関西生コンの執行委員長他1名再逮捕

日本ニュース
スポンサーリンク

アカい繋がり

こうした政治力を持っていたということは、日本共産党をはじめ、色々な所にも関係を持つことになる。

その1つが社会党であり、支那や韓国で活動する活動家たちである。

武建一さん逮捕は「うるさい」内部告発を嫌う生コ ン企業の圧力

 8月28日、恐喝をでっち上げられて滋賀県警に逮捕された連帯ユニオン関西生コン支部の武建一支部長について、産経新聞などのマスコミが意図的に隠している事実があります。 ~~略~~  武建一さん率いる連帯ユニオン関西生コン支部は、労働者の待遇改善、安倍政権打倒、反戦と同時に、重要な課題に取り組んでいました。  粗悪生コンクリート追放、品質改善です。 ~~略~~  組合員が現場で調査して集めた証拠を基に、粗悪コンクリート使用の実態を監督機関に告発し、ユーザーに伝えました。

「・・・社のコンクリートは洗っていない海砂を使っています」、 「この会社の生コンは大量の水を混ぜて、量を水増ししています」

と、証拠写真を印刷したビラをまきました。  これらの内部告発によって、法令違反の悪質な業者が摘発され、行政指導や書類送検、事業許可取り消し処分を受けました。ユーザーから契約を打ち切られた業者もありました。

「レイバーネット」より

凄い事が書かれているな。

何か「良い事をやった」ような切り口で書かれているが、告発した話はともかくとして、「証拠写真を印刷したビラを撒く」って、それは風説の流布にあたって、営業妨害になる。歴とした犯罪だぞ。

何より、レイバーネットが応援している時点で「アレ」だ。

そうそう、ついでに書いておくと、支援する団体が立ち上げられたらしいよ。

ニーメラーの警告を無視してはいけない〜「関西生コンを支援する会」結成される

4月15日、参議院議員会館にて「関西生コンを支援する会」結成総会が行われた。くしくも4日前、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の委員長・副委員長が、みたび逮捕されたタイミングとなった。参加者は約100名だった。

「レイバーネット」より

その立ち上げの結成総会が、なんと、参議院議員会館にて行われたと言う事実は、驚愕すべき話だ。

仲間を取り返す積もりらしいよ。

労働法を笠に着た言い逃れ

労働組合法に何が書かれているのか?

そもそも企業が労働者を使う場合、使用者に対して労働者の立場というのは弱い。使用者が労働者に対して賃金を支払う形なのだから、ある意味当然なのだが。

歴史的にはこれが問題になって、奴隷に近いような形で使われていて、労働者をそうした立場に追い込まないように、労働条件改善のための団体行動が出来る、労働組織件を付与することにしている。

ただ、昨今は、労働組織が弱体化していて、企業に楯突くのは御法度に近い状況になっている。何故か?あまりに労働組合が好き勝手やりすぎたせいで、労働者が組合に加入しなくなってしまったのだ。

何と本末転倒な話か。

折角なので労働組合法第1条を紹介しておきたい。

第一章 総則

(目的)

第一条 この法律は、労働者が使用者との交渉において対等の立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出することその他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること並びに使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること及びその手続を助成することを目的とする。

2 刑法(明治四十年法律第四十五号)第三十五条の規定は、労働組合の団体交渉その他の行為であつて前項に掲げる目的を達成するためにした正当なものについて適用があるものとする。但し、いかなる場合においても、暴力の行使は、労働組合の正当な行為と解釈されてはならない。

前提として、労働者が組織を作る、これが前提となった法律である。ここが大切なのだ。

関西生コンは「労働組織」を名乗る圧力団体

では、この多数の逮捕者を出した関西生コンというのは、一体どんな団体なのだろうか?

建設産業の労働者を中心とするが、どのような職種でも雇用形態でも加盟できる合同労組である。正式名称は全日本建設運輸連帯労働組合であるが、略称は全日建(ぜんにっけん)、愛称は連帯ユニオン(れんたいユニオン)と呼ばれている。

凄い事が書かれているな。この記載はWikipedhiaからの引用だけれども、連帯ユニオン(関西生コンというのは、正確には連帯ユニオン 関西地区生コン支部という)のサイトからも引用しておこう。

ようこそ

連帯ユニオンは、正社員、契約社員、派遣、パート、日々雇用といった雇用形態にとらわれず、だれもが、同じ労働者、同じ組合員として参加できる労働組合です。解雇や職場のいじめ、長時間労働や法律違反の労働条件、賃金不払いやサービス残業など、企業の理不尽な人権侵害に苦しむ仲間が1人でもいれば、組合員みんなの力を集めてたたかいます。

「連帯ユニオンのサイト」より

なんと、誰でも加入できるという団体である。

この存在事態を否定してはいけないのだろう。確かに、大企業ではなく中小企業、零細企業で労働組織を作ると言うことは、それこそ不可能である。

だから、一括してその機能を代行してくれる組織があってくれることはありがたい事かも知れない。しかし一方で、政治色が付きすぎてしまい、その内部に入っている方々は暴力団もビックリという面々になっているというから、もはや「一体何をやっている団体なのか」という風に感じてしまう。

本当に労働組合法の射程範囲内の活動だったのか

そして、本来であれば、労働者が使用者に対抗するための組織であるはずが、使用者とは直接的に関係の無い圧力団体が、活動してしまったところに大きな問題がある。

【関西生コン反弾圧集会】組合潰しのための政治的弾圧 編集部 山田洋一

2019年3月26日

3月10日、大阪市西区民センターで、右記集会が行われた。昨年7月、滋賀県警組織犯罪対策課が、県内の生コン協同組合の理事らを逮捕したのを発端に、今年3月10日までに延べ62人(再逮捕を含む)が逮捕され、38名が起訴されるという未曾有の大弾圧に抗するための集会である。 しかも逮捕理由が酷い。(1)ゼネコンに対し、協同組合から生コンを買うように働きかけたことや、ビラまきを「恐喝未遂」、(2)労組が生コン会社や運送会社に対しておこなったストライキが「威力業務妨害」だという、憲法28条と労組法を真っ向から否定する暴挙である。

「人民新聞」より

……凄い名前のサイトだな。

さておき、擁護する側からはこんな声が挙がっているが、しかし、報道に寄れば、そもそも労働争議では無かったという実態が浮かび上がっている。

【衝撃事件の核心】なぜ…生コン「労組」相次ぎ逮捕 

2018.10.22 09:00

 セメント、生コン業界の労働者でつくる「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」(関生支部=かんなましぶ)の幹部や組合員が、相次いで逮捕されている。

~~略~~

 「ストライキに参加してほしい」「(関生支部と関係が深い)組合に加入してくれ」

 大阪府警によると、昨年12月上旬、大阪市港区の大手セメント会社が出荷業務を行うサービスステーション(SS)で、関生支部の幹部が同社から運送業務を委託された業者に要求を突きつけた。

 運送業者が拒否したところ、同12~13日、関生支部の組合員がSSに集結。車の前に立ちふさがり、出荷業務ができない状態に追い込んだ。労働組合はストライキを起こすこともあるが、この運送業者には関生支部の組合員はいなかった。

「産経新聞」より

労働争議を起こそうとして、組合から人を引き抜こうとしたら、組合から拒否されちゃった。これに腹を立てた関西生コン、あろう事か運送業者を攻撃しちゃった。

実は労働組合法に反する行為だったのである。

そうそう、念のために憲法28条も引用しておく。

第二十八条

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

労働者の団結権を保障した条文だが、そもそも労働者じゃなかったというのが今回の事件の内情である。

グレーな活動が実質敵に出来なくなったアカい団体

結局のところ、この手の団体は加盟する人が激減してしまい、そもそも労働組織そのものがおかしな活動をする様になっちゃったことが大きな問題になっている。

最後の楽園である沖縄に集結し、今も積極的に活動しているが、老人会の様相を呈しているのだとか。国際色も随分と豊からしいしね。

辺野古で韓国人逮捕、公務執行妨害の疑い 「妊娠の妻押され腹が立った」

2015年9月22日 14:13

 名護署は22日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前で、警備中の警察官に暴行を加え公務を妨げたとして、職業不詳の韓国人男性(29)を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、容疑を認めている。男性は「妊娠している妻を警察官が押したので腹が立って蹴った」などと話しているという。

「沖縄タイムス」より

妊娠した妻を、外国での暴力活動に連れてくるなよ……。

ワールドワイドになっている背景には、人手不足という事もあるようだ。

ただ、これ、明らかに外国勢力の都合による「活動」の可能性も指摘されていて、そうとうカントリーリスクを孕んだ話になってもいる。

コメント

  1. 木霊様万歳!
    いや、それでは解らないですか。
    労働組合から労働者が離れた経緯にういても貴殿の仰る通り!
    元組合員から聞いておりますしね。
    何よりもエグって下さった生コンについて。私はここにあれこれ書けるだけの知識はないが、前の記事からしても
    報道であまり書かれない真実を書いて下さる事に感謝!
    だいたい巻頭の写真の坊主頭女は、そもそもテメーの疑惑をきちんと説明してみせろや!!
    胸糞が悪い!
    こういう奴を支持する奴がおるのですからね。ウンコ出ちゃうぜ!

    • この手のニュースはメディアが触れたがりませんから、情報も少ないんですが。
      ただまあ、こうした日本の体制の転換期に来ているのかな、と。
      そういう意味でも注目しているニュースです。

  2. 木霊さん、おはようござます。

    アップされた醜悪な婆ァの冒頭の画像が日本の現実であり、猛烈な吐き気がする日本の病巣を象徴していますね。

    メディアの追及は何故かその後ほとんど「無しの礫」...。
    彼らがとてもマトモな神経や思考能力を持っているとは思えません!!(怒)

    戦後、言論・報道の自由を盾に好き放題に自己保身を最優先で存在してきた、最も「自由の価値」をないがしろにしてきた悪しき存在...、それが日本のマスメディアと心底軽蔑しています。

    かの悲劇に至る15年戦争を肯定し真っ先に煽り続けたクセに、戦後は「見せかけの口だけの自由」を盾に「真の自由の意味」を捻じ曲げた、卑劣極まりない変節の歴史を僕たちは決して忘れてはならない。

    今のうちに僕たち大人が何とかしないと...。

    • このニュースは、政治的な結びつきが極めて高いにもかかわらず、何処のメディアもその辺りに触れたがりませんから。
      ただ、冒頭の映像や、「大阪のおとうちゃん」と公言して憚らない人物は、どちらかというと小物の類でありまして、もっと大きな山が、この件には絡んでいるのではないのかというお話もありまして、もうちょっと追いかけていきたいところです。

  3. 記事の中に沖縄での破壊工作を正々堂々とやってるとありましたので、多少内容からズレマますが少し。

    沖縄補選は予想通りとはいえ自民党は見事に負ちゃいましたね。
    アホ過ぎる五輪担当相や安倍ちゃん側近の無用な発言で足引っ張られて...、まあ負けて当然でしょう。

    逆説的ですがもはや癌でしかない二階氏の凋落の始まりになればいいと、それでも僕は前向きに考えたいと思っています。
    このオッサンの支那と南朝鮮への異様な偏り方は、自民党幹事長という重職を担う存在として余りにも危う過ぎます。

    目の前の危機である朝鮮半島情勢への対処、そして本当の敵は台湾進攻で緊張化を狙い、東シナ海制覇の野望を捨てていない支那への対抗...、アジアの危機から嫌でも日本は絶対に逃れる事はできません。

    最近の支那との融和政策への偏りが気になりますが、米中貿易戦争で危機感を持つ支那に恩を売るつもりなのかも?(アメリカも絡んだ出来レースの可能性もあります)
    優柔不断でトンデモなく無能としか思えない岩屋氏の防衛相抜擢も、支那に要らぬ軍事的警戒を与えない戦略ならそれもありでしょうけど、前任の小野寺氏と比べると明らかに役不足で失敗人事の典型じゃないかな。

    沖縄・大阪補選の惨敗で衆参同日選挙の可能性も高まってきました。
    過去みたいに大勝はないかも知れませんが、党内人事刷新と内閣改造で起死回生を狙うチャンスでもあります。
    最低でも幹事長更迭と防衛相の強化は必須と考えます。(あと気色悪い化粧ババアの片山もついでにね)

    • 二階氏に関しては本日の記事でも揶揄していますが、本人の政治手腕はなかなか優れているだけに厄介ですよね。

      自民党も根っこの部分が腐っています。
      安倍氏の次代は期待しにくい感じになっていますので、特に外交面で力を発揮してくれる人物の台頭を願うしかありませんね。
      河野太郎氏はそういう意味では有望な感じですが、アレが首相の器なのかは、また別の話でしょう。人の上に立つと言うのはなかなかに大変なことなのだと思いますよ。

  4. 坊主頭の元グラドル(熱湯風呂関係)とかより、もっと問題な「ピースボート」創設者(現・立憲民主党国会対策委員長)が出てないのが問題だと思いますが。

    • そうなんですよね、この記事では触れていませんが、この記事で辻元氏の事を言及しなかったのは失敗でした。
      ただ、村田蓮舫氏にしろ辻元清美氏にしろ、表に出てくる小物なので、敢えて言及しても意味が無いような気はしています。
      今のところ、根拠らしい根拠が見当たりませんが、福山哲郎氏がかなり圧力をかけているような噂も出ています。この辺り、追求出来れば良いんですけどね。

      • 横レス失礼します。

        >ただ、村田蓮舫氏にしろ辻元清美氏にしろ、表に出てくる小物なので、敢えて言及しても意味が無いような気はしています。

        確かにそうですね、この事件の背景には長年積もり積もった日本の恥部の様なものを感じています。
        その意味でこの二人の婆ァなんぞトカゲの尻尾レベルの小物と言えるでしょう。

        >今のところ、根拠らしい根拠が見当たりませんが、福山哲郎氏がかなり圧力をかけているような噂も出ています。この辺り、追求出来れば良いんですけどね。

        この人物も使い走り的な気が...、大物感は全然浮かばないんですけど木霊さんの続報に期待です。

        >実際、その効果は絶大だったらしく、関西生コン(連帯労組関西地区生コン支部)の発足準備委員会の立ち上げの時には若干23歳で委員長に選出され、4ヶ月後には関西生コンの初代委員長に就任している。そして、ついには日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」にも取り上げるような有名人になる。

        企業の弱みに付け込んで(企業もそれなりに問題の原因を作っているので自業自得でしょうけど)、小規模レベルのユニオンを組織し都合よく利用するのは、昔から共産党の常套手段ですからかつては蜜月関係にあったのでしょうかねェ~。
        数々の過激派によるテロを生んだ共産党の闇の歴史...、と考えれば歴代の書記長&委員長クラスの関与さえあっても不思議じゃないですね。

        そして、ここが共産党の最も怖く警戒を緩めてはならない部分、日本国民にとって厄災しか残さない暗躍を平気でやってきたんですから。

        5年前に亡くなったオジキは生粋でバリバリの共産党員でしたが、60歳近くまで仕事とは別に「赤旗」の配達をやっていました。
        年金制度に疎い高齢者の皆さんの取りぱっぐれの損を取り戻す為に無償で動いたり、都内では高根の花となった墓地を買えない人の為に共同墓地準備に奔走したり、よく酒を飲ん議論しましたが結論は出ずとも(元々、理念が相反するので当然)、ある意味真剣に日本の将来を憂う気持ちだけはお互いに理解し合えたと想い出します。

        地方レベルで真面目にコツコツと地域に貢献している党員もいるのでしょうけど、悲しいかな独裁トップのオカシな政策には完全に思考停止状態で逆らう事すらできないから、地域政策もトンチンカンで現実にマッチしていない...、だから支持の裾野が広がらないのを理解できないんでしょう。

        口先だけでは「自由と民主主義」の代表者を標榜するクセに、最も大切な「思考の多様性」を絶対に認めないのが「共産主義最大の欠陥」と考えています。

        P.S.
        >二階氏に関しては本日の記事でも揶揄していますが、本人の政治手腕はなかなか優れているだけに厄介ですよね。

        剛腕と言われた小沢氏のノウハウを受け継いでいるのは認めますが、何故自民党の権力を集約する要職に付けたのか、「ミニ小沢」としか見ていない僕には今一つ理解できないんですよね。(自民党はそれほど人材不足???)
        少なくとも支那&朝鮮半島に極度に偏った外交への茶々を入れだけは、もはや容認するべきレベルじゃないでしょう。

        >自民党も根っこの部分が腐っています。

        腐った根はちゃんと切っておかないと、樹木と一緒でいつの間にか「立ち枯れ」...、って事になっちゃいます。