ロシアから韓国へフッ化水素の供給提案

ロシアニュース

おー、よかったじゃないか。

[単独]ロシア、日本が規制したフッ化水素を韓国に供給提案

登録: 2019-07-12 04:59 修正: 2019-07-12 07:16

ロシアが日本政府の輸出規制対象品目である高純度フッ化水素(エッチングガス)を、私たちの企業に供給することができると提案してきた事実が<ハンギョレ>取材の結果、確認された。

韓国メディアより

そう簡単な話では無いかも知れないけれど、アリなんじゃ無いかな。

スポンサーリンク

韓国が求めているフッ化水素はファイブ9

フッ化水素はどの国でも作れる

フッ化水素を製造する技術は、それほど困難性が無い。設備さえ作れば、割とどんな国でも作れるんじゃないだろうか。

実際に、韓国でも製造は可能だし、一部の企業から韓国国内へのフッ化水素の供給を行っている。一方で、前の記事で指摘されていたが、支那もフッ化水素を作っている。

調べて見ると、蛍石の生産量は支那がトップで、メキシコやモンゴルでも採掘は行われている。

蛍石採掘においてモンゴルが3位に

2015-09-21 15:30:38

蛍石(フローライト)は、鉱物の一種。主成分はフッ化カルシウム(CaF2)である。中世から蛍石を磁器や陶磁器の原料品として利用してきた。こ の鉱物の世界埋蔵は2億2000万㌧と測定されている。蛍石は世界に最も採掘される20種類の鉱物の一つだが、40年~50年間で完全に採掘されると見ら れている。モンゴルは蛍石の採掘や輸出で1980年代に世界トップに立っていた。当時、モンゴルは120万㌧の蛍石をボル・ウンドゥル、ベルフから採掘 し、ソ連に輸出していた。一方、現在、モンゴルは1年に40万㌧の蛍石を採掘している。それでも、中国とメキシコに次いで3位に並んでいるという。

「montsam」より

この記事にもあるように支那が蛍石市場を席巻しているので、支那が価格を決定するような状態にあるという。

ただ、割と色々な所で採掘出来る鉱物(日本でも採掘可能)ではあるのだ。

蛍石は綺麗なものだとこんな感じの発色をするが、中身に混じった不純物の性質によって様々な色になるようで、殆どはくすんだ色のものが多い。

その主成分はフッ化カルシウムで、割と安定的な物質らしい。

この蛍石に熱濃硫酸を反応させることでフッ化水素を作り出すのだが、熱濃硫酸は非常に高い酸化力を示すので、扱いは難しい。

そして、フッ化水素となるとこれまた強い毒性を示すので、毒物に指定されている取り扱いの難しい物質である。

ただ、取り扱いが難しいだけで、生産自体はどんな国でも可能なのだ。

濃度が高くなるほど取り扱いが困難なフッ化水素

では、何が難しいかというと、液体の状態であっても気体の状態であっても人体に触れると大変なことになるので、十分な知識無しに取り扱うことは危険である点なのだ。

https://products.kanto.co.jp/products/denshi/pdf/denshi_sdsjhydrofluoricacid01.pdf

こちらのデータシートによれば、皮膚に付着した場合の対処としてこの様な事が記載されている。

付着した衣服、靴などは直ちに脱ぎ捨てる。付着した身体部位は直ちに流水で十分に洗い流す。可能ならば、グルコン酸カルシウムゼリーを塗り、医師の処置を受ける。

更に取り扱いに関しては以下のように記されている。

作業の際には適切な防護具を着用し、漏洩した液が皮膚に付着したり、蒸気を吸入しないようにする。風上から作業し、風下の人を避難させる。漏洩した場所の周辺にロープを張るなどして関係者以外の立ち入りを禁止する。

こんな調子である。そして、安全な容器包装材としては「ポリエチレンとふっ素樹脂」が推奨されているが、多くの金属やガラスは「使用出来ない」とされている。

実はフッ化水素は人体に対する浸食性が極めて高いので、皮膚に突いたときには直ぐには痛みを感じないが、直ちに体内に侵入して数時間の地に激しい痛みを起こさせる。この場合、患部切断という選択をしなければならない場合もある。

このデータシートは濃度50%の液に対するものなので、高い濃度のものについては更に別の扱いが必要になるのだろう。ネットでは探せなかったけれども。

さておき、こうした危険性をもつ物質なので、その濃度を高めなければならないというのは「必要に応じて」「多大なコストをかけて」行われる。

日本はその必要があったので高純度フッ化水素を作った

そして、日本は半導体生産に限らず、多くの工業製品を作るにあたって、どうしても高純度フッ化水素が必要だった。

だから、試行錯誤して高純度のフッ化水素の生産が行えるような設備を作り、そのノウハウを蓄積したのだ。

政府関係者は11日、「ロシアが最近、外交チャンネルで自国産フッ化水素を、私たちの企業に供給できることを意味を政府側に伝えてきた。韓国政府も、日本がフッ化水素の供給を中断した昨年11月以降、日本産の輸入を代替するパスを探し続けてきた」と述べた。去る10日、ムン・ジェイン大統領主宰で開かれた経済界の主要人物の懇談会でも、ロシア産フッ化水素輸入問題が言及された。輸入先の多様化対策が議論いたのキム・ヨンジュ韓国貿易協会長が「ロシア政府がもたらすために韓国大使館を通じて「フッ化水素を生成するために、ロシアが日本よりも優れた技術を保有している。日本産より純度の高いロシア産フッ化水素をサムスンに供給することができる」という意味を伝えてきた」と明らかにしたものである。

韓国メディアより

一方で、ロシアはかつて優れた科学力を有していたのだから、フッ化水素に関する技術についても優れたものがあって不思議は無い。

サリンやソマンなど有名な毒物の多くは第二次世界大戦時のドイツで開発されたが、その後、その技術をベースにしてGVガスやらVXガスやらノビチョクやら、毒性を高めた物資府を開発したのはソ連であり、ロシアもその技術を引き継いでいる。そしてそれらの毒物を作るのにフッ化水素を用いるケースが多いので、高純度のフッ化水素の製造だって、している可能性はあるよね。

そうで無かったとしても侮り難いのがロシアの科学力である。出来たとしても不思議は無い。

スリーナイン、フォーナイングレードは韓国でも生産可能

ただ、今現状では、高純度のフッ化水素は日本しか作っていない。

これまで説明した様に、日本以外ではそこまでの必要性を求められなかったのである。そして、「必要なら日本から買えば良い」と、そういう話だった。

そこまで危険な物質だし、取り扱いも難しい。だから、リスクを冒すよりも輸入した方がコスト的に安かったと、それだけの話なのである。

「日本の高純度フッ化水素なければサムスンのファウンドリーは危機」

7/8(月) 8:05配信

「ファウンドリーは顧客との信頼関係がカギだが、台湾TSMCとの競争で確保した取引先を逃さないか心配だ」。

~~略~~

サムスン電子やSKハイニックスは「スリーナイン(99.9%)」「フォーナイン(99.99%)」級は確保できても、「ファイブナイン(99.999%)」級の高純度フッ化水素はほとんど日本が供給する。1億分の1(ナノ)半導体工程では高純度のフッ化水素を使用してこそ収率(生産量に対する欠陥のない製品比率)が高まり、製品の品質も担保できる。低純度のフッ化水素はラインの稼働にも影響を及ぼしかねない。

「yahooニュース」より

ロシアが幾ら科学力が優れているとはいっても、必要な設備が今現在あるか?というと、無いと言わざるを得ない。だって、供給していないのだから。

多分、実験室レベルでは作れるのだろうけれど、大量にかつ安全に高純度のフッ化水素を作るのであれば、それなりの設備を作る必要があり、ノウハウも必要である。

サムスン電子側は、ロシアのフッ化水素供給提案について「まだ正確な内容の把握がされていない状態」と慎重な反応を見せた。同社の関係者は、「現在の書き込み製品でなければ、品質テストをするべきだが、高純度フッ化水素は敏感な物質で、テスト期間だけ2ヶ月以上かかる」とした。

今年1〜5月に国内メーカーが輸入したフッ化水素は価格総額基準で中国産が46.3%で最も多く、日本産43.9%、台湾産9.7%、インド産0.1%であった。

韓国メディアより

なお、支那でのフッ化水素の生産に関しては、どうやら日本の生産設備を持ち込んで、日本の技術者が最初作り始めたものだと噂されている。つまり、低グレードのフッ化水素であれば支那からの輸入品で賄うことが出来る可能性がある。

しかし、ここに指摘されているようにファイブナインレベルの高純度のフッ化水素を韓国は要求しているのであり、それは支那では作れない。設備とノウハウが無いから。韓国でも設備はあるのだけれども、実際に高純度の物を作るためには、今の設備を止めてでも色々手を加える必要があるだろう。できれば、だけれども。

そもそも、韓国国内で供給できれば外国から輸入する必要はないのだが、殆ど全量を外国から輸入している時点で、そのレベルはお察しである。

ではロシアからの供給に関してはどうか?というと、先ほど書いたように作る事は出来る可能性はあるが、安定的な供給に関しては疑わざるを得ない。そもそも要求するグレードかどうかをテストするのに2ヶ月かかるというのだから、今すぐ手を出しても2ヶ月後にようやく方針が決められるレベルの話。間に合わないね。

そもそも問題の根幹はチガウ

さて、韓国の報道をベースに話を展開してきたが、しかしこの話の根幹は、輸出に関して「安全保障に問題がある」という風に韓国が疑われたという点が問題なのである。

つまり、高純度のフッ化水素を作ることの出来る国があったとして、輸出して貰えるかどうかはまた別の問題なのだ。

日本のような制度を採用している国からは、「韓国は信用できない」ということで厳しい審査の下でしか輸入が出来ないし、そもそもそうした審査が通るのであれば日本から輸入すれば良いのである。

韓国の今やるべき事は、身の潔白を国際社会に示す事であって、輸入先を探すことではないのだ。それが理解できないようでは話にならない。

ロシアは西側に属さないので、韓国がロシアからの輸入を実現する事は、他の西側諸国から輸入するより可能性はあるだろう。けれど、ロシアは日本に対してやるような冗談は通用しないシビアな国だ。

韓国がどんな選択をしようと、彼らの勝手なのだが、僕らはそれを生暖かく見守れば良いのである。一番やってはいけないことは、安易に妥協することである。それは国際社会のためにもやってはならない事だ。

あとね、今回の問題はそもそも韓国側だけの問題ではない。

日本の輸出する側が、しっかりとチェックできていなかったと言うところが問題なのである。輸出しちゃ不味いものを輸出しちゃ不味い相手に輸出しちゃうのが、随分と問題なのである。そこも日本は改めていかねばならない。

追記

どうやら別のメディアでも取り扱っている話らしい。NEVERにその記事があったのだが……。

【社説】素材・部品の国産化を防ぐ「亡国法」、6年間開発が遅れて企業のせい

東亜日報 入力2019-07-12 00:00修正2019-07-12 00:00

大統領府が日本の輸出規制措置への対応を議論するために10日に開催した緊急経済人招請懇談会で、一部の企業が素材・部品の国産化に障害になるので「化学物質の登録、評価等に関する法律」(平安法)規制を緩和することを要請した。

この法律は、通過れた2013年4月財界を中心に「亡国法」という懸念まで出たが、法律を通過が強行された。

日本が半導体生産に必要なフッ化水素の輸出を規制しようとした時に、この法律がもたらした素材・部品産業の空白が目立った。

「東亜日報」より

ああ、そうですか。

韓国国内では、「化学物質の登録、評価等に関する法律」や「化学物質管理法」によって、そう簡単には技術開発が難しいという話のようだ。

書類を作るのに7~8ヶ月かかるんだって。

それでもやらないよりはマシだよ。頑張れ!

コメント

  1. みみこ より:

    >身の潔白を国際社会に示す事

    これができないからロシアから買うんでしょうね(笑)。

    • 木霊 より:

      でしょうねぇ。
      でもロシアは身の潔白を要求しない代わりに、色々別なものを要求してきそうですよ?

  2. 匿名 より:

    124年前の乙未事変ではロシアに事大した閔妃は暗殺れましたが、文大統領はどうなりますでしょうか。

    • 木霊 より:

      乙未事変とはまたスゴイネタを。
      韓国の大統領は例外なく悲惨な目に遭いますので、どうなるかを予言するのは比較的簡単です。「悲惨な目に遭う」です。
      ただ、どうなるかはちょっと分かりませんねぇ。

  3. 今夜は晩酌 より:

     高純度と言えば、ステラケミファはすでに5N(99.999)どころか12N(99.99999999999)の高純度精製技術を持っているそうです。
    しかし半導体のア-キテクチャは微細化(ザックリ言えば回路を細くする)の限界が近いため他の技術とのパッケ-ジングに向かっているらしいですね。例えばCPUなどは、
    以前は回路の微細化とクロック数を競っていましたが、最近はマルチスレッドやマルチコアを売りにしています。
     現状の優位な技術を磨きつつ、イノベ-ションも進めてほしいものです。

    • 木霊 より:

      おお、それは知りませんでした、12Nとはまた驚愕ですね。

      半導体の微細化に関しては、ムーアの法則等と言われた時期がありましたが、物理現象的な限界があることが分かって行き詰まってしまいましたね。
      漏れ電流の話などはその典型だと思いますが、そうはいってもまだまだ微細化するのでしょう。
      ただ、性能を上げるためには並列化する話に移行し、非ノイマン型に進んでいく可能性が示唆されていますので、まだまだ進化する余地はありそうですね。ブレイクスルーは必要なのでしょうけれど。

  4. 素人考えですが より:

    どう見ても羅老シーズン2ですね
    韓国の資金で研究開発から生産施設の建設までやっちまうつまりなんでしょうか?
    あーでも韓国って経済的にそろそろヤバめなので資金調達できないような気がw

    • 木霊 より:

      羅老シーズン2ですか。
      本家、羅老は一体何処へ行ってしまったのか……。

      さておき、韓国の資金で研究開発というのは凡そ現実的な話ではありません。
      歴史的積み重ねから考えても、何処かから金の力で技術を盗んでくるのが関の山なのですが、もはや技術を出す国が限られる上に、韓国も今や支那にやられる側ですからねぇ。

  5. 河太郎 より:

    素人感想です。
    あ、安心した!

    そうなのですね木霊様のご指摘通り。
    「科学技術がある」ということと、
    「安定供給できる」
    「その設備施設が整うている」
    は別問題なのですね。
    でも科学技術に疎いので、NetNewsで一見して、
    や、やばい…これで奴らは反日全開でまた嫌がらせしてくる!
    と慌てたのですよ。もうムンムンどころかクネクネからずーっと煮え湯を飲まされてきましたからね。
    ここで甘い顔はできません!
    レンホーがウダウダ言ってるみたいですけど。

    • 木霊 より:

      「技術は積み重ねである」というのは、まさにそういったことを踏まえた話でして。

      そういう意味では、今回の安倍政権の嫌がらせはまさに韓国に対する「嫌がらせ」(報復ではない)というレベルの話。実に効果的ですね。
      しかしここで対応を間違えてはいけないので、しっかり監視しておかねばなりません。蓮舫みたいなおかしな政治家は沢山いますしね。

  6. マスメディア反乱軍 より:

    おいおい、嬉しそうにハシャイでいる場合じゃないと思うぞ。

    これ、追い詰められやむを得ないからロシアの提案に乗ったなんて本気でやっちゃたら、アメリカの逆鱗に触れるのは必至なのを覚悟できるのかなァ~?

    木霊さんのご指摘通り、国と国の取引では技術がある事が重要ではなく、科学技術+量産設備+安全で安定供給が可能な事、そしてあえて付け加えるなら真っ当なビジネス関係(変な政略要求がない)である事、この要件がひとつでも欠ければ大きなリスクを背負うって事ですよね。
    しかも、ロシアはアメリカと真っ向から対峙する国なんですから。

    冷戦で惨敗したロシアの世界戦略は西側諸国の隙を突いて、色んな汚い手で他国の弱みに付け込み己の利益最優先で介入してくる手法だと考えています。
    アメリカ&西側との正面衝突を回避しつつ、隙間を狙って影響力を維持あるいはチャチャ入れて混乱させる...、じゃないかな?

    サムソン会長が文クンなんか無視して自身の日本のパイプで何とか供給しようと来日したのも、ロッテ会長も同じく文クン無視し苦しい経営状況に致命傷を恐れ、資金調達の最後の砦である日本の金融に先回りして来日したのも、そんな冷酷な世界の現実を知っているからでしょう。

    P.S.
    ところで3品目の国産化を重要対策に挙げている文クンですが、そもそもその芽を摘んだのは当時野党だった文クン達の大財閥サムソン撲滅政策だった様で...、マッチポンプな嗤える話です。
    何でも、フッ素工場悲惨事故に防毒マスクまでして、過激なパフォーマンスを繰り広げ国産化を断念させたとか...。

    自分に都合の悪い歴史は都合よく忘れちゃても、権力握れば大丈夫な蛮族国家なんですねェ~。

    • 木霊 より:

      アレで意外にロシアからの技術を導入している実績のある韓国ですから、案外何とかするかも知れません(見逃される的な意味で)。
      サムスンの会長は色々動き回っているようですが、所詮小手先の付け焼き刃にしかならないと思います。
      サムスン自身は優秀な会社だし、それなりに評価はしているんですが、今回ばかりは分が悪いというか、上手く立ち回れない気がしますよ。

  7. Rodney より:

    半導体におけるエッチングガスとしてのフッ化水素は単純に純度だけでなく不純物がどういうものかも影響が大きいからサムスンがロシア産といわれてもと躊躇するのも当たり前でしょうね。

    サムスンの最新プロセスルール7ナノ(0.000007 mm)や次の5ナノだと純度だけファイブナインを達成していても不純物のサイズが0.0001mmなのか0.00001mmなのかでも不良率は変わってくるわけだしそのあたりの検証を含めて実際にテストして不良率とか確かめないと怖くて使えないからサムスンやSKが確認に数ヶ月かかると言ってるのは当たり前なんだけど韓国人のコメントだと「そんな弱気だから日本に付け込まれるんだ!!」「言い訳はいいから日本産に頼らずロシア産を使え!!」とかみたいなコメントが多くて呆れました。
    *そんな精神の人が多いから、パリパリ、ケチャンナヨでうまくいくレベルのときはいいけど高度なことになると失敗してお笑い韓国軍のネタなんてことになっているのかな。

    • 木霊 より:

      サムスンが最新プロセスルール7ナノにトライしているのは、素直に感心できる話でして、あれもかなりのリスクを伴いますから、体力あってこそ、でしょう。
      しかし、そんな中でロシアからの怪しげな輸入品を使うなんて冒険をする訳も無く。
      企業としては「とんでもない」という思いなのでしょう。記事でも端々にそんな情報がでていますね。

      とはいえ、サムスンにはかなり個人的にも煮え湯を飲まされた話を聞いていて、「自業自得」だと、そう思ったりもします。

  8. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    サムソン首脳は元より南朝鮮の半導体関連メーカーは、はらわた煮えくり返っているんじゃないかな。(僕ならタダじゃおかない強烈な復讐を周到に練り実行します-笑-)

    最悪で嫌な比喩になりますが敢えて言うなら、「国家権力による強制不妊手術or堕胎手術、それを主力産業に強いたクセに、今度はその恨みを財閥は忘れて都合よく国の為に協力しろ!!」と言っているのも同然じゃないかなァ~。
    そして、その旗振り役張本人の一人が、当時野党だった人権派弁護士出身の文クンなんだもんね。

    文クンは誰の目から見ても主体思想の妄信者ですから、財閥解体→国営化→それをもって北朝鮮と合体する→それが朝鮮人の幸福だ...が正義、だからこんな酷すぎるマッチポンプな政策に恥じの観念すらないし、国民を犠牲にするのも一切躊躇わず冷酷にやるつもり満々なのですよね。
    それでも支持率は半分...、日本人としては亡国に向かって好きなようにやればいいんだけど、日本の防衛ラインが対馬まで下がるのは必至です。

    自国タンカー護衛ですら現行法では制約があるから無理なんて言ってる場合じゃなく、すべての法律を使って日本の安全保障に対処する気構えを持って欲しいし、それでも足りない部分を早急に補う法案を確立すべき時です。
    少なくとも、敵ミサイル拠点を先制攻撃する、特に撃った瞬間に直ちに報復攻撃する巡航ミサイルを装備すべきですし、領海・領空内侵犯でなくとも侵略的敵対行為と見做した場合は、威嚇も含めて撃沈・撃墜も可能となるよう改正が必要と思いますね。

    でないと、対馬海峡はおろか日本海すら守れない。

    • 木霊 より:

      サムスンは、韓国政府から相当な厚遇を受けていますから(その見返りは十分に出していると思いますが)、今回の件、韓国政府としても危険な領域に突っ込んで行かざるを得ないのだと思いますよ。
      そうでなければ、サムスンが国際競争力を失いかねないトコロに追い詰められかねないのです。
      韓国としてもサムスンに斃れられるワケにはいきませんし、国際社会としても不利益は株価的な意味で嬉しく無いでしょう。
      ただまあ、時間が稼げれば、そうした国際的な話は解決(逃げ出す的な意味で)するのですから、日本は比較的温和な手をうったと思います。ホワイト国リストに関しても1ヶ月猶予していますし、それ以前から随分と警告していたみたいですしね。

  9. まり より:

    半導体の次は、自動車だよ。
    multi layer ceramic
    capacitor
    トランプも選挙前で、
    なりふり構わずだ。
    韓国死ぬよ。