厚労省の韓国産ヒラメの検査強化は報復ではない

日本ニュース

馬鹿なことを言ってるんじゃないよ。

厚労省、韓国産ヒラメの検査強化=水産物禁輸に対抗か

2019年05月30日12時11分

厚生労働省は30日、韓国から輸入するヒラメなどのモニタリング検査を6月1日から強化すると発表した。同省は、食中毒が増える夏を前にした「国民の健康保護」を理由にしているが、韓国は東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物を禁輸しており、事実上の対抗措置となりそうだ。

「時事通信」より

誰が韓国産のヒラメなんて食べたいと思うんだよ。

寄生虫がわんさか

韓国の食品は危ない

韓国における食品衛生の概念は極めて希薄である。

前のブログではいくつか記事にしたのだけれど、あまりに気持ち悪いので言及するのをやめてしまった。そこまで凄いのである。

韓国産ひらめ「寄生虫クドア」の食中毒増加で輸入規制へ

2019年5月30日 18:34

本格的な食中毒シーズンを前に、厚生労働省は30日、寄生虫のクドアによる食中毒が頻発している韓国産ひらめなどの輸入水産物に対して、モニタリング検査を強化すると発表した。韓国は東京電力福島第1原発事故後、福島など8県産の水産物の輸入禁止を続けていることから、事実上の対抗措置だと指摘する声もある。

「exciteニュース」より

件のヒラメ、韓国から輸入している代物でも寄生虫のクドアがわんさかいる。

日本でこの寄生虫がいないか?というとそういう訳でもないのだが、農水省や水産庁がこのクドアに対する予防措置や規制防止の取り組みを積極的にしている。また、食材の管理方法や調理方法によって無毒化することができるので、そうした取り組みをしている。

クドアによる食中毒について

しかしまあ、韓国の問題はヒラメだけじゃないんだよね。

また、昨年にはウニのむき身による腸炎ビブリオ食中毒も発生したことから、生食用のウニやアカガイ、タイラギガイ、トリガイについてもモニタリング検査を強化する方針だ。

「exciteニュース」より

海産物はかなりの確率でヤバイ。

海洋汚染国家韓国

そもそも、こうした韓国に対する対策を講じているのは、何も日本だけではない。

韓国からの輸入食品の違反事例 大腸菌検出が目立つ理由

2019/2/2(土) 16:00配信

韓国では食の安全を脅かすニュースが続いている。2017年8月、韓国の養鶏場の卵から、世界的に使用が禁止されている危険な殺虫剤成分が検出され、韓国内外に衝撃を与えた。2018年9月には、チョコレートケーキからサルモネラ菌が検出され2000人以上に食中毒の疑いがあると発表され、同年11月には、アイスクリームから鉄の塊が出て騒動となった。

「Yahoo!ニュース」より

日本の常識では考えられないような話なのだが、韓国ではアリだ。

実際、米食品医薬品局(FDA)は2012年に、糞尿の海洋投棄が食中毒を引き起こす可能性があるとして、韓国産のかき、ムール貝、帆立など貝類の販売を禁じ、加工処理が施されている缶詰も「食用として適切ではない」として、販売禁止の対象とした。そんな中、2017年4月、韓国の定期旅客船が、船内で発生した糞尿約2トンを済州島付近の海洋に投棄して大問題に。決して対策が施されているとはいえない。

「Yahoo!ニュース」より

だからこそ、アメリカのFDAは韓国の海産物に関して販売禁止の対象としている。

糞尿汚染水域で採取された韓国産貝類缶詰、米FDAがNO通告
 輸入食品の安全性といえば、これまでは中国産食品の問題ばかりが取り沙汰されてきたが、見逃してはいけないのが韓国産食品である。韓国からの輸入食品は至る所で見かけるが、それに伴い、さ…

ところで、その理由に「海洋投棄」という話があるのだが、世界的には海洋投棄条約(ロンドン条約:1972年)なる条約で「海洋投棄はやめようね」という話になっている。

韓国「廃棄物の海洋投機国」、一番遅く卒業

2015年12月28日14時38分

来年からは、韓国が陸上廃棄物を海に捨てるという不名誉から脱することになった。陸地から出た廃棄物を海に捨てることが来年1月1日から全面禁止される。韓国は海洋投機防止協約であるロンドン協約に加入した87カ国中の1つだ。日本が2007年に中断し、中国もすでに海洋投機を中断したが、韓国は今年まで廃棄物を海に捨てていた国としては加入国中で唯一だった。

「中央日報」より

これが2015年の中央日報の記事だが、2016年1月1日からようやく「全面禁止」になるというのである。

韓国の旅客船、済州島近海にふん尿2トンをこっそり捨てる=韓国ネット「この国はどうかしてる」「国民がノロウイルスで苦しむわけだ」

2017年4月11日 14時30分

2017年4月10日、韓国南部のリゾート島としても知られる済州島(チェジュド)を発着する定期旅客船が、船内で発生したふん尿を海に違法に捨てたとして摘発された。韓国・ニューシスなどが伝えた。

「Livedoor NEWS」より

ところが、これまでの習慣がそう簡単にやめられるはずもなく。旅客船が海洋投棄して摘発されたとしてニュースになったのだが、こんなものは氷山の一角である。

韓国の「船舶からの汚染防止に関する規則」によると、船舶で発生した汚水(ふん尿)は、ふん尿処理装置や摩砕消毒装置などの「ふん尿汚染防止設備」を利用して処理するか、この設備で処理を行わない場合、領海基線から12カイリ(約22キロ)を超えた地点において一定速度以上で航行しながら排出するよう定められている。今回、問題の船が不法投棄した範囲は領海基線から12カイリ以内とみられている。

「Livedoor NEWS」より

何しろ、未だに捨てていいというルールになっていて、今回は捨てた場所が悪かったという話になっているのである。

オイオイ、「卒業」はどうなったんだよ!!!

そしてごみを輸出

日本も笑い事ではないのだが、プラスチックが支那に輸出できなくなって別の国に出しているという状況である。だが、韓国は一味違った。

フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

2018年12月17日(月)18時00分

フィリピン国民の間で反韓国、嫌韓国の感情が高まりをみせている。韓国から輸入された「再生可能なプラスチックごみ」のはずが、実は「再生不能の産業廃棄物」で、しかも約6500トンという大量のゴミだったからだ。韓国の送り業者がはっきりしない中、行き場を失ったハングルのかかれた大量のゴミは集積所などで悪臭を放ち、蚊やハエを発生させ、周辺住民に深刻な影響を与え始める環境問題に発展している。

~~略~~

ところがコンテナを開封したフィリピンの業者は中身が書類上のものとまったく異なることに仰天した。積み荷は輸入禁止の再生不可能な産業廃棄物や木材、洗濯機などの電化製品といった単なる「ごみ」で、輸入業者は「契約と異なる」として税関当局に被害を訴えた。

「Newsweek」より

まあひどい。

タコやカニから重金属

こちらは少し古い話なのだが、韓国の場合、「海になら何でも捨てていい」と、そんなふうに考えているのだろう。

【新・悪韓論】毒物海洋投棄大国・韓国 ズワイガニやタコから重金属検出

2014.04.17

韓国が、廃棄物の海洋投棄を禁止するロンドン条約に加盟したのは1993年のことだ。以来21年、韓国は依然として、家畜の糞尿や、重金属を含む産業廃棄物の海洋投棄を続けている。条約には違反国への制裁措置が盛られていないとはいえ、これは人類共通財産である海洋に対する重大な犯罪だ。

~~略~~

 船舶を利用した海洋投棄の他にも、毒物を濾過(ろか)しないまま下水道や河川・海に垂れ流すことも、当たり前の範疇(はんちゅう)に入る。

 12年11月には、環境省が汚水を排出する全国4万7000社から60社を選んで実態調査をしたところ、44社からフェノール、ヒ素、ベンゼン、銅、シアン、クロムなどの「特定有害物質」が検出された。

「Zakzak」より

時期的には韓国国内で全面禁止される前の話なのではあるが、近年までこんな状況だったのであるから、止めたらすぐに海が綺麗になるとか、そんなわけもない。

もちろん、海洋投棄が全面的にだめなのか?という話となると、またおかしな話になるのだが、しかし、プラスチックや重金属など、明らかに環境負荷の高いものを平気で垂れ流す神経は分からない。

日本国民を守るためにも規制強化を

実は過去に条件緩和

まずは今度の報道に関する話を引用しておこう。

平成31年度輸入食品等モニタリング計画の改正について

(韓国産ヒラメ等に係る衛生対策の確保) 夏の食中毒シーズンの到来にあたり、6 月より、寄生虫のクドアによる食中毒が継続して発生している韓国産ヒラメなどを対象とする輸入鮮魚介類の検査を全国の検疫所で強化するため、本日、「平成31年度輸入食品等モニタリング計画」を改正したのでお知らせします。

全体はこちらを一読いただきたい。

平成31 年度輸入食品等モニタリング計画の改正について(韓国産ヒラメ等に係る衛生対策の確保)について紹介しています。

こんな感じで韓国産を対象としているのだが、それには理由があったという話は上でも説明した。とにかく危険性が高いから、検査すると、それだけの話で、これが「報復」とか言うのはちょっとおかしい。

日本政府が韓国産ヒラメの精密検査を免除、韓国は輸出拡大に期待

2011年10月4日 14時18分

 韓国農林水産検疫検査本部は4日、日本政府が韓国産ヒラメに実施してきた精密検査を、9月22日から全面的に免除したと明かした。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国で採れたヒラメは日本に輸出される際、精密検査が行われていたが、通関に時間がかかり検査待機費用が発生していた。パク・ヨンホ本部長は、輸出業界の負担が大きいことから日本政府と話し合いを続け、検査緩和措置の合意に至ったと説明した。

「livedoor NEWS」より

以前にはやっていたのだから、影響が残っている状況では検査を続けるべきである。何しろ、原因は取り除けてはおらず、実際に被害者がいるのだから。

そして、韓国を特別視して甘い顔をしていたが、いい加減そうしたおかしな姿勢を改めるということだろう。

コメント

  1. みみこ より:

    これは、安倍さんが言っていた「韓国への特例はなくなる」の一つなんでしょうね。
    最大の特例である「特別永住」がなくなるまでがんばって欲しいです。

    • 木霊木霊 より:

      「特別永住」に関しては、見直しをする話も幾つかあがっていますが、現状、減る傾向にあるので、そのまま視線消滅を待つというのが政府の方針なんじゃないでしょうかね。
      ただ、「帰化」の要件が年々緩和されているようなので、そちらは懸念材料です。
      特別永住者を減らすためには帰化させれば良いという判断の様ですが……、おかしいですよね、そんなのは。

  2. とくめい より:

    このニュースだけみると制裁のように見えなくもないですが、全然そんなことないんですよねぇ

    食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令の実施について(薬生食輸発0329第1号)
    ttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000201715_00002.html

    ヒラメの件を含む全体サマリーになりますが、一部業者の加工ヒラメなどは検査免除が出てますし、その他食品類も同様。
    支那で検査対象業者も出てますし、逆に免除業者も出てる。タイミング的にアレコレが影響した可能性は否定しませんが、これだけ見てるとただの偶然とも思えます。

    まぁ、かのお国の食品は可能な限り手に取らないのが正解だとは思いますが。
    カット野菜などの加工食品でも個別に産地を出してるものもあるので、そういうのを選ぶのが正解ですね。
    冷凍食品や外食時にはどうしようもないですが。

    • 音楽大好き より:

      今晩は

      近所の居酒屋(大学の近く、学生相手。安い、不味くはない)でサラダを注文すると、パプリカが入ってるんですよ。韓国産だよね、きっと。毎日飲みに行くわけではないし、パプリカ山盛りではないし、最低限の安全基準は満たしているんだろうし、今のところ死んじゃいないし・・・でも、不安ですよね。それを言うと○○や○○は○国産だろうし、自分で調理するにしても材料の安全性は店頭の表示を信じるしかないし、国内にも危なそうな業者はいっぱいいるわけで・・・で、飢死するわけにはいかないんですよね。困ったもんだ。

      • あるけむ(R.K.M)@fwbc1965_3 より:

        音楽大好き様

        あるけむと申します。よろしくお願いします。

        自分の勤務先は食品を扱っています(小売ではありません)。
        扱っている「赤パプリカ」「黄パプリカ」は、ほとんど韓国産ですね(まれにオランダ産が入ることもあります)
        なので、個人的に、パプリカは食べないようにしてます。
        なお「ピーマン」は、ほぼ国産なので、農業振興のためにも食べていただきたいです。

      • マスメディア反乱軍 より:

        あるけむさん、パプリカは無頓着に買うとヤバいのですね。

        南朝鮮産は生モノはもとよりキムチ(国産で美味しいのが沢山あります)・韓国海苔(元々好きじゃない)もご法度で、これは支那産の食材も同じ扱いにしています。

        料理が好きなんで(時々です)、あのかすかな甘味はイタリアン料理に結構使うのですが、僕は農協系で購入するようにしています。(地元生産者が明示されているので、ほぼ無意識に購入)

        でも、これからは万が一を考え念を入れて出産国をチェックします。

        >なお「ピーマン」は、ほぼ国産なので、農業振興のためにも食べていただきたいです。

        我が家では定番で常備している食材、子供達も小さい頃から普通に食べさせていたからでしょう、2歳の孫も大好きですよ~!!(微笑)

    • 木霊木霊 より:

      外食の際に避けられないのは仕方がない面がありますが、冷凍食品に関しては何とか改善して欲しいものです。
      最近は、原料についての原産地表示がなされるようになっていますが、少量混じる程度のものは記載されないんですよね。
      そこまで気にする必要が無いと言われればそうかも知れませんが、食品全体に対する割合次第では、ちょっとね。

  3. 外食だと避けられないんだよ。 より:

    検査員が足りていないんですよ。中国産のもどう見ても駄目なのに検査出来ずに出荷されてしまうのを黙認しているけどなにしろ中国の検査で手一杯。
    韓国も駄目なんだけど人員不足。多分、韓国に配慮して後回ししてきた。
    検査委員資格が大学の関連学部卒ってなっているんだけど、そんな難しい事していなくて現場にバイトみたいな人もいるくらいだし、厚労省は資格のハードル下げた方がいいと思う。
    公衆衛生関連の資格か食品衛生系で管理資格なら採用すればいいのに。
    そもそもマニュアル検査だし下手に偏った知識がある人より結果に厳格に対処する人の方が向いているんだし。
    公務員を安売りしたくないただのメンツのために国民の安全が脅かされているって事を認識してほしいですね。そんなフィルターより外国系日本人が検査現場に入り込まないようにする方が大事だと思うんだけど。

    • 音楽大好き より:

      「外食だと避けられないんだよ様」、今晩は。

      そっ、そっ、そーなんですね。それじゃぁ、「最低限の安全基準は満たしている」と思っていた私はノウテンキな愚か者という事になりますね。
      それにしても、【どの程度】安全なのか危険なのかを書いたサイトって、あるんでしょうか。まだまともには探していないんですが。
      「輸入食品は何がなんでも危険」とは思わないし、「生産国の国民が絶滅してないから安全」とも思いませんけど、客観的な情報が欲しいですね。
      ・・・でもねぇ、何とかが○○ppmとかを羅列されても読解力がないし、単一の有害物質じゃないし・・・とりあえずは「安い寿司は食べない」「パプリカはお残し」「できるだけ自分で調理」くらいかなぁ。

      木霊様、ヒラメがパプリカに化けて、輸入食品の安全性に拡大してしまいました。オフ・トピックの口火をきってしまいました・・・すみません・・・
      でも、これ、ネタになるかもしれませんね。

    • 木霊木霊 より:

      検査の現場の話しに関しては、寡聞にして知りませんでした。
      ありがとうございました。
      そして、外国人がそうした現場に入る可能性というのも余り考えてはいませんでした。
      ハードルを下げれば色々問題が出ますし、維持しても人が足りないと。自動化できれば良いんですけれどね。