【真河野談話】河野太郎氏、韓国に対して冷たく言い放つ!?

政策

え?イケメンの河野氏が「冷たく言い放つ」なんて、あるわけない?

まあ、実際は普通のことを言っているだけなんだけどね。毅然と言い放った、というべきだろうね。速報気味にお届けしよう。

大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について (外務大臣談話)

令和元年7月19日

1 日韓両国は,1965年の国交正常化の際に締結された日韓基本条約及びその関連協定の基礎の上に,緊密な友好協力関係を築いてきました。その中核である日韓請求権協定は,日本から韓国に対して,無償3億ドル,有償2億ドルの経済協力を約束する(第1条)とともに,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題は「完全かつ最終的に解決」されており,いかなる主張もすることはできない(第2条)ことを定めており,これまでの日韓関係の基礎となってきました。

2 それにもかかわらず,昨年一連の韓国大法院判決が,日本企業に対し,損害賠償の支払等を命じる判決を確定させました。これらの判決は,日韓請求権協定第2条に明らかに反し,日本企業に対し一層不当な不利益を負わせるものであるばかりか,1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものであって,極めて遺憾であり,断じて受け入れることはできません。

3 我が国は,国際社会における法の支配を長く重視してきています。国家は国内事情のいかんを問わず国際法に基づくコミットメントを守ることが重要であるとの強い信念の下,昨年の韓国大法院の判決並びに関連の判決及び手続により韓国が国際法違反の状態にあるとの問題を解決する最初の一歩として,本年1月9日に日韓請求権協定に基づく韓国政府との協議を要請しました

4 しかしながら,韓国政府がこの協議の要請に応じず,また,韓国大法院判決の執行のための原告による日本企業の財産差押手続が進む中,何らの行動もとらなかったことから,5月20日に韓国政府に対し,日韓請求権協定第3条2に基づく仲裁付託を通告し,仲裁の手続を進めてきました。しかしながら,韓国政府が仲裁委員を任命する義務に加えて,締約国に代わって仲裁委員を指名する第三国を選定する義務についても,同協定に規定された期間内に履行せず,日韓請求権協定第3条の手続に従いませんでした。

5 このことにより,5月20日に付託した日韓請求権協定に基づく仲裁委員会を設置することができなかったことは,極めて遺憾です。

6 昨年の一連の韓国大法院判決並びに関連の判決及び手続による日韓請求権協定違反に加え,今般,同協定上の紛争解決手続である仲裁に応じなかったことは,韓国によって更なる協定違反が行われたことを意味します。

7 日本政府としては,こうした状況を含め,韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑み,韓国に対し,必要な措置を講じていく考えです。

8 本件の解決には,韓国が度重なる国際法違反の状態を是正することが必要であり,韓国に対し,そのための具体的な措置を直ちに講ずるよう,改めて強く求めます。

「外務省」より

割と抑制的な内容になっているね。

むしろ、外交ルートでより厳しく訴えたようだ。

徴用工訴訟 河野外相「国際法違反、野放しにするな」 駐日韓国大使呼び批判

2019.7.19 11:32[

河野太郎外相は19日午前、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に韓国政府が応じなかったことを受け、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び出した。河野氏は「国際法違反の状態をこれ以上野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」と韓国側の対応を批判した。

~~略~~

会談後、河野氏は「日本企業に実害が生じるようなことが万が一起これば、必要な措置を適切に取ることになる」と述べ、韓国政府による対応がなければ対抗措置も辞さない構えを示した。

「韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑(かんが)み、韓国に対して必要な措置を講じる」との外相談話も発表した。

「産経新聞」より

この話は、既に二国間で話ができるレベルに無いのである。

表示できません - Yahoo!ニュース

こちらの記事は更に過激なタイトルが書かれているね。

そんな訳で、少なくとも第三国に立ち会って貰って話をするしか日韓の間での話し合いは出来ない。日本は、もはや韓国を「国として信用できない」という状況なのだ。

本来ならばここで、「何故これ程拗れているのか」を書かねばならないところだけれども、時間の都合で本日は割愛させて頂きたい。

後で追記するかも知れないけれど。

スポンサーリンク

追記

さーて、面白い動画があったので追記しておきたい。

本当に遮っているよ。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    「真-河野談話」、秀逸なタイトルですね。

    公開された動画では言葉は丁寧ながら最初から厳しい口調で、これまでの経緯と異常性への反論を含めて明確に抗議していましたねェ~、実にスッキリし毅然とした外交姿勢を貫いてくれて立派でした。
    そして、最後の8分過ぎに通訳を遮って「拒否したのを知らないフリして、また無礼である!!」、強烈な発言が飛び出しました。

    面白かったの終始タジタジの御南朝鮮大使の死んだ様な自信の無い表情、そして短い発言は何と小さくたたんだペーパーを読み上げていただけって点です。
    本国から内容は元より使う言葉も制限されてたんじゃないかな?
    伝書鳩以下の有様...。(冷笑)

    日本は念入りに速攻で外務省HPで外務大臣談話を載せる用意周到さ、会談を報道陣に公開した事といい完璧なシナリオが出来ていて、100%思惑通りに見事にハメたと思いますね。
    こういう冷徹でしたたかな外交戦を夢見ていましたから、僕としては大満足です。(微笑)

    さて、焦点は「必要な措置」の中味と発動のタイミングに移ります。

    P.S.
    それにしても着任したばかりの新大使ですが、確か知日派(親日という意味ではない)のエースと肝いりで選んだはず...、こりゃ最初の仕事が太郎ちゃんの怒られまくって、次の仕事は大使召還なんてこともあり得るかも? マジで!!

  2. マスメディア反乱軍 より:

    さて、これからは既に異常な大発狂中の南朝鮮のレスポンスが、いったいどこまでエスカレートするかにも興味深々ですよね。(冷笑)

    モロに神経を逆撫でする過激なセンテンスが、意図的にでしょう散りばめられていますから。

    >「韓国側の提案はまったく受け入れられるものではない、国際法違反の状況を是正するものではないということは、以前に韓国側に伝えている。それを知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼だ」
    >「この旧朝鮮半島出身労働者の問題を他の問題と関連しているかのように位置づけるのはやめてほしい」
    >「韓国政府がいま行っていることは、第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すことだ」
    >「韓国政府が国際法違反の状態をこれ以上野放しにしないように直ちに是正の措置を取られることを強く求めたい」
    >「両国が国交を正常化する際にわれわれの先人が非常に長い年月をかけ、また双方が知恵を出し合い、努力をしあって、この日韓の基本条約、そして請求権協定が結ばれたわけでございます。日韓両国がこの両条約を法的な基盤として、半世紀以上良好な関係を築いてきたと私は思います。両国の国民の交流も年間に1千万人を超えるようになりました。そういう国民の交流があるなかで、韓国政府が一方的に国際法に違反している状況を放置しているのは、極めて問題だと言わざるを得ない」

    いやはや、贅を尽くしたフルコース料理みたいなんですが、最高のスパイスは「旧朝鮮半島出身労働者」と言い切っている事でしょう。

    こりゃ、完全に常軌を逸した南朝鮮は大使召還・日本からの輸入品への高額関税で報復、ビザなし撤回、そしてGSOMIA撤回まで一気に進んじゃうかも。
    ワクワクぅ~!!(微笑)

  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    追記の部分ですが、産経新聞が記事にしてます。

    ソース)産経新聞「【動画あり】河野外相「極めて無礼」 徴用工訴訟で駐日韓国大使とのやりとり詳細」
    >南氏が韓国側の立場で反論すると、河野氏が「極めて無礼だ」と
    >強い口調で非難する場面もあった。

  4. マスメディア反乱軍 より:

    真-河野談話から一夜明けて、地味ですが経産省も冷たく言い放っていますね。

    >信頼関係の回復が必要であり、状況が改善されない限り、政策対話を再開するのは難しいとの認識を示した。
    >「安全保障輸出管理について機微な情報も含めた日韓のやり取りが、事前合意なく公開された」と指摘。「状況が改善されない限り、信頼関係に基づいた政策対話の開催は難しい」と強調した。事務方によるメールのやりとりは続けるという。

    つまり、倉庫説明会の議事録にない事をしゃーしゃーと暴露するような国とは、基本的な信頼関係すら存在しないと言い切っています。(大ウソツキと断定!!)

    さらに注目すべきポイントにも言及していますね。
        ↓
    >韓国の輸出規制管理体制について、韓国側は110人の人員を配置していると説明し、不十分でないと強調しているが、経産省は、軍事転用可能な民生品の審査に携わる職員数は11人に過ぎないと反論した。

    南朝鮮の出してくる情報はことごとくウソで固められたと指摘し、自己都合の為の捏造の証拠をしっかりと暴露しています。

    一躍次期・次期総裁候補として名を挙げた世耕大臣(あくまで僕がそう思っているだけですが)と、強面の太郎ちゃん(河野)の強烈な反転攻勢かなと興味深々ですし、いい意味で互いに高いレベルで切磋琢磨して欲しいもんです。
    こういうつばぜり合いは大好き!!

    おっと、恥知らずにも後ろから矢を放つ卑怯モンの石破と、実績を見てもヤワでとても国益を守れそうにない岸田は僕の眼中にありません。(笑)

  5. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    多分、河野外務大臣の強硬姿勢に対抗してんでしょうけど、自信満々だった南朝鮮の対日必殺カードってこれだったんでしょうかねェ~? まさかとこれほど陳腐なカードしかないのかとは思いますが...。

    >青瓦台関係者はこの日、GSOMIAに関連し「質的にも量的にもすべてのオプションを検討する」と日本に圧力を加えた。

    なにやら、唐突にトランプ大統領が仲介を匂わせてきましたが、この程度の件でアタフタするレベルなのかキン●マの大きさが心配になっちゃいます。(多分違うと思うけどね)
    6月30日の会談で文クンから直接頼まれたというニュアンスですが、たった1日とはいえ3品目の輸出管理見直し発動からタイミングがズレちゃってますから、後付け感の方が際立ちますね。

    さて、今週来日予定と噂のボルトン氏ですが、ついでに南朝鮮へも立ち寄る予定とか...。
    日本へは対イラン有志連合参加を促すのが主目的でしょうけど、南朝鮮にはGSOMIAを含めどんな対応するか注目です。

  6. マスメディア反乱軍 より:

    P.S.
    3品目の年間輸出額は350億円足らずらしく、総輸出額の1%にも満たない訳で当該企業にとっては痛手かもですが、それくらい高付加価値の素材なら買い手を見つけるのも容易でしょう。
    もちろん、他の輸出製品への影響がどの程度の規模になるか判るのはこれからなんで、トータルで見ていく必要はありますけどね。
    総輸出額の7~8%(約6兆円)が南朝鮮向け、これを基準に輸入額との推移を見ていこうと考えています。

    一言釘を刺しておきたいのはマスメディアが偏っる為に一部の輸出品目だけ取り上げ、「大幅減少だ、日本経済に大打撃。」とかいう薄汚いいつもの煽り報道を、どうシャットアウトするか政府の対応が重要じゃないかな。
    盛り上がっているらしい不買運動の中心は、ビール・衣料品(ユニクロ等)・日常生活品(無印製品)、そして地域が偏った短期旅行くらいと思いますし、総輸出額から見て微々たるもんでしょう。

    経済活動には追い風or逆風は常にある訳でリスク管理は企業の責任なんだから、これらの業種に特に優遇措置なんて必要ないというのが僕の考えなんですけど(商売にはリスクは付き物)、多少は国内向けのアピール策くらいは必要かも知れませんね。