米韓首脳会談前に、北で吠える金正恩氏

北米ニュース

狙っての事だろうけれど。

さて、ちょっと本日は軽めの記事を。

正恩氏、制裁圧力に屈せず=米との対話継続へ配慮も

4/11(木) 7:57配信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日、党中央委員会総会で「自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設をさらに前進させ、制裁でわれわれを屈服させることができると誤解している敵対勢力に深刻な打撃を与える」と強調した。

「時事通信」より

この記事は、北の将軍様こと金正恩氏が相変わらず吠えているという話なのだけれど、時期とタイミングを考えるとなかなか味わい深い。

このタイミングで行われる党中央委員会総会

時期としては4月なのだから、日本の感覚で言えば総会が開かれること自体は違和感が無い。だが、4月10日に行ったというところがポイントだと思う。

国際社会の制裁圧力に屈しない姿勢を示した形だ。

さて、国際社会とは一体何なのか。

北朝鮮非核化、膠着打開図る 米韓首脳11日に会談

2019/4/10 18:45

【ソウル=恩地洋介】物別れに終わった2月末の米朝首脳会談から1カ月余りが過ぎ、北朝鮮非核化問題の膠着打開に向けた動きが見え始めた。11日にはトランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がワシントンで会談する。一方、北朝鮮は10日に朝鮮労働党の中央委員会総会を招集しており、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が示す今後の外交方針が注目されている。

「日本経済新聞」より

実は、4月11日、つまり本日、米韓首脳会談が行われるスケジュールになっているのである。

何故、文在寅氏はこのタイミングでアメリカに行ったのか?

韓国の似非建国記念日は4月11日

悪意のある副題で申し訳無い気持ちで一杯だが(棒)、韓国の建国記念日は4月11日という事になっている。

本来、韓国、つまり大韓民国が建国されたのは、大韓民国樹立宣言(1948年8月15日)に設定されるべきなのだけれども、韓国自身は、その出自を大韓民国臨時政府樹立(1919年4月11日)であると、その様に定めている。

韓国自身の問題なのだから、それ自身はどうこう言う積もりは無いのだが、しかし、それだったら3月1日じゃないのかな?と、その様にも思う。

しかしまあ、大韓民国臨時憲章が採択されたのが1919年4月11日であり、李承晩が大韓民国臨時政府を自称するテロ組織の大統領になったのが1919年4月10日で、この辺りの日程を「建国記念日」とすること自体は、不自然では無いのかも知れない。

さておき、韓国政府は2018年4月13日に、臨時政府樹立99周年式典を開いた際に、国号と臨時憲章を制定し内閣を組閣した4月11に変更するということにしている。つまり、今年から建国記念日が4月11日になったという訳だ。

臨時政府樹立記念日を4月11日に変更 来年100周年=韓国

記事一覧 2018.04.13 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家報勲処は13日、日本による植民地支配下にあった1919年、独立運動家らが中心となって中国・上海で樹立した「大韓民国臨時政府」の樹立記念日を従来の4月13日から同11日に変更する方針を発表した。

「総合ニュース」より

出来たてほやほやだな!

何の成果も得られなかった米朝首脳会談

そして、先に行われた2回目の米朝首脳会談(2019年2月27日~28日)が決裂したことも問題なのだ。

韓国・文政権の目算狂う 米朝合意なし、中国は想定済み

ハノイ=武田肇 北京=冨名腰隆 2019年3月1日07時00分

 ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が合意なしで終わったことは、南北関係の進展に前のめりで取り組む韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領にとっても打撃となりそうだ。大統領府は開催自体に意味があると強調したが、米朝関係の改善を前提に南北経済協力を本格化させようとしていた文氏の目算は狂うことになった。

「朝日新聞」より :リンク切れ

この結果は、北朝鮮の金正恩氏がやられて国内の立場が悪化したという側面も有るが、一番とばっちりを食らったのは韓国のムン君である。

文在寅大統領、もはや北朝鮮非核化の邪魔者に

2019.4.3(水)

 韓国の文在寅大統領が4月10日ワシントン入りし、11日にドナルド・トランプ米大統領と会談する。

 2月末のベトナムの首都ハノイで行われた米朝首脳会談が決裂してから初の米韓首脳会談だ。

 トランプ大統領が金正恩朝鮮労働党委員長との会談に応じたのは文大統領の仲介がきっかけだ。2回目会談も文大統領の口車に乗ってトランプ大統領はハノイまで出かけて行った。

 ところが会談は決裂。理由は、トランプ大統領が「北朝鮮が保有する核兵器関連物資をすべて米側に手渡せ」と言い出しからだといった情報が支配的になってきている。

「JBpress」より

この記事の内容を全面的に信用するかどうかはさておき、第2回目の米朝首脳会談のセッティングに奔走し、口車全開でアメリカを動かしたのがムン君だということはもはや疑い様も無い。

「歴史的大失態」を見せた金正恩と文在寅に、この先明るい未来はナシ

2019/03/08

米朝首脳会談の決裂が朝鮮半島情勢に波紋を広げている。焦点はずばり、権力者たちの行く末である。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は生き残れるのだろうか。

結論を先に言えば、私は2人とも政治的に「極めて厳しい立場に追い込まれた」とみる。これほどの大失態を演じながら、2人が生き残れるとすれば、まさに驚くべき能力だ。今回の結末を見れば、2人にそれほどの能力があるとは思えない。

「現代ビジネス」より

そんな訳で、朝鮮半島の指導者二人は、危機的な状況を迎えていると言って良いだろう。

是が非でも米韓首脳会談を開きたかったムン君

そんなおりにもう1つニュースが。

トランプ氏「節約のため」と満足げ 米韓大規模演習終了

園田耕司=ワシントン、牧野愛博=ソウル、藤原慎一 2019年3月5日14時00分

米韓両政府は毎春行ってきた大規模な米韓合同軍事演習を終了し、規模を縮小した別の演習に切り替えると2日(日本時間3日)、発表した。北朝鮮の非核化に向けた「外交努力を支援する」と米側は説明するが、トランプ米大統領には演習は米国にとって無駄なコストであり、やめたいとの本音が見え隠れする。演習の縮小は、日本を含む東アジアの安全保障にも無縁ではない。

「朝日新聞」より

これ、トランプ氏は満足げ、などと書かれているが、韓国にしてみたらたまったものでは無い。

多分、親北派のムン君にとって、演習中止や米軍撤退は望むところではあるのだろうけれど、それは追々、ということで、直ぐには困るのである。流石に、韓国国内でもアメリカの急激な動きは困るのだろう。

そして、この話は事前にムン君のところに話が行っていなかった可能性が高く、相当に驚いたに違いない。

それに加えて、韓国内での支持率が過去最低を記録するなど、国内でのムン君の評判は最悪である。

そんな訳で、アメリカに行かざるを得なかったというのは、ムン君の偽らざる本音だろう。

金剛山の事を言うなら来るな!

とはいえ、アメリカ側はあまり韓国の相手をしている暇はない、という認識だったようである。

米国務省、韓国外交部に「金剛山のことを言うなら来るな」

2019年03月26日08時29分

「金剛山(クムガンサン)観光再開と開城(ケソン)工業団地再稼働問題を言及するつもりなら(ワシントンに)来ないでもらいたい」

先月27~28日、ベトナム・ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が決裂した後、韓米協議を推進する韓国外交部に対して米国務省の官僚がワシントンの韓国側消息筋に用心深く伝えたという言葉だ。米国務省・議会に広い人脈を持つこの消息筋は25日、「米国側は韓国外交部にも迂回的にこのような意思を伝達したと承知している」と明らかにした。彼は「開城工業団地と金剛山観光の再開方案に苦心していた青瓦台(チョンワデ、大統領府)と、その話は取り出さないようにしようというホワイトハウスの間を調整しなければならないソウルの外交安保部署が困った立場に立たされた」と話した。

「中央日報」より

特に、ムン君の方針である、北朝鮮の経済活性化を図ることで、韓国経済も引き上げようという狙い、つまり、南北を繋ぐ鉄道再開や金剛山観光再開、開城工業団地の再開など、凡そ韓国経済にとってプラスとは思えないような政策を、強力に推進しようとしている点は、アメリカにとっては「何を言っているんだ?頭は大丈夫か」というレベル。

韓国外交部の主要当局者もハノイ会談の決裂後、相次いでワシントンを訪れた。北核を担当する李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長が6日(現地時間)にスティーブン・ビーガン国務省北朝鮮特別代表に会ったほか、李東烈(イ・ドンリョル)平和外交企画団長は14日、南北経済協力を主な議題とする韓米ワーキング(実務)グループ会議を開いた。金泰珍(キム・テジン)北米局長もワシントンを訪問した後、22日に帰国した。しかし匿名を求めた外交消息筋は「外交部核心当局者が相次いで訪米した後、納得できるほどの訪米結果を公表することができずにいる」とし「このような状況自体が、韓米共助の亀裂が深化しているという証拠」と話した。

韓国としては米朝首脳会談後、さまざまな働きかけをしていたが、ほぼ空振りの状況。

専門家は青瓦台の焦りも警戒した。峨山(アサン)政策研究院のジェームズ・キム研究委員は「今回の政府を見ると、奔〓(けものへんに章)顧放獲兎(逃げるノロジカを見て捕まえたウサギを置いた、他人のものを見ているすきに自分のものを失うという意味)という言葉が思い浮かぶ」とし「北核に没頭して焦るあまり韓米同盟を害する失敗を犯すべきではない」と強調した。

そして、何とか会談に漕ぎ着けた、と。

歓迎できないアメリカ

しかし、アメリカは韓国が来ることを歓迎できないようだ。

“建国”祝うはずが…文在寅大統領、式典欠席し訪米 北に振り回され

2019.4.10 17:45

 【ソウル=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治下の1919年に、中国上海で独立運動家らによる「大韓民国臨時政府」が設立されてから11日で100年となる。この日を建国の日とみなす韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、記念日を式典で大々的に祝うはずだったが、ワシントンで同日行われる米韓首脳会談のため10日、米国に向け出発した。

「産経新聞」より

ムン君が無理を押してでも出かけなければならなかったのは、国内情勢が悲惨な感じになっていて、とにかく早く会談をお願いしたかったと言うことなのだと思う。

そして、依頼を出したにもかかわらず、やっぱり北朝鮮支援を求めて話をするつもりのようで。

文大統領出国.. 「韓米首脳、段階的補償仲裁案の議論」

入力2019.04.10 19:07

ムン・ジェイン大統領がトランプ米国大統領との首脳会談のために今日の午後に出国した。

大統領府は、韓米首脳が韓国政府の仲裁案について議論すると明らかにした、トランプ大統領の肯定的な反応を引き出し出すことか注目されます。

~~略~~

具体的には、金剛山観光、開城工業団地再開が議論される可能性も挙げられます。

大統領府は非核化の最終目的地に韓米間の意見が同じだと強調しながら、対北朝鮮制裁の枠組みも維持されなければならないという立場を明らかにしました。

韓国メディア「Daum」より

大丈夫なの?

トランプとの会談前に・・・『米安保政策3人衆』に会う

2019.04.10 03:08 朝鮮日報朝鮮語版

ムン・ジェイン大統領は11日(現地時刻)ワシントンでアメリカのトランプ大統領との首脳会談前に、マイク・ペンス副大統領、マイク ・ポムペイオ国務長官、ジョン・ボルトン ホワイトハウス国家安保補佐官など側近に会う。

「朝鮮日報」より

文・トランプの会談に夫人同席・・・事実上単独会談無い

2019.04.10 16:56 朝鮮日報朝鮮語版

 ムン・ジェイン大統領が11日(韓国時刻)~1泊2日でワシントンで韓米首脳会談を行う。ムン大統領は12日(韓国時刻)、トランプ大統領と2時間単独会談、閣僚・側近が同席する拡大会談を兼ねた業務昼食を持つ予定である。

~~略~~

 大統領府は9日、「今回両首脳には、キム・ジョンスク、メラニア婦人が同席する夫婦の親交を兼ねた会談を行う」と発表した。『単独会談』でなく、事実上夫婦の『歓談』と解釈される。その為、外交専門家の間では、「ムン大統領とトランプ大統領が1対1で対話する単独会談は事実上無くなった」と言われている。両国の夫人が同席する首脳会談の席で、北朝鮮の非核化や解決策について深く協議する事は難しいと言う見方が多い。

「朝鮮日報」より

少なくともトランプ氏はまともに話をする気がないように思えるんだけど、それでもムン君は行かざるを得なかったと。

その前提として、金正恩氏が10日の総会で釘を刺したと、そういう構図なんだな。

さてはて、本日会談でムン君は一体どんなニュースをもたらしてくれるのか。

そうそう、韓国メディアが微笑ましいネタを提唱していたな。

何が起こったのかは知らないが、なかなか皮肉な話である。

何しろ韓国メディアが自国の大統領を示すのに北朝鮮の旗を使ったというのだから、どう考えても狙ってやっている。

追記

非常に微笑ましい社説を朝鮮日報が出していたので、紹介しておこう。

【社説】「夫婦同伴の韓米首脳会談」だなんて

記事入力 : 2019/04/11 09:27

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今夜、米ワシントンD.C.でトランプ米大統領と7回目の首脳会談を行うが、事前に発表された会談形式を見ると、理解しがたい部分が目につく。韓国大統領府は「首脳会談は2時間あまりにわたり、1対1会談→小規模な高官同席会談→昼食を兼ねた拡大会談の順に行われる」と言った。この発表だけ聞くと、誰もが「1対1会談」が核心だと思うことだろう。ところが、この1対1会談には両大統領の夫人が同席するという。

~~略~~

文大統領は、力を入れていた今月11日の大韓民国臨時政府樹立100周年記念行事を欠席してまで「米朝の仲裁をする」としてトランプ大統領との会談を急きょ推進した。そうした推進の結果が「夫婦同伴1対1会談」だという。

「朝鮮日報」より

記者のため息が聞こえて来そうな社説だな。

コメント

  1. マスメディア反乱軍 より:

    アメリカもやること露骨ですねェ~、日本も少しは見習った方がいいですね。

    11日を指定したのはアメリカの方らしく、つまり大事な国内行事があるから来なくていいよって意思表明だったとも思われます。
    工業団地と観光地の話はするなら来るなとキツイ釘も刺されているし...。(失笑)

    また、小規模会談の席にはハリス中韓大使も同席するらしいですから、せっかく無理筋通して変えた建国記念日の式典には最大の同盟国の大使も出席しないという事で、悪いけど思いっきり「ざまァ~みろ!!」て気分です。(笑)

    さらに、最初の予定(南朝鮮側の淡い願い)では、午前中にボルトン氏・ポンペオ氏・ペンス副大統領と個別に会談するとかだったのに、たった2時間のスケジュールでトランプ大統領とこの4人を相手にして、果たして文クンがどんな発言ができるのか中身に興味がありますね。

    いつもの通りご国内の都合メディアは失敗(屈辱)であっても、お茶を濁すような楽観論しか垂れ流さないでしょうけど、本当の内容はこれまたいつもの様に海外メディアが先んじてリーク記事を流し、お馬鹿過ぎる楽観論を嘲笑うかのように冷や水ぶっ掛けると予想しています。

    P.S.
    記事には関係ないのですが日本大使館新築が頓挫中とかが話題になっていますね。
    なんでも建築許可(理不尽な嫌がらせの結果降りた)の期限切れによる取り消しとかで、日本は当局の再三の督促を完全無視してきた様です。

    今はオフィスビルに移して業務を続けているようですが、旧大使館がとっくに取り壊されて更地になってるなんて知りませんでした。
    ということは...、あの気色悪い職業売春婦像は放置された「ただの土地」の前に座っている、路上を塞ぐ迷惑な粗大ゴミでしかないって事かァ~。

    ビルの賃貸料が年間3.5億とかは今後批判が出そうですが、一番金のかかるのが人権費なんで縮小していくつもりなら嬉しいもんです。

    • 木霊 より:

      露骨ですねぇ。
      残念ながら、米韓首脳会談の成果に対して言及されているニュースでは当たり障りの無い話しか出ていないようで。
      ただ、金剛山の話などは韓国側から出せなかったようです、
      会談の内容についてはもう少し先になれば徐々に出てくるでしょうから、この辺りにしておきます。

      ところで、日本大使館新築の話ですが……、面白いことになりましたね。

      • マスメディア反乱軍 より:

        木霊さん、いつもレスありがとうございます。

        >ところで、日本大使館新築の話ですが……、面白いことになりましたね。

        菅官房長官の「省庁が検討・調査している事案なので、政府は口を挟まない。」という、冷たい意図と突き放したを含んだコメントが印象的ですね。(関係を続けたいならマトモな代案持って来い!!)

        さて、平成21年とかなり古い資料ですが、在韓日本大使館の人員は定員53人+専門調査員4人+派遣員4人の合計61人、これに現地職員80人の141人体制でした。
        予算面は前渡資金(人件費込みかは不明)が約10.5億ですね。

        アジア諸国のデーターもありましたが、公務員(外務省職員)は概ね40~60人位なんで多いとも少ないとも言えないし、大使館を普通に機能させるにはこれくらい必要という事かな?

        でもですね、敵国と見做していい国なんだから(あちらはすでに敵国として行動)、現地職員も含めて大幅に減らす方向に進んだらなと期待します。

        ビザ発給窓口係と政府高官訪問時の宿泊等のセット係くらいを残して、メインの外交や貿易や企業投資を手助けする部課は全て撤退、これなら1/3人くらいで済むしオフィス縮小も可能じゃないかな。
        忘れてならないのは本質的には人件費・オフィス賃貸料を含めた経費過多の問題ではなく、国家関係の問題なんですから、具体的な日本の意思表示の一つとしてみてはどうでしょうか?

        P.S.
        制裁措置の一つにビザなしを撤回するとかありますが、もしそうなると短期の観光ビザ発給業務が大幅に増えちゃいます。(これは僕が一番望む制裁措置のひとつ)

        ネット時代ですから申請書類(内容は厳しくし不備は冷たく差し戻し)フォーマットで申し込まさせ、戸籍抄本等の必要書類も南朝鮮政府から電子データーで送らせるとかで対応すればいいし、意図的に煩雑化して(=南朝鮮人には不便)、申請からビザ発給までの期間も大幅に長くしても構わないし、代わりに職員を増やす様な愚だけはやって欲しくないですね。

        結果、反日感情が更にエスカレートし、今以上に火病で狂いまくるのは承知の上で望むところです。(微笑)