タンザニア大統領、支那の港湾計画を批判して停止

支那

ちょっと面白かったので、記事だけ紹介しておきたい。

タンザニア大統領、一帯一路1兆円港湾計画を停止「狂った人にしか受け入れられない条件」

2019年06月29日 11時25分

東アフリカの国タンザニアは、国の財政状況を理由に、中国共産党主導の1兆円規模の港湾建設計画を中止した。インド洋に面したバガモヨに建設するこの大型新港は、アフリカの物流に関わる一帯一路計画の一つだった。

「大紀元」より

ソースが大紀元というところに不安が残るのだが、まあ、実際におかしな条件が提示されたらしい。

タンザニアは支那に侵略される

外相会談は融和的に

さて、先日、タンザニアと支那は外相会談をやっている。

王外交部長、タンザニア外相と会談

2019-06-24 17:12

王毅国務委員兼外交部長は24日、北京で、タンザニアのカブディ外相と会談しました。

 王外交部長は「中国は一貫して、戦略的高度と長期的な視野をもってタンザニアとの関係を推進している。タンザニアと共にハイレベルの往来を保ち、国政運営の経験について交流し、国際問題と地域問題における意思疎通と協調を密接にしていく。また、『一帯一路』共同建設と中国アフリカ協力フォーラム北京サミットの成果実行を契機に、戦略的連係を強化し、協力の潜在力を発掘して、各分野での実務協力がより多くの成果を収められるよう推進していきたい」と述べました。

「CRI online」より

この報道ではタンザニアは支那の「一帯一路構想」に賛同し、関係を強化するような印象を受ける。

しかし、タンザニアの大統領はかなり癖のある人物のようで。

タンザニア大統領 「難民危機を利用して稼げ」 閣僚にハッパ

2019年1月6日 12:27

【1月6日 AFP】アフリカ東部タンザニアのジョン・マグフリ(John Magufuli)大統領は4日、閣僚らを前に演説し、難民危機を「利用」し国際援助団体に食糧を売って稼ぐよう求めた。NGO「ノルウェー難民評議会(NRC)」によると、タンザニア国内にはブルンジやコンゴ民主共和国などから逃れてきた難民が約30万人が存在し、その大多数は北西部にある3つの難民キャンプで生活している。

~~略~~

 唐突な発言で物議を醸すことで知られてきたマグフリ氏だが、国内で汚職撲滅に取り組み、国際社会から一目を置かれた。だが、その一方で、国際援助団体などはマグフリ氏が人権侵害を行っていると懸念を示し、批評家らも、マグフリ氏は2015年に大統領に就任してから厳しい取り締まりを開始し、野党やメディア、同性愛者らを弾圧していると批判している。

「AFP」より

リップサービス的な事を言っちゃう人みたいなので、冒頭のニュースもどれだけ信用に足る話かは分からない。

支那から巨額の投資が行われるアフリカ

地理的条件的に、タンザニアは支那にとっても都合が良い場所である。

ソマリアは国の状況がイマイチ不安定であるし、イギリスの影響が色濃い上に、経済的に疲弊しているモザンピークより、タンザニアという国は支那との親和性が高いという点を踏まえても、支那にとって都合が良かったようだ。支那はケニアにも大きな影響を及ぼしているみたいだけどね。

だからこそ、一帯一路政策を支援するという意思表示はモザンピークにも金寄越せ、という意思表示だったワケだが、しかし、それが現実的になってきたら、契約を見て「それ無理」とお断りをした流れだな。

“中国化”するアフリカ 習近平の“一帯一路”はいま - NHK クローズアップ現代+
2018年4月10日(火)放送。3月に国家主席に再選された習近平国家主席。圧倒的権力を掌握し、2期目となるむこう5年間、中国を率いることになった。その習近平国家主席が力を入れているのが、中国とアフリカ、ヨーロッパをつなぐ巨大経済圏構想「一帯一路」の実現だ。いま中国はアフリカへの進出を加速させ、現地での影響力を急速に拡大...
ケニア:一帯一路で総額5億9000万ドルのプロジェクト2件に合意 | KSM

日本も今すぐ投資すべき!? 中国が急接近するタンザニアの底力

2017.5.8 4:50

 中国はアフリカ諸国に対し、多額の経済援助を行っています。なぜでしょうか?本日は中国の対アフリカ戦略と、その中で台頭してきたタンザニアに注目します。

 中国のアフリカへの経済援助は、想像以上に「昔から」行われていて、近年さらに援助額を増やしています。しかし、まだまだ先進国と比較すると額は少ないと言えます。1956年以降の中国のアフリカへの経済援助額は440億人民元(1元は約16円)。日本の約半分の金額です。

「Diamond online」より

んで、タンザニアに支那からの資金が投入されるという話が出ていたのだけれども、ここのところ支那はお金がない。

この新港は、習近平中国主席が5年前、タンザニアを訪問した際、同行した中国の大手国有企業グループ・招商局集団の傅育寧会長とムギムワ財務相が合意した計画。中国側は、港湾までの周辺道路のインフラ建設も担当する内容だった。しかし、当時のジャカヤ・キクウェテ大統領が2015年11月に退任後、後任のジョン・マグフリ大統領は同計画を重点プロジェクトから外した。

ジョン・マグフリ大統領はこのほど、現地メディアの取材に対して、同計画を強く非難した。資金調達と引き換えに中国から「搾取的で不合理な」内容を提示され、中国金融機関が「狂った人間にしか受け入れられないような厳しい条件」を設定したという。

「中国側は33年の抵当権と99年のリース権を求めてきた。港が稼働後、投資者の選定に私たちは干渉することができない。彼らは、この土地を自分のものにしようとしている。さらに、私たちは港湾の工事費を負担しなければならない」と大統領は述べた。

「大紀元」より

あー、また99年リース権なんだ。

支那はどこでもこれをやるんだねぇ……。

その他にも抵当権が33年、更に港湾の工事費をタンザニア側が出すという……。いやいや、タンザニアに港を作るんだから、工事費を負担するのは当然なんだけれども、支那の場合、あっという間に支那人街を作って、土地を奪うスタイルだ。

まあ、喰えない人物だと言われれるタンザニアの大統領だが、真っ当な話じゃ無いんですかねぇ。多分、相当、個人に対しても金は渡っていると思うけれども。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    アフリカ諸国はもちろんですがイタリアまで一帯一路に取り込まれちゃってますもんねェ~。

    何故。スリランカの悲劇を反面教師としないのか僕には不思議でなりません。
    要は日本を含めた西洋諸国がアフリカに冷たいっていう反動でもあるのかなァ~?

    それでも支那の植民地になり待ち受ける圧制に苦しむより。国政を何とか安定させ自由主義社会の一員になる努力を地道に積み上げるのが、遠回りなようで近道だと素人考えですが思うんですよ。

    • 匿名 より:

      イタリアのポピュリズム政権に世界を見る視野はありません。

      • 木霊 より:

        イタリアの首相はジュゼッペ・コンテ氏でしたっけ。
        五つ星運動を掲げて当選して、年金受給開始年齢を引き下げたり、ベーシックインカムを導入しようとしたりと、なかなかの傑物のようですね。
        上手く回っているうちは良いんじゃないでしょうか。(苦笑

    • 木霊 より:

      一帯一路構想というのは日本にとって危険な構想ではありますが、巻き込まれる国々にとっては、良い面と悪い面を併せ持つ政策であると思います。
      支那から上手く技術と資金を引き出すことが出来れば、国内のインフラを強化する助けになるのですから。
      ただ、相手が支那なので、結局リスクの方が大きくなってしまうのですけれどね。