トヨタ、イマドキ支那に出資する愚

支那

トヨタに限らないんだけれども、本日はトヨタさんに槍玉にあがって頂こう。

……むしろヤワラカ銀行に犠牲になって貰った方が良いかも知れないけれど、それは後回しにしておきたい。

スポンサーリンク

トヨタは次の手に悩む

電気自動車かハイブリッドか

ココで技術の話をすると難しくなっちゃうのだが、少しだけ。

トヨタ自動車に限らず、日本の自動車会社がガソリンエンジンの車を作って世界的な勢力を拡大する中で、ヨーロッパが目指したのはディーゼルエンジンだった。法律でディーゼルエンジンを優遇したのだけれど、結果的には大気汚染を加速しちゃった。実はディーゼルエンジンは、二酸化炭素の発生量という意味ではガソリンエンジンよりも排出量が少ないのだが、PMや窒素酸化物の排出が多い。

日本のメーカーはディーゼルエンジンに強くはなく、特にトヨタはエンジン開発を苦手としていたので、ハイブリッドの開発に舵を切ることにした。

本当は、トヨタの中で電気自動車を作ろうという話もあったのだが、トヨタはハイブリッドを選択した。理由は、電気自動車の選択は、自動車産業が自分でクビを締めるのと同義だったからだ。

トヨタにはもう1つ懸念があった。今なおそうだが、二次電池技術のブレイクスルーがない限り、電気自動車では役に立たないし、インフラも足を引っ張るだろうという事がハッキリしていたからだ。

電気自動車は鬼門なのに各国の自動車業界は開発を進める

トヨタが特に電気自動車を嫌う理由は、エンジンの部品点数の問題で、自動車産業を支える業界をそこそこ生かすためにはエンジンを止められないからである。

部品点数的には更に増えるハイブリッドの方が、業界的には嬉しいのだ。

もう一つ電気自動車には問題がある。それは、電気自動車を作ると、制御がメインの産業となり、電子部品にしてもソフトウェアにしても手が出せない。

言ってみれば、NECや富士通などのような運命を辿りたくはないという風に思っているのだろう。

ただ、一方でまったく無視というわけにも行かないので、トヨタも燃料電池車や電気自動車の開発はやっているし、様々なトライも進めている。

ソフトウェアにも手を出す

そういう意味では、ソフトバンクのような変化球ばかり投げる巨大会社と手を組もうとしたり、支那のアプリ会社と手を組もうとするのも、将来に備えた行動と言えるかもしれない。

トヨタ、中国配車大手に出資=滴滴とライドシェア協力拡大

5/29(水) 11:12配信

 トヨタ自動車が、中国の配車アプリ最大手、滴滴出行に出資し、ライドシェア(相乗り)事業で協力拡大を検討していることが29日、分かった。両社で中国に合弁会社を設立し、滴滴のサービスを使う運転手に車両をリースする。出資総額は600億円規模の見通し。世界最大の自動車大国・中国で新事業の基盤を強化する。

「時事通信」より

ソフトバンク・トヨタMaaS連合に日産ゴーン・ショックの余波

2019/05/16 05:00

ソフトバンクとトヨタ自動車のMaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)連合が「ゴーン・ショック」に絡む思いがけない悩みに直面している。カルロス・ゴーン元会長の事件に揺れる日産自動車と仏ルノーの経営権を巡る争いの影響を受ける可能性が出てきているのだ。日産とルノーの交渉の行方が日の丸MaaS連合に影響を及ぼすかもしれない。

「日経TECH」より

ただねぇ、組む相手がそれってどうなのよ。

両社で中国に合弁会社を設立し、滴滴のサービスを使う運転手に車両をリースする。出資総額は600億円規模の見通し。世界最大の自動車大国・中国で新事業の基盤を強化する。

「時事通信」より

支那人は優秀だが、しかし、企業はヤバイ。

そんなことは支那に工場を建てて運営していても気がつかないものなのだろうか?確実にチャイナリスクがあるぞ。

この場合のリスクは、トヨタが金だけ毟られて技術は支那共産党に全部持って行かれるリスクだ。

そのうちに難癖を付けられて支那から締め出される。

トヨタが巨大なうちは、或いは安全性が高いのかも知れないけれど……。

ハイブリッドに限界を感じるトヨタ

ここのところ注目していたニュースがこちら。

トヨタが車両電動化技術の特許実施権を無償提供

2019.04.03

トヨタ自動車は2019年4月3日、電動車の普及に向けた取り組みの一環として、モーターやパワーコントロールユニット(PCU)、システム制御等の車両電動化関連の技術について、同社が保有する特許実施権(審査継続中を含む)を無償で提供するとともに、電動車を開発・製造するために同社のパワートレインシステムを活用する場合に技術サポートを実施すると発表した。

「webCG」より

なんと、トヨタがハイブリッドのパワートレインシステム技術特許を無償で提供しようというのである。ついでに技術サポートも付けちゃうという話。

これがどう言うことかというとこちら。

HV関連技術、トヨタが大差で特許総合力トップ パテントリザルト調べ

2019年5月8日(水)11時15分

パテント・リザルトは、2019年3月22日までに日本の特許庁で公開された「ハイブリッド車関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をレポートにまとめた。

自動車検査登録情報協会の発表によると、2018年3月末時点の日本におけるハイブリッド車の保有数は2014年比の約2倍となる751万台となっており、今後も増加傾向にあると考えられる。ランキングは、日本の特許庁で公開されているハイブリッド車関連技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行った。その結果、総合力ランキングでは、1位:トヨタ自動車(トヨタ)、2位:日産自動車、3位:本田技研工業(ホンダ)となった。

「Response」より

トヨタはハイブリッド関連技術において、トップレベルの技術を占有している。そして関連技術を特許として押さえているのである。

つまり、他社は手が出せない状況にあったのだ。

日産やホンダのハイブリッド技術も悪くは無かったが、技術レベルとしては圧倒的にトヨタの方が上だ。

ただし、トヨタのエンジンは割とポンコツで、ハイブリッドの足を引っ張っていたから、日産やホンダにも付け入る隙はあった。

そのアドバンテージを捨てたというのが今回のニュースのキモで、短期的にハイブリッドで儲けるよりも、シェアを少しでも伸ばして利益を最大化しようと目論でいるという風に見るべきだろう。

このまま、特許切れまで独占していても、電気自動車のシェアが拡大して見向きもされなくなる可能性が高いからだ。

そういう意味ではハイブリッドは「今」が旬だから「みんな使ってくれ!」という話なんだろうね。

ココで面白いのが、特許権を放棄するのではなく無償で提供するという点だ。つまり、使いたければ許可はとれよー、という話になっている。トヨタがココでもヒト商売考えていると言う意味では興味深い。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    全てのご指摘の通り余りにも愚劣過ぎるのが日本のトップ企業で、しかも経団連に大きな影響力を持ってる訳で...。

    巨大市場の魔力に囚われてそれを断ち切る覚悟や根性は全く無いようですね。(こういうのを僕はタマナシと最も軽蔑しています-笑-)

    一度豆腐のカドに頭ぶつけた方がいいと思う、マジに!!

    • 木霊 より:

      トヨタの戦略として、支那をターゲットに選んだ事は、巨大なユーザーを抱え、凄いスピードで進化する支那に目を付けた事を100%間違いだとは言い難い部分はあると思います。
      上手く行く可能性もゼロではありませんし、マーケットとして無視出来ない大きさですからね。
      ただ、大局的な判断をすると支那は不味いと思うのですよ。

      • マスメディア反乱軍 より:

        木霊さん、おはようございます。

        >上手く行く可能性もゼロではありませんし、マーケットとして無視出来ない大きさですからね。
        >ただ、大局的な判断をすると支那は不味いと思うのですよ。

        人口だけでマーケットを論ずるのは片手落ちという前提ですが、支那に匹敵するインドという巨大市場がアジアにはありますよね。
        また、4位のインドネシア(2.6億)・6位のパキスタン(2億)・8位のバングラディシュ(1.7億)・12位のフィリピン(1.1億)・15位のベトナム(0.95億)・20位のタイ(0.68億)とアジア諸国が日本を含めて20位までに9ヵ国あるんです。

        それぞれ状況は違いますし政治リスク度も差がありますが、少なくともインドとバングラディシュ・ベトナムをマーケットに絞れば、支那無視でも行けるんじゃないかなァ~?

        共産党独裁で政策が何時激変するか判らない国のリスクってのが、頭の隅にそのカケラもないんでしょうか。
        困ったら国に泣きつくつもりなんでしょうけど、実に嘆かわしい限りです。

  2. x@y.z より:

    このページ、開くだけでCPU使用率が100%に跳ね上がってPCが動かなくなる。何かおかしな広告でも流してないか?以前はこんなことは無かったんだが・・ ちな昔ながらのIE/WIN7ね、

    • まり より:

      同じく。vaio windows8.1
      他HPは使用率10%前後
      こちらは、いきなり98%から99%
      パソコンは仕事関係は全てUSB管理、
      パソコン自体には写真程度を保存。
      お引越し当時は問題なく、2週間程度、
      経過してから、悪くなった。
      何か、とりついてるかも?
      ・・・毎日、まかふぃーで掃除はしてる
      けど、こっちに問題あるのかな?

    • 木霊 より:

      報告ありがとうございます。
      確認してみます。

      • 音楽大好き より:

        皆さま、今晩は

        私のPCでは
        ・新規タブを開き、このページにアクセス:最大24%。速いとは思わないけど、遅くてイライラする事もない程度です。
        ・ページが表示された状態で再読込:最大で14%程度。

        Windows10, Firefox, RAM:8GB, CPU:Intel Core i-5 4440 3.1GHz

        サーバー側の問題ではないように思えます。
        私、リタイアしたSEですが、これだけの情報では「・・・を調べてみたら・・・」とかも言えません。私、占い師ではないんで。
        言えるのは、最新のOS、最新のソフトを使うのがお勧め。くらいです。

        ところで、トヨタ、何考えてるんでしょうね。ウチのクルマ、トヨタじゃないし、ま、いいか。

        以上

  3. まり より:

    うん?
    スマホからは、楽チン♥️
    トヨタさん、また、大クレームが
    起きて、とんでも賠償金を払う羽目に
    ならないといいけど。
    インドでは駄目なの?

    • いやもう、破綻寸前になるぐらいの損害食らわん限り考え改めないんじゃないかしら?

    • 木霊 より:

      モバイルの方はAMPという仕組みが機能している事もあって、軽く表示される傾向にあるんではないかなと、そう思います。

      トヨタさんの話、まだ決定した話ではないので、考え直してほしいですね。

  4. とくめい より:

    トヨタのサイトでは特にニュースリリース等は出てなかったですね。
    まだ未確定なのか、支那の現地法人の利益だけで回す話なのか……後者かな?
    利益の持ち出しが割と面倒なお国だっと覚えが……

    関連ニュースリリース探してたらこんなお話が

    トヨタ、ミャンマーでの新工場設立を決定
    ttps://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28253394.html

    スズキとタタの牙城であるインドよりは良い選択に思えます。
    ちょっと政治的、人種問題ではアレなお国ですけども。

    それはそれとして、SBと組みましたか。
    KDDIはどうするんだろ……ちょっと古い記事ですが。

    トヨタとソフトバンク提携で「取り残された」KDDIはどうなる
    ttps://maonline.jp/articles/toyota_softbank_kddi_automatic_motorist181004

    • 木霊 より:

      トヨタも色々とやっていますから、その一環といえばそうかも知れません。
      多角的にやって、あたりを引く、それがトヨタのやり方ですからね。

      ただ、支那に関わるのはちょっと……。

      新市場はインドというのはもう古い話らしく、いまはアフリカの方に手を伸ばしているらしいですね。それも数年前の話なので、またどこか違う市場を狙っているかもしれません。

      KDDIの話は知りませんでしたが、これも似たような話なのかな?と。