不正確な朝日新聞を批判する河野太郎氏

大韓民国

今日は少し軽い記事を。

河野外相、WTO判断めぐり朝日新聞に抗議

2019.4.24 00:10

河野太郎外相は23日の記者会見で、韓国による福島など8県産水産物の輸入禁止措置をめぐる世界貿易機関(WTO)上級委員会の判断に関し「朝日新聞だったかが、やや正確性を欠く記事があって、日本産食品の安全性に疑念を抱かせかねないものがあった」と述べ、朝日に抗議した。

「産経新聞」より

河野太郎氏は、外務大臣としては頑張っていると思う。

多分、これが普通の外務大臣なのだろうけれど、今までが酷すぎたので仕方が無いよね。

WTOでの日本の敗北

韓国外交が勝利を収めた食品輸入問題

未だに福島第1原発の話を引き摺っているのは、実は安倍政権の責任でもある。

福島など8県産の水産物を輸入禁止

(韓国)

2013年09月09日

政府は9月6日、福島県を含む日本の8県の全水産物に対して輸入を禁止する特別措置を決めたと発表した。これまでは日本政府が出荷制限を決めた水産物に対して輸入を禁止してきたが、今回の措置で、指定された8県の水産物は全て国内流通が禁止される。また、通関時に放射性物質が微量でも検出されたものは事実上輸入ができなくなる。

<汚染水流出報道で消費者の懸念が拡大> 政府は今回の措置の背景として以下の3点を挙げた。(1)福島第1原発事故現場から毎日数百トンの放射性物質を多量に含んだ汚染水が海に流出しているとの報道に対し、国民の懸念が非常に高まっている、(2)今後も汚染水問題の処理には不確実さが残っている、(3)日本政府が今まで韓国政府に提供した資料だけでは今後の事態を正確に予測することが難しい。

輸入禁止の対象地域は福島、茨城、群馬、宮城、岩手、栃木、千葉、青森の8県。

政府は、日本政府に汚染水の流出状況などについての迅速かつ正確な情報を提供することを再び要請したと発表した。

「JETRO」より

この引用した記事はちょっと分かりにくいのだが、JETROが「韓国で報じられましたよ」というスタンスで報じているので、記事中「政府が」となっているところは「韓国政府が」と読み替える必要がある。

さておき、3.11の震災発生よりこっち、理由なく韓国が日本の水産物輸入を禁じている。

ただしこれは特別な話では無くて、他国もやっていた話。

福島県産食品の輸入規制の状況 - 福島県ホームページ
2011年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により、各国・地域政府は、日本の食品に対する検査・規制を強化しています。こちらは福島県に対する概要です。

これが福島県のサイトからで、現状を知らせる情報を引用させてもらっている。よく見て頂ければ分かるように、酷いのは支那。

そして、台湾もこれと同列に並んでいる。

更に、韓国と同レベルでやっているのがシンガポール、アメリカ、フィリピンである。

ただまあ、韓国がおかしいところが上に示したように「群馬」が入っていること。群馬は海に面しておらず、汚染水とは無縁である。

ちなみに当時は中東各国は日本全体からの輸入を禁じていたこともあり、当時、これを攻められる状態ではなかった。

そして今なお

ただ、韓国は他国と異なり、頑迷にこの規制を緩和することはなかった。

そのため、日本の水産庁も直接に、或いはWTOを利用したりして努力をしていたわけだ。

WTO、韓国の輸入禁止で判断 福島など8県産水産物 是正勧告の公算

2019.4.11 16:27

 世界貿易機関(WTO)の紛争処理手続きの「最終審」にあたる上級委員会は11日、韓国が東京電力福島第1原発事故を理由に福島など8県産の水産物輸入を禁止している問題に関する報告書を発表する。輸入再開の判断が示され、日本の勝訴となる公算が大きい。

「産経新聞」より

そして、その努力は実を結ぶかに見えたが……。

韓国の水産物の輸入規制、日本が逆転敗訴 WTO最終審

2019/4/12 1:05

韓国による福島など8県産の水産物の輸入禁止は不当として日本が提訴している問題で、世界貿易機関(WTO)は11日、韓国の措置を妥当とする最終判決を下した。一審では日本の主張を認め、韓国に是正を求めていたが、日本の逆転敗訴となった。

「日本経済新聞」より

前日までの予想をあざ笑うかのように逆転敗訴する結果になる。

非常に残念な話だが、政権内部でもこの認識だったのだから呆れるより他無い。戦略ミスであろう。韓国はそこまでやってくる国だと言うことに気がつけなかった為に万全の体制を敷けなかったのだ。

朝日新聞の報道

いつも通りのタイトル詐欺

そして、冒頭のニュースに戻るわけだが、先ずはタイトルがおかしい。

 政府は、日本産食品が科学的に安全で、韓国の安全基準を十分クリアするとの紛争処理小委員会(パネル)の認定が上級委員会の報告書で維持されていると説明している。「最終審」の上級委員会に先立つパネルは第1審にあたる。

「産経新聞」より

また、この様な事実があるにもかかわらず、こんな記事を垂れ流している。

日本は科学的立証せず「裏目に出た」 WTO判決の敗因

2019年4月23日05時00分

 世界貿易機関(WTO)の上級委員会が判決に当たる報告書で、東京電力福島第一原発事故を理由とした韓国による日本産水産物の禁輸を事実上容認し、日本が「敗訴」した。なぜ負けたのか。今後どのような影響があるのか。WTOの紛争処理に詳しい2人の国際経済法の専門家に聞いた。

~~略~~

 衛生植物検疫措置に関するWTOの国際ルール「SPS協定」は、2条の2で、各国の輸入規制は「科学的な原則に基づいてとること」を求めている。日本はこの条文では訴えず、「同一または同様の条件下にある国の恣意(しい)的または不当な差別」(2条の3)と、「必要以上に貿易制限をしてはならない」(5条の6)で韓国を訴えた。

「朝日新聞」より

いやいや、おかしいから。

 河野氏はパネルの報告書について「わが国が適切な基準値の設定、モニタリングと適切な出荷制限管理により安全性を確保し、食品中の放射性セシウムの濃度が日本と韓国の基準値を下回ることを認めている」と反論した。

 さらに「上級委員会の報告書には、上訴されていないパネルによる事実関係の評価について意見を述べないことが明確にうたわれている」とも強調した。

「産経新聞」より

朝日新聞は誤解されるような書き方をするのが身上らしく、韓国側の立場に立って日本の政権を批判するのが嬉しくて仕方が無いらしいね。

確かに、日本側の対応にも問題があったのだろう。その点は認めなければならないだろうけれど、朝日新聞が誘導したかったストーリーと事実は異なり、WTOは「日本の製品は科学的には問題が認められない」「でも、韓国が輸入禁止するのは韓国の勝手だ」という、責任放棄とも採れる判断をしたというのが話の本筋である。そりゃ、河野氏も名指しで怒るよね。

コメント

  1. 音楽大好き より:

    皆さま、こんばんは

    どうにも、この件、実はWTOはどう判断したのか良く分かりません。私が見たニュースでは
    ・東北地方の水産物の安全性は認められた。
    ・韓国の主張が十分に議論されなかったのは問題である。
    ・よって、一審の判断は破棄

    という事らしいのですが、

    ・安全性は認められたと理解していいのでしょうね。
    ・韓国の主張が「十分に議論されていない」というのと「韓国の主張が正当である」は違うと思います。十分に議論しても正当ではないという事もあり得ます。普通の裁判では「一審に差戻し、審理やりなおし」程度ではないかという気がします。
    パネルの人数が少なかったとかの情報もありますね。その少ない人たちが【伏字】スキャンダルとか、ないんでしょうね。どうにも、すっきりしない。

    • 木霊木霊 より:

      僕もこの件に関してWTOの一次資料をあたっていないので、確定的なことを言えないのですが……。
      基本的には一審までにWTOは日本の科学的検証というのを認め、韓国側の主張に科学的根拠は無いという事を認めています。
      今回、WTOがやったのは「判断しなかったこと」で、韓国側の主張も飲んでしまったというのが実情であると理解しています。
      つまり、韓国が科学的根拠に基づかない寝言もWTOは許容しますよ、という風に言ったというのが今回の話で、WTO役に立たねぇという。

  2. マスメディア反乱軍 より:

    事実の重要な一部を隠蔽し、偏った煽りタイトル&記事で売るスタイルの朝日の真骨頂ですね。(怒!!)

    この事案に関する日本政府の大失態は批判されて当然なんですが、河野外相が久しぶりに真っ当な抗議コメントでしたね。
    これを心底反省しないと「竹島」や「元募集工&元売春婦」問題で、国際社会での係争には勝てないと自覚し名誉挽回に全力を尽くす様に、河野外相は激を飛ばすべきでしょう。

    ただ、朝日に長年馴染んできた購読層は相当高齢化し「絶滅危惧種指定」でも、不思議じゃないと考えています。
    単に若い層の新聞離れや極右の朝日ヘイトの動きが加速したからだけではなく、普通の感覚や価値観を持った人なら、その極端な偏り過ぎに胡散臭さを感じない訳ないですからね。

    15年戦争で真っ先に軍部を強烈に支持し国民に情報を偽り騙し煽り、戦後完全に極左派化で変節した薄汚い歴史を持つメディアですから、絶滅危惧種を逃れるにはいつまた変節しても不思議じゃないと思う。
    この卑劣で恥部を晒し続けるマスメディアこそ真摯に歴史を反省し、「ねんごろに自死=廃業」すべきだと考えています。(最もそんな良識のある人材は皆無でしょうけどね-軽蔑の冷笑-)

    • 木霊木霊 より:

      朝日新聞のお得意の手法ですが、中身も間違っていたので流石に河野氏が怒ったという流れのようです。
      日本のマスメディアも、相当酷い状況で。
      日本の外交は、なかなか前に進めていない状況のようですね。