朝鮮半島からの米軍撤退を渋る韓国国防部

大韓民国

あれ?大丈夫なの?

米国が「国連軍司令部で韓国の役割拡大」要求も…ためらう韓国国防部

2019年07月08日11時53分

米国が1月、国連軍司令部での韓国軍の役割拡大を要求したが、韓国国防部は「検討中」という反応を見せていると、複数の政府筋が7日明らかにした。

米国は韓米連合軍司令部を通じて国連軍司令部の平時ポスト99席のうち少なくとも20席を韓国軍が引き受けてほしいと、韓国国防部に要請した。情報筋は「多くの国連軍司令部のポストは連合司令部の人員が兼職している」とし「国連軍司令部が昨年、京畿道平沢(ピョンテク)のキャンプ・ハンフリーズに移った半面、連合軍司令部はしばらくソウルに残ることになり、米国が両司令部を埋める人員が不足しているという理由で韓国に助けてほしいと伝えた」と説明した。

「中央日報」より

躊躇っちゃうの?

スポンサーリンク

朝鮮半島からの米軍撤退は現実的に

北朝鮮は超乗り気

外交的なアプローチで成功をもぎ取れていない金正恩氏にとって、アメリカとのディールは成功させる必要がある。

確かに、初めて直接的にアメリカの大統領と交渉した北朝鮮のトップという形になったが、コレまで進めてきた「先軍政治」の破綻は目に見えて来た。これを否定することは北朝鮮にとっては相当ハードルが高いのだが、少なくともアメリカ軍を朝鮮半島から追い出せば、かなりの宣伝になると思われる。

3回目の米朝首脳会談は、中身がなかったものの絵面としてはかなりインパクトがあったと思う。

そして、ここから先にあるのは米軍撤退だというのは、非常に構図としては分かりやすい話。

もちろん、アメリカも乗り気だし、支那もロシアも撤退して欲しいと願っていることは、疑い様が無いのだけれど、問題は韓国なんだよね。

ムン君は乗り気

ところで、韓国大統領のムン君はどうなのか?というと、彼もまた在韓米軍の早期撤退に意欲的である。

文大統領 習氏の非核化努力に謝意=韓中首脳会談

2019年6月27日 18時57分

【大阪聯合ニュース】韓国の文在寅大統領は27日、大阪で中国の習近平国家主席と首脳会談を行い、習主席が先ごろ就任後初めて北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会談したことなどについて、「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和のための建設的な役割と寄与に感謝する」と伝えた。その上で、この日の会談について「訪朝結果を直接聞ける機会が持てて、非常に意味深いと考える」と述べた。

「LivedoorNEWS」より

G20で習近平氏に出会ったムン君、「朝鮮半島の完全な非核化」とその様に口にしている。

これ、いつも言われる事だが「北朝鮮の非核化」とは意味が異なる。

トランプ氏、米朝交渉「前進」 米韓首脳の会見要旨

2019/6/30 15:04

30日の米韓首脳の共同記者会見の主な内容は以下の通り。

トランプ米大統領 これから韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯(DMZ)を訪問し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会う。面会を楽しみにしている。私は金委員長を理解しているし、彼も私を理解していると思う。そのことで両国間に良いことが起きている。

~~略~~

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領

米朝首脳が板門店で会う。朝鮮半島の平和に向けて道が示されていることに非常に感動している。トランプ氏は(朝鮮半島における)ピースメーカー(調停者)だ。トランプ氏と北朝鮮の金委員長の面会は南北の協議に希望をあたえる。

今必要なのは朝鮮半島で平和を維持することだ。朝鮮半島の完全な非核化を実現することが唯一の選択肢だ。シンガポールでの合意を米朝が並行的に実施していくことが重要だ。私とトランプ氏は非核化の問題を巡り、米韓が全く同じ立場、同じゴールを共有していることを確認した。米韓同盟は東アジアの安定と繁栄のための基礎だ。米韓の首脳は貿易や投資を加速させることでも合意した。

「日本経済新聞」より

トランプ氏との会談をした際にも「朝鮮半島の完全な非核化」という言葉を使っている。

これは誤訳などでは無く、明らかに北朝鮮からも韓国からも核を排除するという意図で使っている。これがアメリカから「韓国とは意見が合わない」と言われる理由でもあるのだ。

もちろん、アメリカもコレについて同意しているのだから、特に何も言わないのだけれど、韓国民にとっては利益と言い難い話ではある。

国連軍司令部のポストは、韓国軍の強化に繋がる

韓国軍は在韓米軍撤退に消極的

しかしながら、韓国軍としては在韓米軍の撤退について非情に消極的である。

既に数度、在韓米軍手撤退のスケジュールを韓国側からの要請で引き延ばしてきた経緯があるだけに、韓国軍が如何にして在韓米軍の引き留めを図っているかは説明するまでも無いだろう。

もともとは2009年に戦時作戦統制権の引き渡しが予定されていたが、延期が繰り替えされて2020年半ば以降という話になった。

【時論】戦時作戦統制権と軍事主権=韓国(1)

2014年11月07日15時12分

韓米両国は10月23日、ワシントンで開かれた韓米定例安保協議(SCM)で、2015年末に予定された戦時作戦統制権(戦作権)の転換時期を再延期することで合意した。国家安保を最優先とする朴槿恵(パク・クネ)政権の当然の措置だ。しかし戦作権の再延期で国論分裂が繰り返されるのを眺めながら、予備役将軍として、国際政治学徒として遺憾を禁じえない。一部の政治家が国民を混乱させているからだ。10年前、盧武鉉政権はこの問題を軍事主権の返還として糊塗した。あたかも大韓民国が米国の植民地から独立するかのように国民を幻惑した。こうした誤った安保意識がまた国論分裂を助長している。

最近、文在寅(ムン・ジェイン)新政治民主連合議員は国会で、韓民求(ハン・ミング)国防長官に対し、戦作権の無期限延期は軍事主権を放棄したものだとし、「恥ずかしくないのか」と問いただした。大統領候補だった人の愚問がむしろ恥ずかしく感じられた。文議員だけではない。野党と従北勢力、そして北朝鮮はともに主権の放棄、民族的な反逆と主張している。

「中央日報」より

しかしこの方針にはムン君は反対の立場であり、その当時も「即時撤退」を迫ったようである。そんなトップがいるのだから、軍部としては出来るだけ引き延ばしたいという消極的な姿勢が見え隠れしてしまう。

本来であれば、戦時作戦統制権の移管に伴い、連合国指令部も解体の運びになるはずなのだ。

それを見越した上での国連軍司令部のポストを韓国人将校に、という流れなのだが、どうしてもそれは受け容れられないらしい。

別の情報筋は「人員不足は表面的な名分であり、米国の内心は国連軍司令部の機能強化にある」と伝えた。もともと国連軍司令部は1978年、韓国を防衛する任務を連合司令部に移した後、停戦協定を維持する役割だけを担当している。連合司令官が国連司令官の「帽子」を同時にかぶり、連合司令部参謀が国連軍司令部参謀を兼ねている。

~~略~~

特にロバート・エイブラムス連合司令官が国連軍司令部の機能の強化に積極的という。エイブラムス司令官は昨年9月、米議会で「南北は対話を継続できるが、すべてのものは国連軍司令部によって仲介・審査・査察・履行されるべき」と強調した。米国の要求に6カ月間も結論を出していないことに関し、国防部当局者は「いくつかの事項を検討中」と述べた。韓国軍事問題研究院のキム・ヨルス安保戦略室長は「『板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)往来議論から国連軍司令部が抜けるべき』など国連軍司令部を認めず解体を主張する北の立場を政府が意識している」と指摘した。

「中央日報」より

中央日報の分析では、寧ろ国連軍司令部の解体を目指しているという話になっているが、戦時作戦統制権の移管をした上で在韓米軍が韓国国内に留まる理由は無い。

国連軍司令部のポストの大半を韓国人が占める状況になれば、むしろ指揮系の改善に繋がる可能性もあるので、そのポストを外国人に任せているよりは良いハズなのだが……。

その準備は着々と進められるが

そして、アメリカ軍としてもその準備を色々続けている。

こちらの記事の追記でも言及しているが、アメリカンスクールが閉鎖したというニュースもあり、基地の移転の話もあり、とにかく米軍はソウルから遠ざかろうとしている。

しかし、韓国軍のレベルは兵士の練度はともかくとして、かなり低いと言わざるを得ない。

警戒の失敗をもみ消しか…北朝鮮木造船「誤報」まで放置した韓国軍

2019年06月20日08時55分

軍には「戦闘に失敗した指揮官は許せても、警戒に失敗した指揮官は許せない」という格言がある。では、警戒に失敗してこれをもみ消そうと嘘をつけばどうすべきか。

15日に亡命した北朝鮮の木造船が4日間も航海して韓国の三陟(サムチョク)港にゆうゆうと入港したが、軍はこれを把握できなかった事実が明るみにでるのを恐れたのか、事件を縮小して隠蔽した。

「中央日報」より

この話、実は日本はあまり韓国を笑えない。

北朝鮮の木造船の近接を取り締まれていない現状は、日本の海上自衛隊も海上保安庁も頭を悩ませている問題なのである。

実際に木造船が漂着して、北朝鮮人が民家のドアを叩く事案まで発生している。韓国でも似たような事案が起こった、それだけなのだ。木造船はレーダーに映らないことが多く、電波を発していなければチェックすることは困難だ。

ただし、海岸線の長さの違いなどを考えると、韓国側の対応は如何にもマズイ。

いつでも工作員に海岸線に殺到される可能性があるからだ。

また、北朝鮮がミサイルを発射した際には見失うという失態をやらかしたこともある。

北の弾道ミサイル「見失った…」韓国軍の“手抜き防衛”に国民激怒 信じられない軍事力

2016.3.14 10:00

北朝鮮の弾道ミサイル発射により、韓国軍の信じられない“未熟な軍事力”が明らかになった。北のミサイルの発見・追跡のため飛翔コース近海に派遣されていた韓国海軍の最新鋭イージス艦が、弾道ミサイルを見失っていたのだ。日米の艦船が当然のようにレーダーで追跡するなかの大失態に、韓国では「ヘル朝鮮(韓国を卑下した表現)には答えがない」と諦めの声が広がっている。

「産経WEST」より

こんな状況なので、兵士の練度が幾ら高くても指揮できない事は容易に想像できる。

それどころか、韓国軍は徴兵制を採用しているので、兵士の練度は平均値としてはかなり低い。もし、一部の兵士の練度がたかくとも、軍として技能させるためには余り意味は無いのだ。

構造的に欠陥を抱えている韓国軍だが、今、戦時作戦統制権の返還、在韓米軍撤退、という話になっても困るだけだろう。

コメント

  1. とくめい より:

    過去の南朝鮮王朝は2代にわたり、在韓米軍撤退と戦時統制権回復を就任直前にぶち上げたものの、現実に気が付いて慌てて止めた(ように見える)
    当代の文王朝はこのまま突っ走りそうですね。
    軍部の一部は現実が見えてるみたいだけど、すでに上が骨抜きのようですし、時間の問題。

    漂流船については色々物議をかもしそうですが、海の上ですべて見つけるのは現実的には不可能でしょう。
    津波対策の名目で日本海側すべて20mぐらいの防波堤をしっかり整備して、乗り越えられないように夜間は門扉を閉ざしていくしかないと思います。

    • 木霊 より:

      韓国軍の軍人は、「現実が見えている」という評価もあるかもしれません。
      ただ……、責任をとりたくないだけの様な気もします。

      まあ、そうはいってもトップはムン君の息のかかった人間になってしまったので、在韓米軍撤退までは行く可能性が高いと思います。
      そうだとすると、日本は更に軍備に金を注ぎ込む必要が出てくるのかも知れませんね。金を増やしただけでは対応できないんですけれど。

      • 河太郎 より:

        あーあ……とうとう始まるのか。
        「断交」をコメント欄で騒ぎ、
        木霊様に「地政学的な話」をされて涙目で反省したのが数ヶ月前なんですけどね😵💨
        ムンムンある意味に於いて凄いですよね。あそこがどーなろーと自業自得なので。
        地道に日本人として生きてる人に迫害が及ばねば別にどうでも良いとは思うのです。けど……
        この後の日本の国防がどうなるのか考えると、予算、人員、装備、運用……頭を抱えるてのが本音です。木霊様、読者諸兄へ。
        感情的に「断交だ!!」と騒いでいた事を反省してます。
        なんか浦島太郎の気分です。
        まぁ、もうレッドチームだし、
        ここまで来たらとことん殴るて、ぶちのめしておくしかないのでしょうね。どーせシナが漁夫の利を得るような気がするけれども。サムソン潰れてHUAWEIが一息つく……にならない事を願います。

  2. マスメディア反乱軍 より:

    木霊さん、おはようございます。

    国連軍は朝鮮戦争休戦協定の当事者でありその代表はアメリカ軍(相手側は北朝鮮&支那)って事と、在韓連合司令部(米韓同盟による2国間の軍事組織)って、混同というか仕組みが判らない人けっこう多いんじゃないかな?(僕も時々混乱する事があります-苦笑-)

    ややこしいのが国連軍と在韓連合の役職のほとんどが兼務してる様で、また在韓連合司令部統率権は南朝鮮大統領にあるって事もあり、具体的な作戦(主に反撃)統帥権だけが現在の在韓アメリカ軍司令官にあるわけですよね。
    さらに、国連軍後方司令部は日本の横田基地にあり、現在の司令官はオーストラリア軍の大佐とか...。
    もっとも、組織は司令部要員と各国大使館連絡武官を含めても、数十人の小規模のはずです。

    そこでご紹介いただいた記事からです。

    >特にロバート・エイブラムス連合司令官が国連軍司令部の機能の強化に積極的という。エイブラムス司令官は昨年9月、米議会で「南北は対話を継続できるが、すべてのものは国連軍司令部によって仲介・審査・査察・履行されるべき」と強調した。

    これって、「アメリカの自由が効かない有事の作戦統帥権など、こっちも望むところで返してやるが-南朝鮮大統領を最高指揮官に仰ぐなんてヤダ!!-、終戦条約も含めてすべては南朝鮮の干渉を受けず国連が主導するぜ!!」、って言ってる様にも思えてしまいます。

    >ソウル・竜山の米軍基地の移転により、韓米連合軍司令部本部をソウル南方、京畿道平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーに移転することで合意した。

    つまり、米朝がFFVDを前提に合意すれば(多分無理と悲観)、在韓米軍の撤退も条件になりますから、アメリカはとりあえず喜んで撤退にかかるでしょうけど...。
    しかし、北朝鮮がいつもの如く裏切りがバレて合意の一角が崩れた時には、アメリカは正々堂々と国連に多国籍軍による新たな国連軍創設&派遣を訴え、北朝鮮を攻撃できる言質を得られます。

    そうなれば、国連軍最高指揮官は当然アメリカが握った上で、自動的に隷下に入る南朝鮮軍を陸上戦の盾に使い、大規模な空母打撃群と在日米軍基地&グアム空軍基地から、心置きなく北爆ができるって事になりませんかねェ~。
    ハンフリーズ基地に全て移転させたのは、布石で「国連軍基地司令部」として使うつもり?
    最北端のキャンプ・ケーシーの野戦砲代替もハンフリーズへの移転も決まったらしく、司令部防衛を目的としているのでしょうかね。

    トランプ大統領の選挙戦パフォーマンスは置いといて、ポンペオ&ボルトンの強硬ラインが何を意図しているのか想像しにくいのが怖い。
    国連軍を御旗にするとはいえ実質的には米朝開戦なんですから、日本は集団的自衛権を拡大解釈してでも発動し、アメリカを後方支援(あるいは戦後初の交戦に発展する恐れあり)するしかなくなるでしょう。