G19が開催される!……あれG20だったっけ?

日本ニュース

今まで気にも留めていなかったG20開催なのだが、開幕が28日に迫る中、これがなかなかどうして面白いコンテンツになりつつある。こんな駆け引きはいつも行われていたのだろうか?だとしたら、日本は乗り遅れすぎである。主に外交的な意味で。

焦点:G20サミット、目立つ参加国の亀裂 米中首脳会談に脚光

2019年6月25日 / 14:30

大阪市で28日から開催される20カ国・地域(G20)首脳会談(サミット)では、議長国・日本の力量が問われる。「反保護主義」や世界貿易機関(WTO)改革など主要議題で参加国の意見対立が鮮明となり、合意形成になお距離があるためだ。一方、世界のマーケットが注目するのは大阪で開かれる米中首脳会談で、その動向次第では、G20サミットの成果がかすんでしまう展開もありそうだ。

「ロイター」より

注目されているのは、貿易戦争真っ只中のアメリカと支那との関係なのだが、この記事では語られない話もあるので、その辺りも少し整理していきたいと思う。

え?!G19じゃなないの?

主要20カ国の集まり

G20といえば、主要国首脳会議(G7)に加えて、EUやロシアを加え、更に新興国11カ国が参加する会議で、各国の首脳が一堂に会するという意味で、かなり大掛かりな会議である。

G20の交通規制へ準備、派遣警察官らが大阪入り

2019/6/25 10:33

28、29日の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に伴う交通規制の実施に向け、全国から派遣された警察官が大阪市内各地で準備作業に当たっている。道路事情や交通量などを確認し、信号機の手動制御も試行。規制による一般ドライバーの迂回をできるだけ円滑に進める狙いだ。

「日本経済新聞」より

ご覧の通り全国から警官が呼び集められて警備を強化せざるを得ないのだが、この手の大騒ぎはちょっと前にあったばかりである。

もうちょっと労ってやれよ!と、思う訳だが、「ご苦労さまです」「いつもありがとうございます」くらいしか言える事がない。

何しろ、今年は未だイベントが目白押しだしね。

ところで、欠席する国があるという噂が

ここで冒頭のG19って何よ、という話に触れておくが、実は欠席する噂のある子は韓国。

北朝鮮核問題、G20外交戦でも存在感のない韓国外交

Posted June. 24, 2019 07:25, Updated June. 24, 2019 07:25

北朝鮮は23日、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に親書を送ったことを発表した。朝鮮中央通信は、正恩氏が親書を読む写真を公開し、親書に「興味深い内容」があるという正恩氏の発言も報じた。正恩氏が、中国の習近平国家主席の訪朝を機にトランプ氏の反応を引き出し、米中のラブコールを受けていることをアピールしようという意図が伺える。

~~略~~

一方、韓国外交は南北、韓中、韓日、韓米どの関係においても青信号はともっていない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、G20首脳会議で、中国、ロシア、カナダ、インドネシアの4ヵ国と首脳会談を行うと、大統領府は明らかにした。これまで訪韓を推進してきたが習氏が突如訪朝し、訪韓せずに日本で首脳会談をすることで調整されたのだ。議長国の日本との首脳会談は公式発表から外された。韓日首脳が会っても略式会談程度になるという。

「東亜日報」より

東亜日報が嘆いているが、それでも4カ国とは首脳会談を行えるような手筈が整ったようで何よりだ。

首相、日韓会談見送りの方向 文大統領への不信感を強める

2019年6月24日 17時56分

 安倍晋三首相は、28日開幕の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせた日韓首脳会談の開催を見送る方向で調整に入った。徴用工問題で日本が受け入れ可能な解決案を示していないとして、韓国の文在寅大統領への不信感を強めたためだ。複数の政府筋が24日、明らかにした。ただサミット開幕時の各国首脳出迎えの際には、文氏とも握手し、あいさつを交わす考えだ。

「libedoorNews」より

何しろ、主催者である日本の首相、安倍氏がムン君との首脳会談を見送ったので、一気に「Munは何しに日本へ!」という状態になってしまったのだ。

安倍氏、韓国に砲門「これからは韓国が国際法と約束を守る番」(1) | Joongang Ilbo | 中央日報
安倍晋三首相が強制徴用判決問題に関連し、韓国を強い語調で批判した。22日に出演した日本テレビ系列(読売系)の番組『ウェークアップ!ぷらす』でだ。韓国政府が今月19日に、大法院徴用判決から8カ月ぶり..

この記事の中で言及されている大変面白い内容がこちら。

続いて「日本は議長国なので、大変、日程が詰まっている」とし「時間が制限される中で総合的に判断したい」と述べた。

「中央日報」より

実は、別の日の記事で明らかにされているrが、安倍氏はG20開催中15カ国以上の各国の首脳と個別会談を行うことを予定している。

https://japanese.joins.com/article/624/254624.html?servcode=A00§code=A10

ただ、韓国とは「忙しいから出来ない」と、かなり失礼なことを言っているわけだ。言外に「オマエの所と会談しても得るものは何もない」ということを示唆しているね。

こんな状態なので、ムン君はG20を欠席するんじゃ無いのか、という話もあった。だって、来る意味無いだろう?目下の所、ムン君が外交で解決しなければならないのは北朝鮮との関係なのだが、日本との関係は北朝鮮との外交にプラスに働かない。そうであるのであれば、「オラ、いーかね」と云うのは選択肢としてはアリだったはずだ。

  • 日本の哨戒機にレーダー照射をし、これを一時的に認めるも落ち度を認めず、韓国軍の行為を容認
  • 慰安婦問題に関する財団を解散する
  • 募集工問題を「三権分立だから」と意味不明な判断をして放置
  • WTOに働きかけて輸入禁止措置を正当化

韓国全体でもこの程度の失礼な行為をとっているが、他にも議長の天皇陛下に対する失礼な発言を積み重ねたり、日本海呼称問題を蒸し返したり、などなど、関係を悪化させるようなことしか考えていない。

つまり、関係改善を念頭においていない以上、参加する意義は無いのである。

主題は「プラスチックゴミ削減」?!

プラスチックゴミ削減は、何もやらないと同義

プラスチックゴミの問題に関してはこのブログで別に取り上げている。

簡単に要約すると、プラスチックのリサイクルというのはあまり褒められた行為では無い、という話である。

この記事の結論というのは、あくまで輸入する原油の価格が安定していることを前提にしているので、何かの拍子に原油価格が高騰するようなことになれば、前提が崩れてしまう話ではある。

だがそれでも、海外に廃プラスチックを輸出するくらいであれば、燃やしてしまった方が良いのである。

ところが、今回のG20での主要議題の1つとしてプラスチックゴミ問題を取り上げるそうだ。

こうした中で、相対的に意見が一致しやすい海洋プラスチックごみの削減問題では、15━16日のエネルギー・環境閣僚会合において削減に向けた行動計画の継続的実行への枠組みを日本が提案。サミットでも一定程度の合意が期待されている。

これ、今やらなければ為らない話なのか?と、首を傾げざるを得ないのだけれど、敢えて言うのであれば、日本近海をプラスチックゴミで汚すのは支那や韓国であるから、こうした特亜の国々に対して牽制球を投げるのであれば意味があるだろう。

強力な罰則規定でも設ける事ができるのであれば、海洋投棄を減らす事に繋がる可能性があるからね。

しかしそれ以上の意味は無く、G20で主要議題として取り上げるような話でも無い。

G20財務省会議は殆ど実りがなかった

G20の前に開かれることが通例となっているのがG20財務相・中央銀行総裁会議である。

G20財務相会議が開幕 米中対立下で連携探る

2019/6/8 9:29 (2019/6/8 14:11更新)

日本が議長国を務める20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が8日午後、福岡市で開幕した。米中対立で世界経済の下振れ懸念が強まるなか、多国間の枠組みであるG20が結束して行動する姿勢を明確にしたい考えだ。日銀の黒田東彦総裁は開幕に先立ち、記者団に「特に貿易などで依然として不確実性が残っている」とし「何かあった時にどう対応するか議論する」と語った。

「日本経済新聞」より

狙いは貿易戦争の調整を図るという話らしいんだけどね。

G20財務相会議声明「貿易リスクに更なる行動の用意」

2019年6月9日21時39分

福岡市で開かれていた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日、「何よりも、貿易と地政学的リスクが高まっている。これらのリスクに対処し続けるとともに、更なる行動をとる用意がある」との共同声明を採択して閉幕した。エスカレートする米中貿易摩擦を念頭に置いた表現で、世界経済の先行きへの警戒は強まっているとの一致した認識を示した。

「朝日新聞」より

結局、このG20財務相・中央銀行総裁会議は貿易摩擦の問題について、軟着陸を目指して話し合おうという狙いがあったようだけれども、敢えなく撃沈。デジタル課税の話は多少進んだようだし、それは大切な事だとは思うが、一番話を付けたかったところはとっかかりすら得られなかった感じになっている。

それが「実りが無かった」と断じることが出来るかどうかは微妙なところだが……。

米中にすくむG20 協調欠くリスクへの備え 財務相会議

2019/6/10 6:00

福岡市で開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日夕、2日間の討議を終えて閉幕した。

~~略~~

フランスのルメール経済・財務相は9日の記者会見で米中貿易摩擦について「経済成長に長く根深い影響を与える」と断じ、多国間の枠組みで問題を解決すべきだと訴えた。同行筋によると、8日の会議では欧州勢を中心に米中摩擦への批判が相次いだが、ムニューシン米財務長官はこう切り返したという。「決めるのはトランプ米大統領だ。私ではなくトランプ氏に言ってほしい」

「日本経済新聞」より

アメリカが、というかトランプ氏が縦に首を振らなければ話にならないという、そんな感じの話になっちゃった。

つまり、G20首脳会議に丸投げである。

保護主義と戦う?

そんな訳で、アメリカと支那との貿易戦争こそがG20の主体的なテーマになるべきだし、もっと云えば東シナ海の安全な航行の話しも含めて議論される必要があるはずなのだ。

しかし、それは触れられない流れのようである。

たとえば、「反保護主義」のテーマでは、今月8、9日に福岡市で開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議の声明に「保護主義と闘う」との文言は盛り込まれなかった。今回のサミットでも、反保護主義への言及に米国が反対するとみられ、議長国・日本の調整の行方が注目されている。

WTO改革でも、各国の主張が食い違う。日米欧は、中国を念頭に産業補助金などの規制強化を求めている一方、中国は反発。日本はWTO上級委員会が福島などの水産物禁輸措置を認める判断を下したのを踏まえ、上級委員会による紛争解決に関する改革を目指しているが、米国は上級委員会の権限強化に消極的とされる。

「ロイター」より

ロイターはアメリカが「保護主義」を掲げて貿易戦争をしかけていると云いたいらしいけれど、支那だって保護主義の極みなのである。

支那が「反保護主義の旗手になる」などちゃんちゃらおかしい。

そもそもG20の最大のテーマは各国の利益の調整ということなので、アメリカが自国の利益の最大化を主張し、支那が自国の利益の最大化を主張するというのであれば、その間で妥協点を探すことが必要になるはずだ。

しかし、両国は絶賛戦争中なので、そもそも歩み寄る話にならない。そんな訳で、ロイターも分析しているが、保護主義に関する話には深入りは難しいだろう。

注目すべきポイントは、サイバーウォー?

まあ、他にもロシアがどんな影響力を行使してくるか、とか、北朝鮮を巡る話なども出てくるとは予想されるけれども、何れにしても各国が同じ方向を向くことが出来るかは怪しい。

安倍首相が今年1月、スイス・ダボスで提唱した「信頼性のある自由なデータ流通」といった概念に基づいて、国境を越えた自由なデータ流通なども議論される見通し。

米国や中国の巨大IT(情報技術)企業によるビッグデータの囲い込みなどをけん制する狙いがある。

「ロイター」より

そして、もう一つのテーマに関する示唆がここで、サイバー戦争全盛期の昨今、このデータの流通と安全性をどうやって担保すべきか、それを提案できるかがポイントなのだが、日本はそうした面で秀でた才能がなく、アメリカの独壇場を許している状況である。

多分、日本が議長国として提案できるアイデアはあるまい。

中国大手3行、米金融システムから遮断される可能性=米紙

6/25(火) 15:38配信

[25日 ロイター] – 米裁判所が中国の大手銀3行に対し、対北朝鮮制裁違反調査に絡む召喚状に従わなかったとして侮辱罪の判決を下したことを受け、3行が米金融システムから遮断される可能性が浮上した。米紙ワシントン・ポストが24日に報じた。

「yahooニュース」より

これなんかもそうした駆け引きのいったんだと思うのだけれど、そこにどうやって食い込んでいけるかが、ポイントになるような気がするよ。

この話は金融にも経済にも大きく関わる話だからね。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    >何しろ、主催者である日本の首相、安倍氏がムン君との首脳会談を見送ったので、一気に「Munは何しに日本へ!」という状態になってしまったのだ。
    >ただ、韓国とは「忙しいから出来ない」と、かなり失礼なことを言っているわけだ。言外に「オマエの所と会談しても得るものは何もない」ということを示唆しているね。

    参院選前のアピール狙いだとしても中々面白い展開となってきましたね。

    オマケに康京和外交部長官はヒステリー状態でこんな発言までする始末...。(冷笑)
           ↓
    >日本から報復措置を取るなら、われわれも黙っているわけにはいかない」と発言。

    「やれるならやってみろよ!!」と、むしろエールを送りたい日本人は大勢いるんじゃないかな。
    どんな報復措置を出してくるか判りませんが、日本は法的対抗策として念願のビザ復活(短期観光を含む)、そして在日三世朝鮮人の在日特権廃止にまで進んで欲しい。
    これは、超強硬策とはいえ日本の法律内で対応できますからね。

    続けてフッ素化水素を筆頭に戦略物資の輸出規制でたたみ掛ければ、今でも劣化中の南朝鮮経済はイチコロで息の根を止められるでしょう。

    いずれにせよ、G20の主要なイシューでは、完璧に南朝鮮抜きで進めればいいんじゃないかな。(爆笑)

    • 木霊 より:

      なかなか面白い展開になりつつありますが、どうなることやら。
      日本にとって、韓国とは距離をとりたいわけですが、アメリカが韓国を訪れるという話になっていて、これがどう転ぶのかな?という興味が尽きません。
      ただ、日本としてやれる行為に対して、法整備をしておきたいわけで、その辺りをしっかりと考えて貰える政治家を応援したいところですね。

  2. とくめい より:

    プラゴミ問題はまぁ、合意しやすいテーマも用意しておいて、成果なしとならないようにするためのポーズですかね?
    マイクロプラスティックに関しては燃料とする以前に回収も難しいですから、これはまじめに話し合ってほしいところではあるのですけども

    まぁ、G19の結果に期待ですね

    • 木霊 より:

      プラゴミ問題は合意しやすい、ですか。
      確かにそうかも知れませんね。
      G20をやって「成果無し」では格好が付かないので、という話になりかねませんが、長いスパンで見ればプラスになる交渉をしっかりして欲しいと思います。
      でも、見せかけだけでも「合意した結果」が必要になるのかも知れませんね。