支那で韓国企業の看板撤去

大韓民国

コメントで頂いたニュースを取り上げてみたい。

北京市、サムスン・現代自動車の広告板を一方的に撤去

2019年7月1日 11時10分 朝鮮日報

韓国企業が所有・管理していた、北京・長安街のサムスンや現代自動車の広告板が、先月29日深夜に事前通知や補償の約束もないまま北京市当局によって全て奇襲撤去された。大阪の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、習近平国家主席は各国首脳に「海外企業に対する公平な待遇」を約束し、米国に向けて「平等で相互尊重に基づいた貿易交渉」を要求したが、現実は外国企業との契約を一方的に無視する中国の素顔をありのまま見せつけたのだ。

「LivedoorNEWS」より

随分と大掛かりに動いたものだね。

契約を守らない支那

一時的に契約は有効だが……

さて、「外国企業との契約を一方的に無視」というのは、支那行政にとっては特別なことではない。

外国企業は国内企業のように支那共産党の影響が無いので、「約束を破る」ということについて、抵抗感が薄いのだろう。加えて支那にとって韓国は格下という位置づけである。

 北京市傘下の公企業が動員したおよそ300~400人の撤去班は、29日午後10時ごろから翌日未明にかけて、大型クレーンや溶接機などを用い、長安街の東西に残っていたサムスン電子および現代・起亜自の広告板を兼ねるバス停留所およそ120基を全て撤去した。これに先立ち北京市側は昨年7月、長安街中心部にあったサムスン電子、現代・起亜自の広告板およそ70基を、軍事作戦よろしく深夜に撤去した。

「LivedoorNEWS」より

勝手に撤去したことで文句を言われても、韓国側は泣き寝入りせざるを得ない状況なのだろう。

これらの広告板は、韓国企業IMSが2025年まで運用できるよう北京市の公企業と契約を結んでいた。昨年7月の第1次撤去の後、IMSは損害賠償を要求してきたが、北京市側は今回、事前通知もなく残りの広告板すら全て取り外してしまったのだ。一方的な撤去の理由は「景観のアップグレード」と思われるだけで、当局からは何の説明もなかった。

「LivedoorNEWS」より

そして、北京市側からの説明は一切なかったようだが、それが許されてしまうのが支那の現状なのだからさもありなんという感じだ。

支那の外交部には何の権限も無い

もちろん、韓国企業側は流石に文句を言ったようだ。

駐中韓国大使館の関係者は30日、「北京市と中国商務部(省に相当)に『当該韓国企業は契約に基づいて投資を行ったのに、このように一方的に撤去するのであれば企業側の負担が大きい』という点を強調し、補償問題の解決を数回にわたって要請したが、『意見を伝えたい』『関心を持っている』という反応だけで、ろくな対策もない」と語った。

「LivedoorNEWS」より

しかし、支那では法的に許されている行為らしいので、これに対して損害賠償ということも難しいようだ。

チャイナリスク、と言えばそれまでだが……、今回のコレは韓国の国力が相対的に落ちているのが理由だと思う。恨むなら「外交の天災」のムン君を恨めよ。

韓国企業、支那から相次いで撤退

看板撤去に関連する?

そもそも、韓国企業の支那での売り上げは低下する一方ののようで。

韓経:サムスン・LGもお手上げ…韓国看板企業が「脱中国」

2019年06月05日09時47分

韓国の看板企業が競争力の落ちた生産ラインを中国市場から相次いで撤収させている。中国政府の自国企業に対する莫大な補助金支給と外資系企業への差別規制などにより現地で事業をするのが難しくなったためだ。最近加熱している米中貿易紛争はこうした脱中国の動きに拍車をかけている。企業は中国だけでなくメキシコ、欧州、ベトナムなどに分散しているグローバル生産網を再編する動きを見せている。

「中央日報」より

巨大な補助金を突っ込んで自国産業を応援する政策をつづけている支那では、コスト面だけでの優位性しか示せない韓国企業の旗色は悪い。

少なくとも、自動車関連企業は軒並み全滅の様相である。

現代自動車と起亜自動車は先月から北京第1工場と塩城第1工場の稼動を中断した。

「中央日報」より

簡単に撤退できないのも泣き所ではあるが、それでも工場の操業を停止せざるを得ない状況にあるのが現代自動車と起亜自動車である。

支那においては電気自動車を推進していることも、この2社が支那国内で戦えない理由の1つになっているようだ。加えて支那国内で生産するメリットが薄い事もあって、ゆくゆくは撤退せざるを得ないだろう。

サムスンも苦戦

もちろん、韓国最大のメーカーサムスンも旗色は宜しく無い。

4日の経営界によるとLGエレクトロニクスとサムスン電子は今年に入りグローバル冷蔵庫生産ポートフォリオを調整した。LGエレクトロニクスは中国泰州工場で生産して米国に輸出していたプレミアム冷蔵庫の生産をすべて韓国の昌原(チャンウォン)工場に移転した。米国に輸出するLGエレクトロニクスのプレミアム冷蔵庫約50万台の半分に当たる量だ。生産量が増えることになった昌原工場は海外の別の地域に輸出する冷蔵庫の一部を泰州工場に回した。サムスン電子も中国で生産した冷蔵庫10万台ほどを先月タイ工場に移転した。

「中央日報」より

特に、白物家電と呼ばれる家電製品については、優位性が全く無いので、サムスンのもので無くても良いと言う話になる。日本でサムスンの冷蔵庫が売れるか?といえば、低価格以外で売れる要素はほぼ無いと思う。

それと同じだ。補助金ブーストのある支那企業、例えばハイアールなどが低価格の商品を出せば、全く太刀打ちできない。

では輸出用ならどうか?という話だが、アメリカやオーストラリアに輸出する冷蔵庫で高付加価値のものを、といったところで、こちらも価格競争力がどうか、という話になる。加えて支那からアメリカに輸出すると例の関税がネックになるので、勝負にならないワケだ。

こうした生産地変更は米国政府が1日に関税を追加で課した2000億ドル規模の中国製輸入品に中国製輸入冷蔵庫も含まれたためだ。米国に輸出する中国製冷蔵庫にかける関税が10%から25%に15ポイント上がった。業界関係者は「1桁台の営業利益率を出す冷蔵庫メーカーとしては到底耐えられない負担」と説明した。

「中央日報」より

冷蔵庫だけでは無く、他の商品もキビシイようで。

携帯電話、自動車、家電、流通、化粧品など全業種にわたり韓国メーカーが中国市場から抜け出している。サムスン電子は昨年末に天津の携帯電話工場と深センの通信装備生産設備を撤収した。LGエレクトロニクスは煙台と青島にある携帯電話生産工場を1カ所に統合することを検討している。

~~略~~

サムスン電子の中国スマートフォン市場のシェアは2013年の19.7%から下がり続け昨年は0.8%まで落ち込んだ。同じ期間にファーウェイ、VIVO、オッポ、シャオミの中国携帯電話大手4社のシェアは23.1%から85.1%と3倍以上に拡大した。テレビ、冷蔵庫、洗濯機など家電産業で世界最高の競争力を持つLGエレクトロニクスも中国では振るわなくなっている。LGエレクトロニクスの中国売り上げは2009年の4兆7594億ウォンから昨年は2兆3678億ウォンと9年間で半減した。LGエレクトロニクスが中国での携帯電話と家電工場の生産量の追加調整を悩む理由だ。

「中央日報」より

何れの技術も日本からの流入があったらしく、同じものを作るのであれば韓国製と支那製で太刀打ちできる要素は無く、外国への輸出もキビシイとあって、もはや撤退しか道は無い。

そういう状況だからこそ、看板撤去に関しても泣き寝入りするしかないのである。訴訟して戦う道があったとしても勝って何かが得られる訳では無いのだ、もはや。

チャイナリスクは他人事では無い

もちろん、日本だってチャイナリスクに関しては同じ様な事態を迎える可能性は高い。

それでもトヨタを始めとする日本企業がどんどん支那に出資して行く姿を見ると、「マジかこいつら」という状況である。

トヨタ、中国第一汽車などに燃料電池車の基幹部品供給へ

2019年7月5日 / 18:38

トヨタ自動車(7203.T)は5日、中国自動車メーカーの第一汽車集団(FAW)[SASACJ.UL]と海格客車(Higer Bus)に水素燃料電池車の基幹部品を供給することを明らかにした。

「ロイター」より

まあ、水素燃料電池車に関してはそれ程売れる話では無いので、「仕方が無い」とは言えるかも知れないが、技術流出という意味では深刻である。

トヨタが中国で「新興EVメーカー」と組んだ事情

2019/05/03 5:10

中国市場でトヨタ自動車の動きが急加速している。

4月25日まで開かれていた上海モーターショーでトヨタは、日本でも人気が高いSUV(スポーツ用多目的車)の「C-HR」と、その兄弟車の「イゾア(IZOA)」の電気自動車(EV)を初披露した。トヨタで初となる自社開発の量産型EVで、世界に先駆けて中国市場で2020年に発売する。

「東洋経済ONLINE」より

こうした技術に関してEVメーカーとトヨタが組むことはトヨタの経験値に繋がると言えば繋がるのだろうが、リスクの方が高いと言わざるを得ない。

トヨタにしてみたら、レメルソン特許の悪夢があったアメリカこそ(日本では富士通がやられたキルビー特許の方が有名かも知れない)警戒しなくてはならないという意識かもしれない。が、アメリカの特許法は随分と改正されて、今やサブマリン特許に関する警戒はさほどする必要がなくなってきている(注:旧来の法制化で出願されたリスクのある特許は未だに存在すると言われる)。

支那こそ知的財産権に関するハードルが非常に低いのだから、看板撤去の例に漏れず、ガツンとやられかねない。

トヨタの場合はケガしてからでないと覚えないんだろうけどさ。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    日本に対しては火病発症しヒステリックなまで大騒ぎするクセに、支那には従順な家畜の様に反発どころかほとんどマトモな反応すらしませんね。(冷笑)
    国を代表する企業が謂われなくもコケにされてんですけど、普段見せる異常なプライドの高さはどこに行っちゃたんでしょう。

    性根がトコトン腐りイジケた劣等蛮族...、霊的に生まれ変わりは無理な気がしてきました。

    >支那こそ知的財産権に関するハードルが非常に低いのだから、看板撤去の例に漏れず、ガツンとやられかねない。
    >トヨタの場合はケガしてからでないと覚えないんだろうけどさ。

    やられてからでは遅いんですが、その辺のリスク・マネージメントはどうなってんのかなァ~?

    • 河太郎 より:

      マスメディア反乱軍様。
      この記事……第一報をコメントして下さった諸兄にも尊敬ですが、木霊様の俊敏さも凄くありません??
      木霊様がスゲーのは解ってるので、
      やはり木霊様に教えた方は耳が長いと。ここは木霊様だけでなく、諸兄が凄いブログと思うのです。
      貴兄の反応の速さもです。
      あと、勝手に「年配者」と決めつけていたのをお許し下さい!
      なんつーか「年輪」を感じさせる包容力を貴兄に感じていたので、勝手に「冷静さを持ってる団塊世代」と妄想していました。彼らと衝突してきた同年代とは(反省!)
      前にも、あるけむ様を「鋭利な若者」と勝手に誤解して、「別に若者ではありません」と仰られて反省した事があります。
      いや、ごめんなさい。

      • マスメディア反乱軍 より:

        河太郎さん、おはようございます。

        >この記事……第一報をコメントして下さった諸兄にも尊敬ですが、木霊様の俊敏さも凄くありません??
        >木霊様がスゲーのは解ってるので、
        >やはり木霊様に教えた方は耳が長いと。ここは木霊様だけでなく、諸兄が凄いブログと思うのです。

        仰る通り、皆さん脳内フットワークが抜群ですよね、僕も思考を刺激されてそれを愉しんでいます。

        P.S.
        年齢のイメージはHNを使うネットの世界では、よくある事なんで気になさらないで下さいな。
        別のコミュニケーションの場で「全共闘」という言葉を使ったら、70過ぎの爺様扱いされちゃった事もありますからね。(笑)

    • 河太郎 より:

      まぁ木霊様も「アメリカやシナとは交渉できるが、彼らとは交渉の前に理性的な話が出来ない」と仰られてますからね?
      こないだシナ人留学生と話していて、激怒させたのですね。
      8世紀のヤマトvsシナ唐朝+半島の戦役で、ヤマトが退去した後に、シナと半島が争うでしょ?
      半島は独自にシナを追い出す。
      それを話していたら、
      「平和交渉で、背後を襲わない約束で撤退している処を、奴等は背後から襲ってきた。
      中国が敗退したのでなく、騙し撃ちである!!と。激怒しました(笑)
      これは日本の真珠湾攻撃のような奇襲でなく、騙し撃ちだ!」ですと。
      まぁ……国を掛けた約束を平気で踏みにじるのは中世からそうであった。
      半島が本音でシナ人にも嫌われるのは昔からなんだろうなぁと。

      • マスメディア反乱軍 より:

        河太郎さん、僕の知識不足なんですが、8世紀の大和朝廷と支那(唐)+朝鮮半島の戦役を、もう少し詳しくご説明して頂けないでしょうか。
        特に支那撤退時に朝鮮の背後からの騙し撃ちに合ったというくだりに興味があります。
           ↓
        >こないだシナ人留学生と話していて、激怒させたのですね。 8世紀のヤマトvsシナ唐朝+半島の戦役で、ヤマトが退去した後に、シナと半島が争うでしょ?
        >中国が敗退したのでなく、騙し撃ちである!!と。激怒しました(笑)

        僕は未だ謎に包まれながらも大和朝廷の強い影響下にあった、任那(にんな)=朝鮮では加羅(から)との繋がりについて興味があります。
        タタラ製鉄を始め日本の古墳に類似する技術と文化の交流があったと思っていますし、それは現朝鮮人ではなく「後に高句麗によって民族浄化で滅ぼされた真の朝鮮人国家」じゃなかったかと考えるからです。

        通説では大和朝廷が任那に影響力を維持したのは5世紀頃迄で、百済に加担したのですが最後は新羅が百済を滅亡させた6世紀以降は、後の秀吉朝鮮出兵まで朝鮮半島には関与しなかったというのが、これまで僕の大雑把な認識なんですよね。(13世紀の元寇は防衛戦でしたから除きます)

        だって、ウソ&捏造と騙し撃ちは今も昔も蛮族たる朝鮮人のお家芸ですから興味深々...(笑)、お暇があればご教示お願い致します。

  2. 河太郎 より:

    マスメディア反乱軍様。
    どうも判明してないんです。いや背後から奇襲したてのは事実なのでが。
    彼(留学生)は理系で歴史を学んでいる学生ではないので。
    半島が中国からの勝利と騒ぐのは、実は「隋朝」の朝鮮征伐だと思うのですね。これ隋帝国の屋台骨を揺るがした征伐なのですが。
    100万て大軍を半島へ送るた為に、補給部隊を編成していたものの間に合わず、半島で隋軍は孤立するんですよ。
    で、和平交渉が決まり、撤退する事を決めるのですね。その時に和平で撤退してゆく隋軍を半島が背後から襲うたと思うのですね。
    唐は実は隋とは同じ漢族化した北方民族の軍閥王朝で、どちらも同じ軍閥の出身です。そしてどちらも朝鮮征伐に乗り出しています。なので学生は混同していると思うのです。
    因みに唐軍も白村江の日本敗戦の後に、同盟していた新魏だか高句麗だかの連中と争い、半島から追い出されていますね。でも、この時の争いは、
    露骨な半島側の裏切りがあったのか?は現時点で確認を取れてません。
    因みに隋の朝鮮征伐は日本の聖徳太子や蘇我入鹿あたりの時代。大化の改新より前のはずです。
    唐が半島の同盟国と仲間割れするのは
    白村江敗戦の後ですから、
    天智天皇治世の終わりから天武天皇の治世にかけての時代と思います。
    持統天皇までは行かないと思います。
    すみません、実は風邪を引いて寝ております。図書館に行き、あるいはググるて確かな事実まで突きとめる気力がない(笑)です。この辺りで御勘弁を御願いいたします。では。

    • マスメディア反乱軍 より:

      河太郎さん
      あるけむさん

      まず、河太郎さん、僕のノー天気な質問に体調を壊されているにもかかわらず、ご丁寧な示唆と想像力に富んだ数々のご考察をご開陳頂きありがとうございました。

      古代史、特に謎のベールに包まれた時代は僕の想像力を掻き立て、色々な学説はもちろん新しい発見がある度に密かに血が騒ぐ(微笑)ジャンルなんで、隋時代の朝鮮半島情勢・米のDNAの違いの謎・タタラ製鉄の詳しい仕組みと成り立ちや日本各地に拡がった痕跡の数...、そしてヤマト朝廷の関わり等は本当にひとつずつもっと深く知りたい好奇心を刺激してくれました。

      でも、人は健康が一番の財産ですから、くれぐれもご自愛頂き先ずはいち早いご回復を祈念させて頂きます。

      あるけむさん、日本史からスッポリと抜けた貴重なこの時代の、とても判りやすい入り口を指し示して下さったご考察ありがとうございます。

      >まず、任那(にんな)・加羅(から)領域は、日本(倭)の領域であったと考えます。 で、百済・新羅は「真の朝鮮人国家」と考えます。ただ、百済崩壊時に百済人が日本へ亡命しているような感じなので、百済を日本人国家と言えなくもないと考えます。

      僕もほぼ同じように想像していましたので、ヤマト朝廷の友好的な保護国家が朝鮮半島に実在し、そこで多くの文化と当時の最先端テクノロジー(タタラ製鉄とかですね)が融合して、お互いに共存できた時代ではなかったのかと(滅亡前の真の朝鮮民族とです)、日本と朝鮮半島の繋がりを示唆されたあるけむさんに共鳴します。

      >>朝鮮人のルーツを辿ると、ロシア、ツングース系民族のエヴェンキ人に行き着く という説があります。
      >高句麗がエヴェンキ人の国家で、現在の「朝鮮人」の始祖であったのではないかと考えます。

      差別的な表現ですがあえて、古代ローマ帝国にトドメを刺したのも、「北方蛮族=ゲルマン・アングロサクソン」で、今の支那を含む北東アジアを収奪と殺戮(現代のジェノサイドどころではない残虐さ)で、領土を席巻・略奪し既存の秩序や文化・文明を破壊し続けてきたのも「北方蛮族=金・元含む」じゃないかと考えています。
      ツングース系民族のエヴェンキ族のDNAが、現在の朝鮮人と極めて類似しているエビデンスについては、以前このブログでも書かせて頂いたと思います。

      つまり、今の朝鮮人はほぼ完全に外来人種って事で、しかもタチの悪い事に劣等で残虐非道なDNAだけを強く継承した民族という推察ですね。

  3. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    マスメディア反乱軍様
    河太郎様

    あるけむです。横から失礼します。
    以下の内容は、個人的見解です。

    >僕は未だ謎に包まれながらも大和朝廷の強い影響下にあった、任那(にんな)
    >=朝鮮では加羅(から)との繋がりについて興味があります。

    まず、任那(にんな)・加羅(から)領域は、日本(倭)の領域であったと考えます。
    で、百済・新羅は「真の朝鮮人国家」と考えます。ただ、百済崩壊時に百済人が日本へ亡命しているような感じなので、百済を日本人国家と言えなくもないと考えます。

    一方
    >朝鮮人のルーツを辿ると、ロシア、ツングース系民族のエヴェンキ人に行き着く
    という説があります。
    高句麗がエヴェンキ人の国家で、現在の「朝鮮人」の始祖であったのではないかと考えます。

    追伸
    ちょっと「九州王朝説」にハマってまして…

    • 河太郎 より:

      ジャポニカ米のDNAは半島米でなく、中国南岸の米が先祖であると解明されていますね?
      つまり九州にいたヤマトの先祖である弥生人らは「倭族」として、中国南岸を出発、台湾から黒潮に乗り沖縄を経由して九州にきたと。
      だいたい国立民族博物館の古代船チームの想定と似てます。
      倭族の一派が半島に向かい、海岸線を南へと移動する。その過程で生まれたコロニーが、大和との貿易で
      大和の領事館などが置かれる「横浜」になった。なぜなら同じ倭族つまり古代日本語を話す言語的に同一の人々が暮らしていたから。
      ただ、この説だと「米のDNAが合わない理由」は説明できませんね?
      あとタタラ製鉄は大和王権の成立以後の技術で、初期は屑鉄や鉄鋼石を半島から輸入していたと思います。
      タタラ製鉄は実は弥生人とは別系列の蝦夷などが持ってきた技術では?
      蝦夷でないが縄文系とされる人々に
      宗像神社の宗像氏ら海民がいますね。神武天皇東征を助けた海民。
      彼らはタタラ製鉄をしていた疑いがある。河口から川を登り砂鉄を求めて遡るてゆく。
      カンナ流しが開発される前は砂州を求めて川を遡るた。
      青梅丘陵の多摩川を見下ろす丘の上に住吉神社あります。なんで青梅丘陵に海神の神社が??
      と思うのですが、関東の古い豪族の秩父氏が乳部である事や、武蔵が元々は胸刺しである事を考えると理解できます。
      海洋民は日差しが反射する海面で落水すると、反射で良く見えない。だから救出し易いように胸や背中に
      墨でタトゥーを入れるからです。
      これは東南アジアでボートで捕鯨する部族とかに共通する話です。
      ヤマト王権の成立後に、海民が関東へ砂鉄を求めてきたと。(関東の浜辺が黒いのは砂鉄が豊富だからです)
      彼らは刺青する縄文系であったとすると符号いたします。

      • 河太郎 より:

        蛇足ですが鉄鉱石は日本では産出しません。だから砂鉄を用いるタタラ製鉄が発展する訳で。
        カンナ流しとは、山を切り崩して砂鉄の混じる土砂を、掘って造るた水路に流す技術です。
        途中に何段かの溜池を造ると、
        密度の高い砂鉄が沈殿する。
        これを回収する訳ですね。
        鎌倉の銭洗い弁天とかは、銭を洗うと商売繁盛とか言われてますが、もともとはこのカンナ流しの溜池に由来すると思います。頼朝が低湿地に八幡宮を建てるのも、古代から原住していた縄文系の子孫に製鉄をさせる為であったと思うのです。
        北鎌倉の建長寺は烏天狗で有名ですが、あれは墓護りでしょう。貴人は穢れを払う為に仏教色に火葬するので、釜を持つ職人が必要。鎌を持つ…製鉄民ですよ。つまり、製鉄は元々は鉄鉱石や屑鉄を融解して造る大陸系で始まるが、半島の利権が失われた為に、征服した縄文系のタタラ製鉄を導入したと。
        現にヤマト朝廷は蝦夷の製鉄民を連行してます。浮囚と呼ばれ、彼らから馬格の大きな南部馬、騎射、鉄を導入していった軍事貴族の末裔が板東武者。
        日本の鉄に関する歴史は関西から見ると解らない気がします!

      • 河太郎 より:

        記事に関係ない長々を失礼、
        もともと民俗学や古代史に興味を持ったのは、あるけむ様から北九州王朝説を聞いたからなのですね。つまりは、あるけむ様は師匠にあたる。
        二重の意味で失礼しました。

    • マスメディア反乱軍 より:

      あるけむさん、P.S.失礼します。

      >追伸 ちょっと「九州王朝説」にハマってまして…

      思いっ切り脱線しちゃいますが、僕はJ・R・R・トールキンの「The Load of The Rings=指輪物語」に小学生の時にハマり魅了され、学生時代にその遺稿をまとめた「The Silmarillion=シリマリルの物語」・「Unfinished Tales=終わらざりし物語」が出版され、それ以来ずっ~とこの創造力に富む神々の時代を語るファンタジーの世界を愛で続けています。(微笑)

      ここで使われる神秘性を想像させるキーワードの一つに「上古の時代」があります。
      僕は勝手に日本のスッポリ抜けたヤマト朝廷以前の謎の時代を「上古」と呼んで、そこにどんな物語があったのか? そして日本各地に無数に伝承され残る神々との関わりを想像する時間を愉しんでします。(ほぼガキっぽい-苦笑-)
      日本人なら「神代」という言葉がピッタリですね。

      古代キリシア・古代ローマだってBC.3000年前からの、歴史書&遺物や多彩で興味深い考察がありますし、今でもより探求する研究者やジャーナリストはたくさんいますが、日本の上古=古代史は唐突に8世紀に編纂された「古事記・日本書紀」からに過ぎないし、そこでほぼストップしているのが、僕にとっては不満ですし一番知りたい謎なんですよねェ~。

      例えば仏教ですがBC.500年のお釈迦様の誕生からほぼ1000年以上経った、6世紀に日本伝来という通説ですが、その間にサンスクット語が三蔵法師により漢字に訳され、日本にも伝わり一語一句が音読みに変換、その後日本の多様な文化により訓読みで「言葉の持つ意味付け」をし、当時の日本の庶民層に広めたのが、王朝国家としての日本の始まりじゃなかなとか勝手に思っています。(大雑把です)

      古代ギリシア・古代ローマにあるBC.500年前に相当するその時代に、日本独自の文化&文明やその統治組織がなかったとは、僕にはとても思えないのです。
      そして、その物語はその肝心なところでスッポリと抜け落ちている...、僕の貪欲な思考を刺激し自由奔放な想像力へ導き続ける理由です。

      木霊さん、いつもながら記事の主旨とは完全にズレちゃってすみません。(反省の苦笑)

      • 河太郎 より:

        蛇足。(他読者諸兄ごめんなさい!)
        驚きましたね。
        マスメディア反乱軍様が、まさかトールキンのファンとは!
        背景になっている、ケルトやスコットランドハイランダーや、
        ピクトの神話。
        それらには私も引かれます。
        とことんリアリストに見える貴兄がお好きとは?
        でも木霊様は「邪馬台国はどこですか?」を愛読されたと言うし、あるけむ様は日本古代史の闇を研究してる。
        最先端を考える人は、実はルーツである過去を考える人なのかも知れません。
        かく申す私は富士山麓の樹海で
        超古代日本文明の探索した事があります。
        でも…あの種は近世の水利権を正当化する為の偽書であったようです。残念ながら!
        氷河期以後に気候が安定するまで継続的な農耕は不可能で、
        地球物理学的に「超古代文明」はあり得なかったと思うてます。ただ…神代文字にしろ、東津軽三郡史にせよ、「種」本は存在し、何らかの「原型」は存在したかも知れないとも思うております。
        それは「日本中央」と書かれた石碑?が東北にあり、贋作の疑いは尽きないが、「日ノ本」がそもそも東日本の名称であった説があるからです。
        なんで征服した国の国号をヤマトが名乗るのか?
        なんか闇はある気がする。
        ただし私は群馬県の羊太夫(和銅黒谷の最古の銅山開発者の気化人)のJINRY銅板(九州の大名が書いた「武州夜話」による)にしても、キリスト教が古代日本に到達したなどという妄言(構造船でないとマラッカ海峡を越えて来れない!)は否定しています。ありゃあキリシタンが残した遺物が噂になっただけです。それくらい……面白ろがるけどオカルト系には否定的。
        鍼灸師なのに「気」とか信じてませんから!

  4. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    河太郎様

    稲作の伝搬と、韓国の「(用日を内包した)反日」は無関係ではないです。

    稲作の伝搬経路は、大きく分けて『朝鮮半島経由説』『江南説(直接ルート)』『南方経由説』の3説があります。
    このうち、(稲作以外の技術も含めて)『朝鮮半島経由説』に儒学が影響を与えた結果、韓国人の思想として「韓国が兄、日本は弟」という階層化思想が発生したと考えられます。

    これが、「(用日を内包した)反日」の原因の一つと考えています。

    • 河太郎 より:

      あるけむ様。
      あーやはり「そう」なのですか!
      稲作渡来と半島から起源説が、奴らの意味なき反日や、上から目線に関係していると思うていたのです。
      我が国の天皇陛下に対する許しがたい態度といい。
      低流に関係あると思うていました。

      マスメディア反乱軍様。
      ヤマト王権以前に複数の王朝があったらしく、弥生の開始時期も速まるているようです。紀元前になんらかの文明?はあったでしょう。縄文の評価の変化を見ていましても。
      ただ与那国島の海底遺跡とかアレは無しです。あれは自然物。

      • あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

        河太郎様

        参考になりそうな記事を見つけましたので、引用します。長文です。
        (読んでも切れないように注意してくださいね。自分でも腹が立つ内容です)

        ソース)ZAKZAK(夕刊フジ)(ジャーナリスト・室谷克実)
        「【新・悪韓論】韓国は“兄の国” 朝日・木村前社長と韓国・鄭前首相の恐るべき現状認識」2015.03.26
        >「兄事」という言葉を知る日本人がいま、どれほど存在するだろうか。
        >ヤフーの辞書で検索すると「兄に対するように、敬意と親愛の気持ちを
        >もって仕えること」とあった。「兄事」の「事」は、「事大」の「事」と
        >同じ用法、「つかえる」ことだ。
        (中略)
        >朝日新聞の木村伊量前社長は在職当時の2014年10月、日韓言論人
        >フォーラムに出席した韓国人記者たちに「朝鮮半島の影響なしには
        >日本の文化が豊かにならなかったと考える。そのような面で、韓国は
        >日本の兄のようだ」と語ったという(韓国・中央日報、14年10月
        >20日)。まさに「兄事すべき国=韓国」を語っているのだ。
        >それに呼応するかのように、韓国の鄭●(=火へんに共)原(チョン・
        >ホンウォン)首相は吹いた。
        >「法律の構造や制度の場合、日本が私たちに習いにきて“兄の国”と
        >呼ぶほどであり、多方面で私たちが日本に先んじている」(韓国・
        >国民日報、15年1月10日)
        (中略)
        >しかし、この首相発言は現在形なのだ。
        >素直に読めば読むほどに、今でも韓国は多方面で日本に先んじている
        >“兄の国”だと言っているのだから、恐ろしい現状認識だ。
        > 鄭氏の現状認識に従えば、われわれ倭奴(=日本人に対する蔑称)は、
        >今日も当然のこととして、韓国に「兄事」すべきなのだ。ところが
        >「兄事」しないから、「けしからん」となるのだろう。
        (以下略)

        あと、儒教の影響については、Wikipediaの項目「韓国起源説」が分かりやすいと思います。抜粋します。
        >歴代王朝の多くは中国歴代王朝による冊封を受け(中国朝鮮関係史参照)、
        >朝鮮半島では中華文化に対して卑屈なまでに尊ぶ事大主義と、自らを
        >中華の一部と見做して「劣等な周辺諸国」に対して優越すると信じる
        >小中華思想の時代が長く続いた。
        (中略)
        >近代に至り、宗主国である清が日本に日清戦争によって敗れると
        >小中華思想は現実面で立ち行かなくなる。小中華思想の上では劣等で
        >なければならない日本によって併合・近代化され、日本文化が大量に
        >流入すると、日本に対する劣等感や反日感情が広がった。
        (中略)
        >このような小中華思想に儒教思想や民族主義が加わることによって
        >「優越な長男の中国と次男の韓国(朝鮮)、劣等な三男の日本」
        >「優越な母の韓国と劣等な捨て子の日本」という認識が発生し
        (以下略)

  5. 河太郎 より:

    あるけむ様のブレーキが無ければぶちギレしそうな反吐の出るアレコレすね。だいたい最初からケツまで「根拠が一つもない」のですよ。
    単なる「主観」だけ!
    まぁ主観はどの人にもあるので、頭のおかしな奴らにもあるのでしょうが。
    この根拠がない点が奴らの特徴ですかね?
    なるほど…歴史戦が近代史だけでは収まらない事が良く理解できました。

    • 河太郎 より:

      あるけむ様。
      貴殿との出会いはカトリックであった私とのケンカ(俺が売っただけ!)
      なのご存知ですよね?
      今は日本人として神道へ改宗してますが。(日本会議系です)
      そのような俺が言うのはアレすが…
      「南小中華」って「カルト国家」なのでないですか??
      南も北もアレですからねぇ……
      信仰者として言いたくはないが、
      「宗教相手に理を説いてもムダ」ですね。つくづく感じた。
      貴殿もますます反乱軍様も木霊様も「ロマン」は持たれるが、妄言は相手にしませんでしょう??
      国ぐるみ「カルト」なのですかね?
      私は気化人や在日に知人がおるので、あまり荒立てたくはないが、
      国ぐるみカルトならば、やはり痛い目に合わせて反省させるべきでは?
      日本人は寛容な民族ですが、バカは殴らないと解らない!!
      何より祖国を売る奴らは絶対に許せん!!
      なんだよ、この「倭奴」とか勝手に祖国の同朋を「奴」などと言う野郎は売国奴!!
      シナですら「リーベン=日本」をワードとして認めている!!
      倭奴??
      祖国と同朋をなめてやがるのか売国奴が!!
      戦前ならば不敬罪で死刑だ!!
      本当に腹が立つ。死刑刺激死刑死刑

      • 河太郎 より:

        はいはい、孔子は朝鮮族で、
        電子レンジも飛行機も半島が発明したのですよね?
        携帯はサムスンが発明したと。
        解りました。
        勝手にシナや北の奴隷になって下さい。私ら倭奴は「別な道」
        を歩きますので。
        今後は我が祖国に関わらないで下さい。もう、反吐が出るのですよ。貴殿ら半島に関わるのは。

    • まり より:

      リンゴは、新機種より、
      韓国の有機ELを取止め、
      中国BOE社製造品を採用
      する方向性との話し有り。