香港のデモ、法案審議延期も収束ならず

アジアニュース

この問題は先日も取り上げたのだが、事態の収拾どころか更なる炎上の様相となってきている。

簡単に説明すると、香港の議会が「支那本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案」を出してしまったのだけれど、これに市民が反発してデモに発展したという話。

スポンサーリンク

議会は改正案の審議を延期

支那のいうことには屈する!

騒ぎが大きくなってきて、デモ隊の規模は200万人にも上ると言う報道もあるのだけれども、流石にそれで議会が青くなったようだ。

香港政府、逃亡犯条例の改正を中断 「説明不足」認め

2019年06月15日

刑事事件の容疑者を香港から中国本土へ引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案について、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は15日、記者会見を開き、立法会(議会)での審議を中断すると発表した。条例改正案には香港市民から激しい批判が噴出し、大規模な抗議行動が続いていた。

林鄭氏はこれまで大規模な抗議行動を受けても、香港の法治改善のために改正案の審議を続けると強硬姿勢を示していた。しかし、この日の記者会見では、「我々の作業に問題があったことに加え、そのほか様々な要因が重なり、相当の物議を醸してしまったことに、深い悲しみと遺憾の意を覚える」と述べた。

「BBCニュース」より

議会が市民達のデモに屈したという点は、なかなか面白い展開になったように思うのだが、しかし、改正案の審議は延期しただけであるし、「冷却期間」を設けて誤魔化すつもりだと、その様に説明しただけだ。

林鄭長官は、「香港にとって最大の利益」が自分の目的で、そのためにはまず平穏と秩序の回復が必要だと述べた。

長官はさらに、年末までに改正案を可決させなくてはという切迫感は、「もはや存在しないかもしれない」と述べた。「次の一歩」へ向かうとしたものの、具体的な期日は示していない。

「BBCニュース」より

そりゃ、デモ隊はこんな話しに誤魔化されるわけには行かないだろう。

デモは更に盛り上がり

で、200万人規模のデモに発展したということらしい。

香港“撤回”求め200万人規模デモ 政府トップ陳謝も撤回せず

6/17(月) 6:21配信

中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正をめぐり、香港で16日、「完全な撤回」を求める200万人規模のデモが行われた。

16日のデモには、主催者の発表で、香港返還以降最大となる200万人近い市民が参加し、議会周辺の道路を一時占拠するなどした。

「FNNニュース」より

日本の場合「主催者発表」というのは全く信用できないのだが、どうやら香港の警察は発表の数は特定のエリアだけカウントした、というような事を認めたこともあり、警察側の発表は30万人程度だという話になっていたが、どちらを信用できるかは判断しやすいだろう。

少なからず警察側の発表数はデモの規模を過小評価しているということだ。

支那も取り敢えずは香港の決定を支持すると発表

こうした話に対して支那の共産党はどういう判断をしているかというとこちら。

中国外務省も同日、香港政府の決定を支持すると談話を発表した。

耿爽副報道局長は談話で、「中央人民政府は(香港)政府の決定を支持し、尊重し、理解する」と表明した。さらに、香港情勢が国際的に議論されている状況をふまえて、「(香港)情勢は純粋に中国の国内情勢であり、いかなる国や組織や個人からの干渉も受け入れない」と強調した。

「BBCニュース」より

取り敢えずは香港政府の判断を支持すると言うような発言をしているが、一方で、「これは国内問題だから外国は口を出すな」と高圧的な主張を行っている。

暗に、香港側に「オマエラ分かっているよな」と圧力をかけたも同然である。

香港で200万人デモ、条例改正案完全撤回求め-行政長官は陳謝

2019年6月17日 2:58 JST 更新日時 2019年6月17日 7:29 JST

香港では16日、「逃亡犯条例」改正案の完全撤回や林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の辞任を求めて200万人もの住民が抗議デモに参加し、主要道路や脇道を埋め尽くした。同長官は前日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案の審議を停止したが、市民の怒りは収まっていない。中国の権威主義から香港を辛うじて守ってきた自治権がこの条例改正で脅かされると、反対派は主張している。

~~略~~

先週のデモについて主催者は100万人が参加したと発表したが、警察は24万人だったと発表。主催者によると、今週のデモには香港の住人750万人のうち4人に1人余りが参加した。警察はデモ参加者を33万8000人と発表したが、ピーク時の主なルートだけで、脇道を計算に入れていないことを認めた。

「Bloomberg」より

習近平氏はかなり追い詰められているという事なんだろうか。

そもそも香港に圧力をかけたのが悪手で、今回の騒ぎに至るような法改正案を議会に提出させるべきでは無かったのである。

支那の苦しい所は、民主化の動きがあることで習近平氏の立場が危うくなりつつあることなのだ。

かつて、香港は支那にとっては打ち出の小槌のような存在であった。ところが、今やその地位は深圳に取って代わられ、相対的に香港を一国二制度のまま維持するメリットが薄くなった。

そして、民主主義に近い制度が維持されて、「自由な空気」を垂れ流される方が、支那共産党にとってはデメリットとなった。だから、一気に支那に取り込もうと「急いでしまった」という話になる。

ただ、これに屈して香港に提出した法案を取り下げさせると、習近平氏のメンツは丸つぶれである。そこは絶対後に引けないのだろうね。

これを機に動き出すアメリカ

でも絶対裏で工作しているよね

正直、コレに関してアメリカは「クロ」だろう。

米ポンペオ国務長官 習近平氏に香港問題提起へ

6月17日(月

アメリカのポンペオ国務長官はフォックステレビのインタビューで、トランプ大統領が中国の習近平国家主席に対し、香港で起きた大規模デモの問題を提起するとの見通しを示しました。トランプ氏は今月下旬に大阪で開催されるG20=20の国と地域の首脳会議で習近平氏に対し、香港における人権問題について提起するということです。

「モーサチ」より

公式にはポンペイオ氏が圧力をかけるような発言をしているようだが、「G20は楽しみにしているぜ」って、なかなかの脅し文句だな。

もちろん、アメリカは香港では無くチベットやウイグルに関して口出しする予定だったらしく、そこに更にカード追加という状況だ。ウイグルやチベットに比べて、香港の方が経済的な結びつきが強い国が多いと言うのも、G20で提言し易いカードとなって、支那にとって嬉しく無い事態だが、いってみればそれ故に香港は審議停止する決定をしたと言っても良いだろう。

何故このタイミングでこんな法案を出しちゃったかは、習近平氏の追い詰められ具合を示していると言って良いのだが、もともと習近平氏が追い詰められている原因を作っているのはアメリカなのだ。

アメリカにとって、この展開は嬉しいだろうし、口を出さないわけが無い。興味深い展開だね。

コメント

  1. あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

    この件は、ウイグル→香港→台湾 と中共による同様な支配が連鎖するという連想が働き、それは、先島諸島→沖縄本島→九州あたり?まで伸びてくるという可能性が想定されます。

    なので、人ごとではないと考えます。

    アメリカが動いているのは、米中貿易戦争の一環に見えますが、中国共産党潰しではないかという説もありますね。

    • 木霊 より:

      アメリカと支那の「貿易戦争」は表面的には貿易ですが、その実、国益を守る為のガチの潰し合いで、何処かで折り合うというのはなかなか難しいと思います。
      支那は利益も重んじていますがメンツをより重んじますから、なかなか折れることが出来ないというのも実情のようですけどね。
      僕も共産党潰し、少なくとも習近平独裁体制を潰そうと考えていると思いますよ。

      この件もあって、アメリカがイランの方に本気になる可能性は低いと見ていたのですが、イラクの方はイギリスが動き始めたので一気にきな臭くなり始めましたね。
      あれ、どうするんでしょうかねぇ。

  2. マスメディア反乱軍 より:

    >習近平氏はかなり追い詰められているという事なんだろうか。
    >そもそも香港に圧力をかけたのが悪手で、今回の騒ぎに至るような法改正案を議会に提出させるべきでは無かったのである。
    >支那の苦しい所は、民主化の動きがあることで習近平氏の立場が危うくなりつつあることなのだ。

    少なくとも「皇帝」を目指すキンペー君の野望と勢いを止め、反体制派による権力闘争の巻き返しになるかもですが、もしそうなっても所詮コップの中の嵐ですから、このチャンスに共産党独裁そのものに何らかの楔を打ち込めるかに注目です。

    >公式にはポンペイオ氏が圧力をかけるような発言をしているようだが、「G20は楽しみにしているぜ」って、なかなかの脅し文句だな。
    >僕も共産党潰し、少なくとも習近平独裁体制を潰そうと考えていると思いますよ。

    結局、キンペー君にとっては最悪のシナリオとなり、アメリカの思うツボにハマったって事かな?
    G20はウイグル・チベットを含め人権問題で白熱し、キンペー君をもっと追い詰めて欲しいですねェ~。

    議長国の安倍ちゃんは大変でしょうけど、変にブレず日本国らしく王道で対応して下さいよ!!

    • 木霊 より:

      情勢を読むのは難しいのですが、現状だと習近平氏が焦っちゃった感は高いですね。
      G20に向けて色々な駆け引きが行われそうですよ。