓国の対外貿易が出来ないような状況になっているのだ。この韓国の「信用状」に与えている日本の銀行が保証枠を外させるような措置を取れば、韓国のドル調達は一気に困難になる。韓国が受ける衝撃度は、半導体関連物資の輸出規制の比ではないのだ。

「JBpress」より

少々ややこしいが、ここで元外交官の武藤氏が解説している「信用状」の話は、三国間貿易の話よりも大きな話である。

https://hunade.com/korea-lc

詳しくはこちらのサイトを読んで頂くと分かるが、ザックリ言うと、日本のメガバンクは三国間貿易の形を採らなくても信用状だけで商売をしているという話となり、つまり上の説明にあった二国間での貿易に際しても、日本のメガバンクが韓国の銀行が発行する信用状に連帯保証人になることで、韓国の貿易に関する信用を底上げしているというような状況なのだ。

ただまあ、こうした事をやっているのは何も日本だけでは無いので、評価する人によっては信用状の話は韓国にとって大きなダメージはならないのでは無いかと見積もる人もいる。

そもそも今回、韓国をホワイト国から外すという閣議決定をするだけで、国際社会に「韓国は信用できない国だ」と発信するようなものであるから、わざわざ信用状条件を厳しくしなくとも(日本にとってはリスクもある)、効果が出る。

序でに、段階を踏んで、リスト規制品に関しても、様々な理由を付けて品目を増やしてやれば、国際社会には大きなメッセージになると考えられる。

そんな訳で、今回の措置が直ちに「信用状」の話に直結する訳では無いけれども、影響を与える可能性は高いと、そんな理解で良いと思う。

追記

目眩のする社説をコメントで紹介頂いたので、内容について突っ込みを入れておきたい。

【日韓 報復の応酬】 藻谷 浩介さん

2019/7/29 11:00

内心に募る否定的な感情を、他者にぶつけて憂さを晴らそうとする人が増えているように感じる。その最悪の例が、京都での無差別放火殺人かもしれない。

「西日本新聞」より

誰よ、藻谷。

なんと、東大法学部出身で、日本開発銀行で働き、日本総研の主席研究員を勤める人物のようだ。どう言う理由かは知らないが、何とも感情的な社説だな。そして、コレを載せる判断をした新聞社も大したものだ。

しかし、出だしで京アニ放火事件を持ち出す辺り、すでにセンスが感じられない。

そして、続いてこんな事を宣っている。

 そういう人こそ気付かなければいけない。「相手側から自分たちがどう見えているか」についても考えないと、結局は自らの利益を損ねる可能性があることを。

「西日本新聞」より

結局、韓国に配慮しろといっているに等しいのだが、この人の致命的な点は、事実に誤認があることなのである。幾つかあるがまず1つ目。

今回、日本政府には「韓国から第三国へ不正輸出が行われている可能性が否定できない」という表向きの理屈がある。

表向きの理由もクソも無いだろう。今まで放置してきたことこそ糾弾されるレベルの話で、これを「知っていながら放置」することは、即ち国連制裁決議違反を日本が行っているに等しいのである。

十分にその疑いがあると認めたからこそ、日本側でできることをやった、それだけに過ぎない。

駆け引きにしてもやり過ぎに見えることから考えて、外務省ではなく首相官邸-経済産業省ラインが主導したのだろうが、それで世界貿易機関(WTO)は通るのか。

これも知っててこう言及しているのが知らずに言っているのかは知らないが、本件はWTO案件ではない事は日本政府が説明する通りである。これがWTO案件というのであればそれは即ち韓国側の立場の人間である事を自認するに等しい。

経済的な損得の話は、短期間でみれば韓国向けの輸出が減るので、不利益を被る会社もあるだろう。

しかし外交的な観点からすれば、「韓国苛め」という感情的な理解は全く的ハズレであり、条約や協定に基づいた取り決めを実行できない相手とは、商売が出来ない、とそれだけの話なのである。

だからこそ、個別に書類を出して貰って安全だと認められた案件で商売をするという話にしたのではないか。それは大量破壊兵器を拡散しないという条約の定めに則った判断であり、苛める、苛めないとか、韓国の国民感情とか、どうでも良い話だ。

募集工が訴訟を起こしたいわゆる徴用工問題や、売春婦が事実を曲げて訴えるいわゆる慰安婦問題なども、未来永劫問題とされては、付き合う方はたまったものでは無い。日本として、真っ当な付き合いを韓国としようと、そう決めたからこそ日韓基本条約(昭和40年(1965年)6月22日)を締結し、請求権などに関しては、それぞれの国内問題として処理しましょうという話になった。

その前提がおかしいというのがムン君の立場なのだから、韓国にはもはやここを覆すより他に道がない。根っこのところが既に違うので、非常に不安定な状況になるのも無理は無い。

今回の事は根本的なスタート地点が間違っていたと、韓国側が主張していることこそが最大の問題で、問題の構造は複雑そうに見えて実は解決策も見えている。

今のままの関係を続けることこそが、日本政府にとっても日本国民にとっても不利益であり、目先の利益に囚われて大局的な判断を誤るような事では、企業も寧ろ困るのである。短期的な利益に目を奪われるべきでは無い。

追記2

ちょっとニュースとしては衝撃的だったな。

“輸出規制措置”への対抗策? 韓国が「日本人防衛駐在官スパイ事件」を政治利用か

7/27(土) 5:30配信

 7月16日、韓国紙「東亜日報」は次のように報じた。「韓国軍情報司令部の元幹部H氏と北朝鮮関連団体代表L氏の入手した北朝鮮に関する軍事機密74件が、ソウルの日本大使館に勤務する2人の防衛駐在官へ流出したことが、7月15日に明らかになった」

Yahoo!ニュース」より

もはや韓国との外交関係は破綻状態にあるといって良いかも知れない。

外務省の措置はこの東亜日報の報じるスパイ容疑事件とリンクする話しかも知れないわけだが、これ、GSOMIA絡みでも問題になりそうな話だな。要はヒューミントからの情報取得に関して、問題になったと言うことだろう。

コメント

  1. みみこ より:

    韓国の国力だの競争力だのなんだのは、日本によるところが大きかったことが、
    白日のもとにさらされましたね。
    あれだけ大騒ぎをしているのを見ると、チェックの簡略を相当悪用もしていそうです。

    で、日本が韓国をこんなに優遇していたことも、
    私は今回初めて知ったのですが、
    あらためて「それなのに渾身の反日をやっていた」ことに驚いてしまいました。
    普通、優遇解除は反日のリスクとして計算しておくものだろうに。

    昔、バルト三国がロシア(まだソ連でしたっけ?)から独立した時に、
    電力料金を値上げされるとかなんとか大騒ぎした時を思いだしました。
    インフラ頼っているのに上から目線で独立したのかよ、と驚いたものです。
    (記憶違いでしたらごめんなさい。)

  2. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    >電子メールでの意見が多かったという事もあって、
    >或いは何件もメールを出していた方もいるかもしれないが、

    複数の意見を送付している連中が存在する可能性はあります。
    ただ、住所・氏名が必須のため、それ(とメールアドレス)で重複を省いていると考えてます。

    反対が少なかったのも、住所・氏名が必須であることが影響した可能性が十分あると考えます。
    反対側は「個人情報保護法」を無視している連中が多いですからね…

  3. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    >引っ込める積もりは無かったんだろうけれど、予想以上に効果があり、反響も大きかったから。

    予定通り粛々と進めて問題はないでしょう。

    >比較的「話が通じる相手」と認識していたか、或いは強硬姿勢を貫く経産省のトップ、世耕氏ではどうにもならないと判断したのか、外相の河野太郎氏に申し入れがあったとのこと。

    甘くはなかったって事ですねェ~、今の時点で河野氏・世耕氏とタイマン張るのは悪手中の悪手でしょうに。(冷笑)
    二人とも次期次期総裁候補として本格的につばぜり合いを始めたって思っていますから、南朝鮮事案ではお互いに主導権を握り存在感をアピールしたいはず。

    7月末にまた議員団が来日するらしいけど、頼みの綱は自民党の害悪である二階のオッサンしかいないんじゃないかな?
    この厄介なオッサンに幹事長という大きな権限を任せているのには閉口しますが、今回も一切口出しさせないように首にでっかい鈴を付けて監視しないとね。

    >韓国にはご愁傷様としか言いようが無いよ。

    WTOの顛末と後付けの言い訳といい、そもそも逆上の余りの愚行を晒しまくって醜態でしかありませんね。
    1000品目追加されてもちゃんと管理すればいいだけの話、よほど自信がないのでしょうけど、これまで漫然と「ホワイト国」に認定してきた日本政府にも問題ありと厳しく見ています。

    冷たい極論ですが一度滅び霊的に生まれ変わらないと、厄災を周囲に振り撒き続ける危険な問題国家ではないかと考えますね。

  4. まり より:

    よろしければ、こちらのパブコメも・・。
    案件番号145209349
    改正放送法の施行に向けたNHK関係省令等の整備
    についての意見募集

  5. マスメディア反乱軍 より:

    ホワイト国外し阻止で狂乱中の南朝鮮関連で、こんなニュースが飛び込んできました。

    >トランプ氏は26日、ツイッターで「世界で最も豊かな国々が、WTOルールを避けて特別扱いを受けるために発展途上国と自称している」と問題視し、「WTOは壊れている」と批判を強めた。

    真っ当な正論過ぎていまさら拍子抜けしちゃいそうなんですが、WTOの悪質な運営批判を利用して支那潰しに一打を浴びせる意図でしょうか。
    そして、アメリカに必死ですがり泣きつき続けている南朝鮮も、ついでに袖にしちゃったのが興味深いですね。
    日本にとっては援護射撃となりG・Jですね。(笑)

    先進国だと得意げに自慢するのに(経済はともかく精神構造は蛮族のまま)、途上国の優遇措置は手放さないダブルスタンダード...、さてWTOがどう動くのか見物です。

  6. マスメディア反乱軍 より:

    文クンに売国奴扱いされてシュンとなってた朝鮮日報なんですが、コソッリとこんなリポートを記事にしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00080126-chosun-kr

    >韓国の資本市場の魅力が日に日に低下している。ゴールドマン・サックス、JPモルガンなど外資系の資産運用会社は韓国から撤退したのに続き、海外支店の韓国市場担当者まで減らしている。国民年金のイ・チャンウ元基金運用本部長は「過去には外資系金融期間が韓国経済に投資すれば獲物があると考えて参入してきたが、現在は韓国でもうけるチャンスが減ったと判断し引き揚げている。韓国の資本市場の将来が懸念される」と話した。

    どうやら、今まで経済を支えていた外資が逃げ出し始めてる事には自覚はあるみたい。(冷笑)

    >「韓国市場はカネにならない」
    >外資系資産運用会社5社のファンド受託額も12年の14兆ウォン台から現在は4兆ウォン台へと65%も減少した。

    冷徹な数字が全てですね。

    >「韓国に進出した当時は韓国市場の急成長を期待していたが、10年前も現在も似たようなものだ。韓国に残っている資産運用会社もファンドを新たに設定するのではなく、既存のファンドの管理にしか関心がない」

    残った運用資産をどこで損切りするか模索中と想像していますが、日本の「ホワイト国外し」がトリガーとなるのか、元募集工事案・元職業売春婦事案・レーダー照射事案を理由に金融制裁を加えれば、マジで国家デフォルトの危機じゃないかな?

    国家・国民総動員で反日を煽り不買運動してる場合じゃないと思う、マジに!!(冷笑)

    それでもこの蛮族は変わらず責任転嫁し日本を恨み続けるんでしょう、本当にいい加減ウンザリ!!
    トランプ大統領の思惑には「朝鮮半島&民族を経済的まとめて焦土化する=国家を亡くしリセットする。」、なんて噂話もまことしやかにチラホラ流れてきますが、これって案外と本気かも?(微笑)

    • まり より:

      晩酌さん、こんにちは。
      信用状の条件書類を満たせない
      ならば、経産省は輸出を認可
      しないという意味で聞いてた
      けど。L-C自体の発行を経産省の
      認可事項になったと理解して
      いいのでしょうか?

      • 今夜は晩酌 より:

        まりさん、今晩は。 
         小生はあまり経済や法規に明るくはないのですが、
        JETROのHPには「輸出管理徹底国(ホワイト国)以外の仲介貿易について、キャッチオール規制の客観要件およびインフォーム要件に該当する場合は、経済産業大臣の許可が必要となりました(外為令第17条第2項)。」
        また、「この仲介貿易取引の規制の対象となる取引が従来、「売買」に関するもののみとなっていましたが、2009年11月施行の外為法改正で、貨物の「貸借」や「贈与」も含まれるようになりました(外為法第25条第4項、外為令第17条第3項)。」
         とありますので、キャッチオ-ル規制に引っかかる「品物」と中間信用貸である「信用状」も引っかかるのではないかと考えられます。
         残念ながら、全ての信用状(L/C)を規制することは自由な経済活動を規制することになるため、出来ませんが、部分的にも「金」が止められるインパクトは大きいと思います。
         因みによく「日本の銀行が韓国金融を支えている」的な話を耳にしますが、2018末の韓国に対する日本の与信は563億ドルで、韓国銀行が海外から受けている与信の14.62%だそうです。(英国:24.7%  米国:25.52%)とそこまで大きい比率ではないようです。
         しかし、この流れが韓国は世界的に(自由経済圏で)国家的にも、金融的にも信用できないという事を発信する良い機会ではないかと思います。

      • まり より:

        晩酌さん、有難うございます。
        木霊さん、解りやすい追記を
        感謝しております。
        理解出来ました。

  7. 今夜は晩酌 より:

    ホワイト国削除は、輸出品目の管理だけではなく、実は「信用状」も経産省の許可が無いと日本の銀行は出せなくなるようですね。https://www.jetro.go.jp/world/qa/04J-120104.html
     これって、詰んでますよね(にっこり)

    • マスメディア反乱軍 より:

      今夜は晩酌さん、この情報提供ありがたいですね。

      ホワイト国除外が施行されれば自動的にキャッチオール規制の対象国となりますから、1000品目以上の輸出品に対し、資金面でも厳格な網が掛かるって話ですね。
      自らのデタラメとだらしなさが招いた単なる輸出管理強化なのに、「報復」だの「経済侵略戦争」だのと狂乱し大騒ぎしていますが、こういう実利で痛た過ぎる面も認識しているからなんでしょうねェ~。

      僕はトドメになるのは邦銀の信用状枠縮小or破棄という、日本が南朝鮮の理不尽の数々に対し正式に報復する、「制裁第一段」になると思っていましたが、どうやらその前に外資が先を争って一目退散しそう...。(笑)
      トランプ大統領の「発展途上国から外せ」発言は、アメリカの一般投資ファンド向けの正式な警告なのかも?
      僕としては狡猾で獰猛ななヘッジファンドの現在の投資状況と動きを知りたいもんです。(もう引き揚げているかもですけどね)

      これで来週の閣議決定後の展開、そして施行される8月末からどんな展開になり影響が出るのか益々目が離せません。

      一度閣議決定された意味は重いですから、もし南朝鮮が全面降伏で頭を下げてきても(まあ、ありえませんけど)、「熟慮した結果の閣議決定は簡単には動かせない、再考するにしても2~3年は本当に改善されたか実証する必要がある。」と、冷たく突き放して欲しいもんです。

      企業関係の在留邦人の身の安全が心配、早急に関係事務所を閉め撤退すべきタイミングでしょう。

  8. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    アタマの弱い文クン、夏休みを返上して「ホワイト国除外」に備える秘策を練るそうです。(苦笑)
    まるで、小学生が夏休みの宿題を残り3日で、親に叱られながら泣きじゃくってやろうとしているのに似ていますねェ~。(冷笑)

    8月2日の閣議決定が済めば、後はベルトコンベアーと同じで「安全保障上の理由による輸出管理強化」はひとます完了しますから、輸出認可願いが殺到し業務が増えて経産省は大変でしょうけど、受付順で粛々と対応していけばいいですね。

    単純に次の3点の書類を揃える必要があるようです。
    ①通関手続きを伴う輸出代金および輸入代金については支払い報告
    ②銀行等又は資金移動業者を経由する支払又は支払の受領の報告書
    ③インボイスまたはパッキングリストのような書類

    そして、審査に時間が掛かる場合や船積み書類が遅れる場合に備え、船積み期日を長めに設定しておかないと、せっかく審査を通っても輸出できないかも。
    経産省は発狂したイチャモンに備えて、「混雑が予想され通常審査より多くの日数が掛かる場合があります。十分に余裕を持って申請する様に。」、と布告して念を押しておいた方がいいですね。

    さて、前座のステージが終わり(これだけインパクトがあるのに、ちょっと失礼な揶揄だけどね)、いよいよお目当ての主役の本ステージが開演します。
    実被害が出た瞬間に、「元朝鮮半島募集工の実被害への対応と、国際条約・国家間の合意・安全保障に関する日本の厳正な立場」という名目で、全てを包括して大々的なパフォーマンス・ショーにすればいいと思う。

    安倍首相・菅官房長官・外相・経産相・防衛相5人の揃い踏みで、各事案の非常識かつ破壊的な深刻性を説明→これまでの日本の南朝鮮に対する要求や取り組みがないがしろにされた経緯を丁寧に説明→今回の対応(=制裁ですが、あえて使わない)に至った理由→解決策は南朝鮮の真摯な反省&謝罪を含む政策転換と、日本が十分に納得し本当に信頼でき得る善後案・再発防止策を持ってくる事...、と各大臣それぞれのコメントを含めハッキリと国民に訴えるべきじゃないかな。
    但し、熱くならずに粛々とコメントを発し冷徹さの演出効果は、各担当官僚や報道官のお手並み拝見。

    むろん、南朝鮮の大発狂による反発や、日本内に生息する極左勢力&売国マスメディアは猛反発するでしょうけど、どんなイチャモン付けても理はまったくなく国民を納得させる説得力を持たないと予想しますから、どうせやるなら政権揃っての過剰パフォーマンスくらいが丁度いい。

    P.S.
    5大スターのスペシャルゲストで宮内庁登場を演出していいかも。
    変に政治利用の批判のタネになるリスクがありますから、短くていいので、「我が国憲法上保障され広く国民に認知された、天皇家への暴言の撤回と謝罪を強く望む」、でいいんじゃないでしょうか。

    もちろん間髪入れず、すべてのコメントは各国大使を通じ各政府に伝える、また各国語に翻訳してHPで配信し各国主要メディアにも送る、日本の正統性を真正面からアピールする事が肝ですね。

  9. マスメディア反乱軍 より:

    アメリカの仲裁なんて淡く儚い期待もあったんでしょう、「日本に来るならついでに寄って。」と懇願してまで、せっかくボルトン補佐官に来てもっらたんですが、結果は惨憺たる内容の様で青瓦台もメディアも完全に口をつぐんでいますね。

    ボルトン補佐官は在韓米軍の大幅負担増・北朝鮮への制裁堅持・インド太平洋戦略に消極的な支那迎合姿勢を恫喝・日韓GSOMIAを廃棄したならどうなるかも恫喝...、言いたい事だけ言って帰国、結局は予想通りで南朝鮮はまた宿題増えただけになっちゃいましたァ~。(笑)

    何でこんな簡単な事を予測や察しできないのか...、普通の人間の脳ミソすら持ってないって事??? 怖わっ!!

    さて、親方の北朝鮮まで日韓GSOMIAを廃棄を要求してきましたが、文クン一体どうするつもりなんだろう?

  10. 音楽大好き より:

    皆さま、今晩は

    コレ、本来は単純な話なんですよね。

    日本:不適切な事があったのでホワイト国から外す。

    韓国がすべき事は、「不適切ではない」事を証明する事なんです。不適切でない事を証明すれば、仮に日本の本音が徴用工問題への報復であっても、日本が「安全保障の問題」と言っているのだから、ホワイト国からは除外されないんです。でも、韓国は「不適切ではない事の証明」をしなかったし、するつもりもないみたいです。そのための時間は3年もあったのにね。

    という事は、「不適切ではない事を証明できない」事が分っているという事ですよね。
    ならば、事実を検証~不適切な事が起こった原因を解明して、謝罪とともに善後策を講じるから勘弁してくださいと要請すべきでしょう。でも、それもしませんでした。何で???

    「事実を検証」すると、韓国の主要企業や、ひょっとすると韓国政府が悪役として登場してしまうので出来ない。と、考えてしまいます。ここまでひどいとはねぇ。

    まぁ、他国の事だから「どーでもいい」んだけど・・・私、リベラルを自任しているので、助けられるものなら助けたいと思うんですけど・・・これじゃぁ助けようがない。韓国は「味方はいらない」と言っているみたいですからね。

    さてさて、韓国の次の一手はいかに。楽しみにしているんだけど・・・まだぁ~??
    私のなかでは、政治や外交ではなく「エンタメ」になってしまっています。やれやれ。

    対北朝鮮、対中国環境が激変して「エンタメ」ではなくなってしまわない事を祈っております・・・やれやれ・・・

  11. Jack・Rion より:

    久しぶりのコメントではありますが、失礼します。

    熱くなってますね、日韓関係。
    如何に韓国が優遇されていたか思い知れ!・・・と、最初は思っていたのですが。
    まさか一切譲歩せずひたすらにホワイトから外すな、差別だ、自由貿易の敵だと連呼するとは思いませんでした。
    白装束でお白州にて土下座しろとは言いませんが、今まで通り優遇してほしいならそれ相応の対応があると思うんですよ。(それで許してやれとは言いません。一般論としてです)
    韓国の態度はとてもお願いする立場では無く、その踏ん反り返った姿勢には塩をぶちまけてやりたいですね。

  12. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん。
    音楽大好きさん。

    「ホワイト国除外措置」による仲介貿易に必須なL/Cの重要さを、図解を交え判り易くご説明頂き感謝です。

    官僚の作る文書は本当に悪文の宝庫ですから、国民に読む気を与えず無関心でいて欲しいという邪な動機があるとさえ思いますね。
    本来は、こういう仕組みやその目的をマスメディアが取り上げ、読み手に判り易く説明する記事を発信すべきなんですが、都合のいい「報道しない自由」とかいう卑劣な論で意図的にスルーしているのも問題じゃないかな?

    >私、リベラルを自任しているので、助けられるものなら助けたいと思うんですけど・・・これじゃぁ助けようがない。

    僕は2500年以上前のアテネの指導者ペリクレスに心酔する、今や絶滅種寸前ですが「生粋のリベラリスト」と自認していますし、「檻の中(=思考の檻を含む)を死より恐れる」という心情は死ぬまで変わらないでしょう。
    彼の言葉にこんなのがあります。

    >貧しいことは恥ずべきことではない。しかし、その貧しさから脱しようと努めず、安住することこそ恥ずべきことであるとアテネ人は考える。

    戦後の最貧国から始まり日本や世界の援助への感謝を忘れ、パクリのずる賢い民族性で真摯な努力を怠り、人間関係で最も大切な「約束」を破り続け、自ら今回の混乱を招いた南朝鮮人を見て、ペリクレスがいたなら厳しく批判こそすれ、絶対に朝鮮人の愚かな主張を認めないと思いますよ。

    >アテネの住民は私的な利益を尊重するが、それは公的利益への関心を高めるためでもある。なぜなら私益追求を目的として培われた能力であっても、公的な活動に応用可能であるからだ。

    現在の「見たくない現実」から目を反らし、反日に狂乱する朝鮮人には理解不可能でしょうけど、「公的利益=富国」への国民としての参加どころか、それが崩れれば「私的利益」が大きく棄損される...、リベラルを持ち出すまでもなくこんな単純な事すら判断できないから、僕は遠慮なく蛮族と呼んでいるのです。

    • 音楽大好き より:

      今晩は。

      「仲介貿易に必須なL/Cの重要さを、図解を交え判り易くご説明」したのは、木霊様の【追記】であって私ではありませんよ。

      さて、さっき思いついたのは、
      ・私が書いた程度の事は韓国も承知している。
      ・韓国が欲しいのは日本たたきのネタである。北朝鮮に対する、日韓の同盟に準ずる関係を清算したい。日韓関係を悪化させて日本側から GSOMIA などなどを破棄させたい。そうできれば将軍様の意向に沿うことができるし、アメリカに対しては日本を悪者にしておけばいい。

      う~ん、策士やのぉ。もっとも、現状では「錯士」のようですけど。
      でも、もしそうならば、このネタはエンタメではなくなりますね。